BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

大自然の神秘 氷山の謎に迫る! 後編 氷山の消滅

巨大な氷山は、どのようにして生まれ、消滅していくのか? さまざまな分野の科学者や水中カメラマンなど総勢20人あまりの調査チームが、その謎に挑む前編・後編。
 後編は、氷山がどのように消滅していくのかを解明する。チームは、2年前にグリーンランドで誕生し、カナダ沖に流れ着いた面積40平方kmの巨大氷山で調査を行う。氷山には10頭以上のホッキョクグマが生息し、水面下には豊かな生態系があることが明らかになる。この巨大な氷の塊が崩壊する仕組みについて、科学者たちは「海水の温度が解かす」、「波の動きが崩壊させる」という2つの仮説を立て、それを検証していく。チームは、常に崩壊の危険がある氷山の上で、ホッキョクグマに迫られながら命懸けで調査を行う。

氷河から生まれた氷山はどのようにして消滅するのだろうか? その謎を解明するため、調査チームは、グリーンランドから流れ出し、カナダ沖に浮かんでいる巨大な氷山を観測する。
ペテアマン氷山は、グリーンランドで誕生し、2年をかけて何千kmも旅をしてきた。科学者たちはこれを調べて、氷山がなぜ崩れるのかを明らかにする。「海水が氷山を解かす」と「波の力で氷が小さく割れる」という2つの仮説を検証するため、氷山の大きさを測定する。また波が氷山に与える影響を調べるため、波の高さと周期を調べる計器も海に投げ込む。計測の結果、氷山の外周は27km、体積は200億立方m。調査チームはこの氷山にホッキョクグマが生息していることを知り驚く。
水面下には岩棚のような氷が張りだしているため、氷山に調査船を接岸するのは至難の業だ。チームは2日がかりで、ようやく氷山に上陸。船をつなぎ止めることができた。近づいているホッキョクグマに注意しながら、観測機器を設置する。
翌日、科学者たちがデータ回収に行くと、近くで氷が割れ始めた。チームは大急ぎで船を氷山から切り離し避難する。回収したデータを分析すると、氷山が割れたのは波の影響ではないことを確認できた。
では、海水が氷山を解かしているのだろうか? それを確かめるために、チームは氷山に戻って、氷の中の温度を測る。その結果、氷の温度はマイナス13度。この氷山が誕生した2年前から2度しか上がっていなかった。さらに水中の温度を調べると、水深10m以下の海水は極めて冷たいが、それよりも浅いところは比較的温かい。この温かい海水が水面下の氷山を解かしていたのだ。海面に近い部分の氷が溶けることによって、氷山のバランスが失われ、崩落することが明らかになった。
最終日、チームは追跡調査ができるように観測機器を残した。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ