BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

宇宙をめぐる地球 ―その秘密に迫る― 1 地球の自転

宇宙をめぐる地球を1年にわたって追いかけ、その壮大な旅が私たちにもたらす驚くべき影響を探るシリーズの第1回。初回は、地球の「自転」に焦点を当て、7月から12月の冬至までを追う。
昼と夜が交互に訪れるのは地球が1日に1回転しているためだが、その時に生じる大気や海の流れは、さまざまな自然現象を引き起こしている。その影響が最も大きく現れるのが、回転速度が最も速い赤道付近。番組ホストのケイト・ハンブルは、赤道直下で車を走らせ、"世界最速のドライバー"気分を体験。物理学者のヘレン・チェルスキーは、アマゾンの熱帯雨林の上空3000mからスカイダイビングをし、自転による大気の流れを体感する。さらに、ノルウェーの白夜や、メキシコのハリケーン、カナダのファンディ湾の満ち引きなども紹介。
約5カ月間の旅を通じて、地球の自転が大気や海の流れを生み出し、気候の変動にいかに重要な役割を果たしているかを探る。

太陽の周りを回る地球の秘密を探る旅。その第1歩は、7月のノルウェーで幕を開ける。夏の初め、ノルウェーでは5月に昇ってから太陽が一度も沈まない。これは「白夜」と呼ばれる現象だ。北極圏に再び夜が訪れるのは、7月の終わりになってからのことだという。
日が沈み、また昇るのは、地球が1年かけて太陽の周りを1周すると同時に、自転軸を中心にして1日に1回転しているため。地球の自転は、さまざまな自然現象を引き起こす要因になっている。地球の回転によって、天候をつかさどる大気の流れが生まれるからだ。
その影響が最も大きく現れるのが赤道付近。円周が最大となる赤道は、地球上で最も速く動く場所だ。移動速度は時速1600kmにおよび、赤道直下にある道を真東に向かって車で走れば、誰でも"世界最速のドライバー"になることができる。また、年間を通じて太陽の熱を一番多く受け取っているのも赤道地帯。ここから始まる地球規模の風の流れは、世界中の気候に影響を与えている。例えば9月になって、暖かい空気と冷たい空気がぶつかり、さらに地球の自転によって渦を巻く風が生じると、荒々しいハリケーンが発達する。
地球の自転は、大気と同様、海の流れにも関係している。生命を育むために不可欠な海流の循環も、この自転の影響によるもの。潮の満ち引きには、月の引力と地球の自転が関わっている。特に、9月の秋分の時期は、月と太陽の引力が重なり合うことで干満の差が最大になる。しかし、かつて潮の満ち引きはもっと激しかったという。今から4億年前、1年は410日あり、1日は21時間だった。つまり、当時の地球の自転速度は現在よりも速かったと推測される。
11月が終わりに近づくと、北極圏に1日中太陽が昇らない「極夜」が訪れ、辺りは闇に包まれる。12月の冬至を迎えると、北半球が受ける太陽の光は1年で1番少なくなる。
7月の終わりから12月の冬至まで、さまざまな土地を旅しながら、地球の自転が気候に与える影響を探っていく。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ