BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

パンダの大冒険 動物園の挑戦!

来園者の減少に悩むスコットランドのエジンバラ動物園に、ジャイアントパンダ2頭がやって来る。オスのヤングアンと、メスのティエンティエンだ。エジンバラ動物園がパンダを飼育するのは初めてのこと。パンダ舎はどうするのか、エサの竹はどうやって調達するのか、スタッフは準備に奔走する。動物園の獣医と飼育係主任は中国・四川省にあるパンダ保護研究センターへ飛び、現地で実際にヤングアンとティエンティエンの世話を手伝いながら、パンダの特性や飼育方法を学ぶ。
中国の静かな山奥から中世の街並みが残るスコットランドへ、2頭のパンダが初めて体験する長旅。はたして地球半周に及ぶ旅を終え、無事に動物園へ到着できるのか。英国17年ぶりのパンダに沸く熱狂を影で支える動物園の期待と奮闘ぶりを追いかける。

スコットランドのエジンバラ動物園では、来園者の減少に頭を悩ませている。その打開策として2頭のジャイアントパンダ、オスのヤングアンとメスのティエンティエンを受け入れることにした。レンタル料は高額だが、絶滅危惧種になってしまったパンダの繁殖に貢献できるかもしれないという理由と、パンダ人気にあやかり、来園者が飛躍的に増えることを期待しての決定だ。そうなったら動物園は大忙し。旧ゴリラ舎をパンダ舎にリフォームし、エサの竹の仕入れも一苦労。エジンバラ動物園のスタッフは、この一大プロジェクトを成功させるため準備に走り回るのだった。
獣医のサイモンと飼育係主任のアリソンは、中国・雅安(があん)にあるパンダ保護研究センター碧峰峡(へきほうきょう)基地へ向かう。現地で実際にヤングアンとティエンティエンの世話を手伝いながら、パンダの飼育のノウハウを学ぶのが目的だ。滞在中に誕生したパンダの赤ちゃんも見ることができ、ヤングアンとティエンティエンの2世誕生への期待も膨らむ。また、アリソンは四川大地震の爪痕残る臥龍(がりゅう)中国パンダ保護研究センターへの訪問を特別に許され、パンダの子供を野生に返すための実験的な試みを見学することになる。さらに、パンダにとっても大変な大移動が待っている。中国の山奥からスコットランドへ、地球半周に及ぶ初めての旅。中国で多くの人に見送られ、パンダはいよいよ出発することになる。
英国にとっては17年ぶりのパンダ。近年深まりつつある英国と中国の関係においても、友好の懸け橋として重要な役割を果たすパンダ。動物園スタッフの努力は、まだまだ終わりそうにない。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ