BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

宇宙の秘密 2 星の消滅

星の一生は夜空に浮かぶ壮大なドラマ。星の誕生から消滅までの一生を7つに章立て、天文学の発展の歴史とともに見ていくシリーズ全2回。
星が最期に輝くとき、新たな物語が幕を開ける。第2回では、宇宙最大の謎・ブラックホールと生命誕生の秘密に迫りつつ、私たちと宇宙をつなぐ夜空の錬金術師・星に秘められた死と再生の物語をお届けする。
星は一生の間でさまざまな原子を生み出している。それらは、私たちを形作る大本の物質だ。星の死は同時に誕生の物語―。始まりは終わり、終わりは始まり。壮大な宇宙の神秘とは。

星は永遠のものではない。そして、死の形にはさまざまなパターンがある。1つは白色矮星(わいせい)になるパターン。恒星は内部で、外向きの圧力と内向きの重力とで激しい戦いを続けている。しかし、核融合の燃料の水素が尽きると重力に負け、星は崩壊する。その後、赤色巨星となり外側の層が飛ばされ、白色矮星が残る。中には燃料が残っていないため、あとは死を待つのみだ。
さらに重い星は、超新星爆発という大きな爆発を起こしてその最期を迎える。超新星爆発の残骸の色を見ると、そこにはさまざまな元素が存在していることがわかる。水素やヘリウムだけでなくナトリウムや鉄など、重い元素が爆発で放出される莫大(ばくだい)なエネルギーにより生成される。ここで作られた元素は宇宙へとばらまかれ、新たな星や惑星、また生命を生み出すための原材料となる。
超新星爆発が起きた星の中でも、さらに生き続けるものがある。それは中性子星と呼ばれるものだ。かつてフリッツ・ツビッキーにより存在を予言されていたが、当時は急進的な意見として受け入れられなかった。その後、電波天文学という分野が生まれると、宇宙から規則的に送られる電波を受信し、中性子星の存在が明らかになった。ツビッキーの説は正しかったのだ。超新星爆発が起き、星は収縮して密度が高くなる。すると中の電子と陽子が結びつき中性子へと姿を変えるため、中性子だけが残る。これが中性子星という名前のゆえんである。
いまだに謎が多いのはブラックホールである。これも星の死後の姿であるが、もとは超新星爆発後に中性子星、パルサーにさえならなかったさらに重い星だ。周囲の重力が非常に高く、中に入ると光でさえも出てくることはできない。ブラックホールと同じようにすべてを無にしてしまうのはビッグ・バンで、これこそが宇宙の始まりである。
こうして星の一生を見ていくと、宇宙や元素のことだけでなく、この地球や私たちの存在についても学ぶことができるのだ。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ