BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

スパイカメラが見た!
野生のトラ一家に密着 1 誕生

野生のトラの自然な姿を撮影したい。そのために撮影班が取った手段は意外な方法だった! 森の奥深くに住むトラを撮るのは、非常に難しいことだ。だが、トラはゾウの存在には慣れている。そこで撮影班は、木の幹などの形にカムフラージュしたカメラを作製。ゾウにカメラマンをやらせたのだ! 初めは誰もが成功を疑ったこの撮影方法で、トラの自然な姿をカメラが至近距離から収めていく。
中央インドに位置するペンチ・トラ保護区。ここにスパイカメラを携えたゾウが潜入! 偶然にも生後10日の子供4頭を連れた母親トラを見つける。撮影班は、
  ・リモコン式の"トランクカム"
  (ゾウが鼻(トランク)に持って運ぶ。設置することもできる。)
  ・リモコン式の"タスクカム"
  (トランクカムより小型で牙(タスク)に装着する)
  ・動きに反応する"ログカム"、"ロックカム"
  (木の幹や岩のような外観。近くで動物の動きがあると作動。数日放っておいても機能する。)
を駆使し、今まで明かされなかったトラの自然な姿や子供の成長を追う。
子供のトラにとって、ジャングルは多くの危険が潜んでいる場所だ。4頭すべてが成体になるまで生き延びるのは非常にまれなことだ。途中、雨季で撮影を中断する。生後10ヵ月の頃、再び撮影に戻ると4頭の元気な姿があった…。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継