BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

「地球最初の生命体とは?」
後編 さらなる進化へ

映画監督リチャード・アッテンボローを兄に持ち、自然番組のプロデューサーとして知られるデビッド・アッテンボローの放送界におけるキャリアは50年。世界各地を回り、動物たちの生態の驚異を余すところなく記録した彼の"集大成"と言える今シリーズで、生命の起源に迫っていく。
デビッドは、地球上を駆けめぐって古代生物たちの世界を再現。数10億年昔の地球環境を検証し、画期的なCGを駆使して原始の世界をリアルに表現。はたして、地球に最初に誕生した生命体とはどのような姿だったのか?
後編では、6億年前、現在とは異なり地球が海で覆われていた環境で、海中に誕生した生命体が陸上へ進出、その後の生物へと進化する過程を検証する。

前編「生命の誕生」で紹介した6億年前の地球。そこに登場した単純な細胞が、最初の複数細胞を持つ生物へ進化していった。その後、彼らはどのようにして姿を、そして生活の拠点を変えていったのか。
海中に暮していた原始生物たちは、回りに流れる水から栄養を摂取していた不動の生命体であった。その過程で発達した口と、海中を移動する身体能力。すべての進化はここから始まったのだ。海中から陸上へ、そして他の生物との生存競争。現在の生物たちの起源が見つかってゆく。
様々な角度から数10億年昔の地球を検証し、画期的なCGを駆使して原始の環境と生物をリアルに再現。地球に最初に誕生した生命体は、どのような進化をたどったのだろうか。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継