BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

神秘の大宇宙 Episode1 宇宙と時間

太陽系を解説した「神秘の太陽系」で、案内役を務めた物理学者ブライアン・コックス教授によるシリーズの第2弾。今回は、宇宙に関する数々の謎に迫る。
第1回のテーマは、“宇宙と時間”。時間とはどういう性質を持っているのか、また、宇宙や人間にどのような影響を及ぼすのかを探る。「時間の流れは決して逆行することはなく、未来にしか進めない。常に未来は変化し、過去とは違ったものになる。時間が進んでいくことで、いずれ全てのものに死が訪れ、消滅する。そして、宇宙全体が終わりを迎えたとき、時間も消滅する」と、ブライアンは語る。

第1回は、宇宙を語るうえで欠かせない重要な要素“時間”について解説する。
ブライアンが最初に訪れたのは、ペルー北西部にあるチャンキロ遺跡。ここにある「13の塔」は、2000年以上も前に作られた太陽観測所で、この「13の塔」は今でも太陽暦として使える。これが作られた当時と今も同じ位置から太陽が昇るからである。ブライアンは、「何千年も変わることなく正確に昇っては沈む太陽によって、私たちは“1日24時間”という時の流れを把握し、その時間単位をもとに生活しているのだ」と話す。続いてブライアンは、コスタリカ北部の海岸へ向かった。1億年もの間、ウミガメが産卵に訪れている場所だ。ブライアンはウミガメを眺めながら、人類の歴史をはるかに超えた長い時間の流れを感じる。
雄大な時間の流れを実感したブライアンは、次に“時間は逆戻りしない”ということを確認するため、アルゼンチン南部パタゴニアにある氷河を訪れる。時間の経過と共に氷河は少しずつ崩れ、湖に落ちていく。その氷の崩落が、逆の順番で起きることはあり得ない。湖の波が、崩れ落ちた氷のかたまりを氷河に押し戻すことは、決してないのだ。時間の流れは未来にしか進めない。さらに、ブライアンは「時間の経過と共に、宇宙のあらゆるものは変化し、一度変化したらもう元には戻らない。未来は常に変化し、過去とは違ったものになる。変化に変化を重ねて、時間は宇宙全体を進化させているのだ」と語る。
最後に、ブライアンはナミビアの海岸を訪れた。そこで、座礁して朽ち果てた難破船を見ながら、全ての命は滅びる運命にあることを説明する。
“時間”は、生命が生まれる環境づくりには欠かせない。時間の流れが、生命が存続できる宇宙を作り出したのだ。だが同時に、時間が進むことで宇宙は衰えていき、やがて全ての星が死を迎え消滅する。そして、宇宙全体が終わりを迎えたとき、時間も消滅するのだ。ブライアンは、「雄大な宇宙から見れば、人類の歴史はほんの一瞬の出来事でしかないが、その一瞬で目覚ましい進歩を遂げた人類の存在には意義がある」と締めくくる。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ