BS朝日

番組表


NOW ON AIR

    お知らせ

    10月19日(金)の放送は野球中継が延長の場合、放送時間が変更になる可能性があります。放送の変更については、最新の番組表をご覧ください。
    詳細はこちら

    次回放送予定

    アーチェリー・大井一輝

    出演アスリート   アーチェリー・大井一輝
    ジュニアアスリート  宮本和秀くん(中学2年生)

    125回目の出演アスリートは、アーチェリーの大井一輝(おおい かずき)選手、23歳。大学生の時、全日本室内選手権で優勝、今年7月の実業団大会では2位になりました。ジュニアアスリートは中学2年生の宮本和秀(みやもと わしゅう)くん。2018年、小・中学生関東地区大会の大会で優勝、全日本大会では7位になりました。押し手の位置が定まらず安定した矢を放てない和秀くんに大井選手がアドバイスします。
    そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
    125回目の今回は、“作り置きおかずを組み合わせて食べよう!”というお話です。
    メニューはごはん、かじきの照り焼き、豚肉の生姜焼き、ほうれん草とコーンのソテー、切り干し大根煮つけ、わかめと小松菜の味噌汁、キウイ、牛乳。作り置きおかずが何品かあればお母さんがいないときでも自分で選んで食べることができます。余裕のある休日に主菜、副菜など何品かまとめて作り置きし、数種類組み合わせて食べて、自分で食事を管理する力をつけていきましょう。
    将来の夢は「大きな大会に出て1位を取ること」と話す和秀くんに大井選手がエールを送ります。

    番組概要

    アスリートが未来の世代につなぐバトンは
    夢と希望に満ち溢れている
    未来、無限大

    アスリートが“未来の世代”につなぐ“特別なバトン”

    トップアスリートが、“未来”を担うジュニアアスリートに、競技に役立つ「技術」をアドバイス。そして、その体作りの根幹となる「食」についてスポーツ栄養学の専門家が最適な「食」を提案。スポーツを通じて実現するジュニアアスリートにとって夢のような 出逢いと、特別な時間。
    大きな夢に向かって頑張るジュニアアスリートの未来を応援します。

    出演

    ナレーション 寺川綾

    食の監修 早稲田大学スポーツ科学学術院教授
    田口素子(公認スポーツ栄養士)