BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

野生のアムールトラを探せ! シベリアの森に生きる 前編

極寒の地、ロシアのシベリアに生息するアムールトラを追うシリーズの前編。アムールトラは、トラの仲間のなかでも最大の大きさを誇るが、密猟により激減している。現在の個体数は300頭ほどに落ち込み、研究者でさえ野生の姿を見られるのはまれだという。
そんなアムールトラの生態を調べ、絶滅の危機から救うため、ロシア、アメリカ、イギリスからなる国際調査チームが結成された。
チームは、雪に覆われた森のあちこちに、何十台ものカメラを設置。子どもを産むことができる若いメスの捜索に乗り出す。手がかりとなるのは、雪に残された足跡と、過去に取り付けた首輪の発信器の情報だ。
ところがその途中、密猟により母親を失った3頭の子どもがいることが発覚。そのうちの1頭はすぐに無事保護されたが、ほかの2頭は行方不明になっていた。母親なしでは、まだ幼い子どもたちの命が危ない。果たして調査チームは、アムールトラの子どもたちを探し出し、その小さな命を救うことができるのか?

シベリアの雪深い森に覆われたウスリースク自然保護区。車のエンジンも凍る寒さのなか、調査チームによるアムールトラの捜索が始まった。手がかりとなるのは、雪に残された足跡と、過去に取り付けた首輪の発信器の情報のみ。研究者でさえ野生の姿をほとんど見たことがないため、森のあちこちに何十台ものカメラを設置する。
数日後、カメラの映像を確認すると、2頭のオスが映っていた。しかし、メスの姿がいっこうに見つからない。もし1頭もメスがいないとなれば、やがて保護区のアムールトラは絶滅してしまうだろう。
そこへ、さらに気がかりな知らせが入る。密猟により母親を失った3頭の子どもがいることがわかったのだ。そのうちの1頭は保護されたが、ほかの2頭は行方不明になっていた。母親なしでは、まだ幼い子どもたちの命が危ない。一刻も早い救出が望まれる状況だ。しかし、唯一の手がかりである足跡は途中で消え去っていた。
5日後、森の北にあるロシア軍の基地内で、子どものトラが目撃されたとの情報が寄せられ、2頭目の子どもを保護することに成功。かなりやせ細っていたが、応急処置のかいあって、子どもは無事元気を取り戻した。
一方で、メスの捜索も続けられていた。そしてようやく、それらしき足跡を発見。すぐ近くにしかけられたカメラには、見事にメスの姿がとらえられていた。しかし詳しく調べてみると、そのメスは子どもを産めない年齢であることが判明する。
調査は難航の兆しを見せ始めた。さらに悪いことに猛吹雪が襲い、歩くだけで腰まで埋まるほどの雪が積もる。手がかりの足跡は完全に消え、地元住民の目撃情報に望みをかける調査チーム。そして数日間に及ぶ捜索の末、奇跡的に3頭目の子どもが雪に埋もれているのを発見する。だが衰弱がかなり激しい。果たしてチームはその小さな命を救うことができるのか?

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継