BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

ワイルド・ウェザー 体感!
地球の気象 雨

ドナル・マッキンタイヤーが世界の様々な気象を体感するシリーズ。今夜のテーマは「雨」。雨、つまり水の行方を追って、ドナルが世界各地に足を運ぶ。
鍵は「海のベルトコンベア」と呼ばれる地球規模の海流。この海流が、地球上の水を循環させ、モンスーンやハリケーンをはじめ、様々な気象を世界各地にもたらす。洪水や泥流、土砂崩れ、竜巻、鉄砲水、高潮など、水は恐ろしい災害を生む。
水は人間にとって脅威でしかないのか―――。ノルウェーのベルゲンの雨、インドのモンスーン、テキサスの人工雨。世界各地で様々な雨に打たれ、ドナルは何を思うのだろうか…?

今回もドナル・マッキンタイヤーが、雨、つまり水の行方を追って、世界各地に足を運ぶ。 地球上には常に一定量の水が存在している。空から降り注ぐ雨は、やがて川へと流れ込み、川は海へと注ぎ、海流は地球を巡る。途中、蒸発した水分は大気中の水蒸気となり、それがやがて雲となり、雨を降らす。この壮大なサイクルが、地球誕生以来延々と繰り返され、現在に至っているのである。
ドナルはまず、3日に2日は雨というノルウェーのベルゲンを訪れる。ベルゲンの雨は北海へと注ぎ、海のベルトコンベアと呼ばれる地球規模の大きな海流に合流する。海のベルトコンベアに運ばれた水は、モンスーンの雨となってインドの大地と人々を潤す。その雨は川へ流れこみ、海へ帰る。そして大西洋へと戻り、アメリカのテキサス上空に浮かぶ雲となる。大して雨を生まないこの雲から、人工的に雨を生むテクノロジーに迫る。
一方テキサスの南、カリブ海沿岸の国ホンジュラスは、1998年、超巨大ハリケーン「ミッチ」によって未曾有の被害を受けた。ハリケーンの落とす大量の雨はメキシコ湾へと注ぎ、それはやがてメキシコ湾流となる。メキシコ湾流の影響で、ヨーロッパは温暖な気候に恵まれているのである。とはいえ、気象災害と無縁ではない。油断大敵。スピードを得た莫大な量の水は、人間のかなう相手ではない。それを身をもって証明するため、ドナルはダムの放水口から放たれる「人工鉄砲水」に身一つ(と命綱とヘルメット)で立ち向かう。
また、海も恐ろしい力を秘めている。1953年イギリスのノーフォーク州ハンスタントンは、高波によって大きな被害を受けた。当時救助活動に当たった関係者が、当時を振り返る。
水のもたらす気象災害は極めて深刻だ。しかし、水があるから、人間は生きていけるのだという、基本的なことに、私たちは気づくべきなのである。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ