BBC地球伝説

  • トップページ
  • 歴史
  • 自然
  • 紀行
  • 文化

ストーリー

ウォーキング WITH ダイナソー 
驚異の恐竜王国 デジタル・リマスター版 2 空と海の支配者

中生代の三畳紀に誕生し、1億6000万年にわたって地上を支配した恐竜。彼らは、どのようにして太古の地球で生きていたのだろうか。他の爬虫(はちゅう)類が絶滅していくなか、恐竜たちが繁栄していく様子を、科学的検証をもとにCGで再現。その知られざる生態をリアルに描くBBC「ウォーキング WITH ダイナソー」をデジタル・リマスター版で放送する。
シリーズ第二夜では、ジュラ紀後期の海を支配していた大型の海生爬虫(はちゅう)類リオプレウロドンや、白亜紀の空を飛び回る翼竜の王者オルニトケイルスなどを紹介。海と空の支配者の生態を解き明かす。

ジュラ紀後期から白亜紀前期、地球は陸上だけでなく、海も空も恐竜に支配されていた。海で繁栄する海生爬虫(はちゅう)類と、空に君臨する翼竜の実態に迫る。 ジュラ紀後期、1億4900万年前の海には、陸上とは別の支配者がいた。海生爬虫類と呼ばれる海の爬虫類、「魚竜(ぎょりゅう)」や「首長竜(くびながりゅう)」だ。魚竜に属す、オフタルモサウルスは、出産のときを迎えていた。しかし、子供を産もうとしているオフタルモサウルスを、じっと狙っているハンターがいた。地球に存在した最大最強の肉食動物、首長竜のリオプレウロドンだ。体長25メートルのリオプレウロドンは、どのようにして、海の中で狩りをしたのだろうか? そして、オフタルモサウルスの子どもたちの運命は? 白亜紀の初め。大陸は大きく南北に分かれ、新たな海岸線が生まれていた。かつて陸地だった場所は、翼竜の生息地となっていた。空を飛ぶ爬虫類の翼竜は、これよりおよそ一億年前に誕生し、白亜紀の初めには多くが巨大化していた。中でも群を抜いて大きかったのが、翼の端から端までが12メートルもある空の王者、オルニトケイルスだ。繁殖の季節が訪れ、40歳を超えたオルニトケイルスも、つがいの相手を見つけるために旅立つ。まずはブラジルから北アメリカを目指し、さらに大西洋を渡って、繁殖地のあるヨーロッパへと向かう長い旅。年老いたオルニトケイルスにとっては過酷な道のりだ。果たして、彼は無事繁殖地へとたどり着き、つがいを見つけることができるのだろうか?

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ