BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

ヨーロッパ~時空を越える驚異の大陸~
1 ヨーロッパ大陸の誕生

地球の北半球に位置するヨーロッパ大陸。この巨大な大陸は、5億年前、南極の近くに離ればなれの状態で存在していた。では、ヨーロッパ大陸は、どのようにして現在の姿になったのだろうか? 5億年前の地殻変動、3億年前にヨーロッパを覆い尽くした熱帯雨林、そして2億年前に大陸を支配した恐竜。ヨーロッパ大陸が誕生(完成)するまでの5億年にわたる壮大な物語が、ダイナミックなCG映像によって鮮やかに甦る。

現在、ヨーロッパ大陸には多くの都市が存在し、7億人もの人々が住んでいる。この大陸が今の姿となるまでには、何億年もの長い年月をかけた壮大な物語があった。
今からおよそ5億年前、ヨーロッパは一つの大陸ではなく、離ればなれの状態で南極の近くに位置していた。離ればなれの陸地は、地下を流れるマントルに引きずられて少しずつ移動し、やがて衝突した。そうやって何百万年もかけて移動と衝突を繰り返した結果、陸地がつながり、一つの巨大な大陸が誕生したのである。そして、この時の衝突で、カレドニア山脈やウラル山脈が生まれた。 ヨーロッパ大陸はその後も移動を続け、3億年前には赤道付近に達する。赤道付近の暖かく湿った気候のもと、世界最初の森が生まれ、その森は、やがて大陸全体を覆い尽くした。
しかし、その巨大な熱帯雨林は、2億5千万年前にはヨーロッパから姿を消すこととなる。その頃、地球上に存在していた全ての大陸が一つになり、"パンゲア大陸"と呼ばれる、とてつもなく巨大な大陸が誕生した。そのパンゲア大陸の一部となったヨーロッパ大陸は、海から遠く離れ、雨も降らなくなり、熱帯雨林は全て枯れ果ててしまったのである。

何千万年もの間、砂漠と化していたヨーロッパ大陸に劇的な変化が訪れたのは、およそ2億年前。パンゲア大陸が分裂を始め、ヨーロッパに再び海が誕生した。命を吹き返したヨーロッパ大陸。やがて、恐竜による支配が始まる。そんな中、移動を続けていたヨーロッパ大陸は、現在の北アメリカに当たる部分を切り離し、その結果、大西洋が誕生した。
およそ6500万年前。ユカタン半島に隕石が衝突し、その影響で恐竜は絶滅する。その代わりに地上で繁栄したのが、ほ乳類である。
何億年もかけて少しずつ形を作ってきたヨーロッパ大陸。その完成が近づいていた。ヨーロッパ大陸を最終的に完成させたのは、アフリカ大陸による圧迫であった。アフリカ大陸による圧迫で、ピレネー山脈、カルパチア山脈、アルプス山脈が誕生したのである。
そして、550万年前に地中海が誕生し、ヨーロッパの南の境界線が形作られた。これが、ヨーロッパ大陸形成の最終段階となる。
番組では、ヨーロッパ大陸が完成するまでの5億年にわたる壮大な物語を、最新のCGを駆使した素晴らしい映像によって再現。息を飲むようなその映像からは、自然の持つ圧倒的な力を感じることができる。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継