BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

ロス・ケンプのアラスカ体験記

BBCの連続テレビドラマ「イーストエンダーズ」に出演していた人気俳優ロス・ケンプが、アラスカで10日間のサバイバルに挑戦する。アラスカの厳しい自然の中、ロス・ケンプは、寒さや空腹、疲労、そしてグリズリーに襲われるかもしれないという恐怖と闘う。彼は無事、10日間をひとりで生き延びられるのだろうか?また、サバイバル生活によって、彼はどんな影響を受け、どのように変わっていったのだろうか?美しくも厳しい大自然の映像とともに送る。

俳優のロス・ケンプは、サバイバル体験に先だって3日間の特訓を受ける。そこでテントの作り方、食料の調達方法、クマへの対処の仕方、銃の扱い方などを教え込まれたロスは、いよいよひとりでアラスカのホワイト山脈の中で、10日間のサバイバルに挑戦する。
サバイバル体験が始まるとすぐに、訓練中とは違う厳しい野性の現実がロスを襲う。キャンプ地のすぐ近くで巨大なグリズリーの足跡を発見したり、食いちぎられたオオカミの脚を目の当たりにする。また、蚊が大発生して一晩中刺され続けたり、川が増水してキャンプ地が水浸しになってしまったり…。とうとうテントが流されそうになったとき、ロスはようやく助けを呼ぶ。
ロスにとってこの10日間は、寒さと空腹、恐怖、そして疲労との闘いだった。ロスは、早く家に帰りたいと本音を吐露しつつも、この体験から得たものは大きかったと語る。このサバイバル体験は、俳優ロス・ケンプの人生観に大きな影響を与えたようである。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ