BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    番組概要

    BS4K放送開始記念・民放4社共同企画
    大いなる鉄路16,000km走破
    東京→パリ行き

    2018年12月1日(土)・2日(日) BS民放4局2夜連続8時間放送決定!
    BS民放4局(BS朝日 / BS-TBS / BSテレ東 / BSフジ)は、BS4K放送開始記念・民放4社共同企画として、『大いなる鉄路 16,000km走破 東京発→パリ行き』を2018年12月1日(土)と2日(日)の2夜連続、BS民放4局で特別放送します。この番組は、日本から船でウラジオストクに向かいシベリア鉄道に乗り、伝統文化が香りたつ中欧の街を訪ね、スイス山岳鉄道でアルプスを越え、地中海に出てからフランスに入りブルゴーニュ地方のワインの里で美味なる食文化にも触れ、鉄路だけをたどって終着駅パリを目指します。4K映像による絶景の数々と列車での一期一会。民放4社が12月1日、2日の2夜に渡りリレー形式で放送します。旅の語りは、爽やかで親しみのある人気俳優の三浦春馬と、庶民派俳優、歌手として人気の倍賞千恵子を起用。二人の語り手により、この壮大な列車旅を若年層からシニアまであらゆる世代に楽しんでいただけると確信します。シベリア鉄道を走破して中世の香り高き都へ。4K放送によるパリまでの片道キップ列車の旅をご一緒に!

     

    旅の語り:三浦 春馬 倍賞千恵子

    4Kの列車旅は日常の風景を絶景に変えてくれる!

    かつて、東京発-パリ行きの鉄道切符がありました。明治36年(1903)、シベリア鉄道がアジアとヨーロッパを結んでいました。明治43年(1910)には、日本から各国の都市への鉄道切符が発売。その3年後、パリなどの西欧の主要都市まで一枚の切符で行けるようになりました。※
    特に、1930年代はシベリア鉄道旅行の黄金期と言われ、日本から中国またはロシアに船で渡り、シベリア鉄道に揺られながらモスクワ経由でヨーロッパに向かいました。昭和4年(1929)当時のベルリンまでの運賃は440円。現在の価格で約100万円。それは新しい世界を拓くための第一歩でした。
    番組では、新しき未来を拓くBS4K放送の開始にあたり、デジタル高画質映像で地球を切り取り、そこに暮らす人々のぬくもりを伝えます。
    旅のスタートは、東京。目的地フランス・パリまでを4つの区間に分け、列車の旅をお届けします。
    ※第一次世界大戦やロシア革命後の内戦で一時不通。 昭和2年(1927)に再開、第二次世界大戦開始まで続く。

    放送内容

    2018年12月1日(土)よる9:00~10:54 放送
    BS朝日で放送する第2話はヨーロッパ、中世の香り高き都市、
    キエフ・ワルシャワ・クラクフ・プラハ・ブダペストへ。

    北風が吹きすさぶモスクワ駅からウクライナの首都キエフまでは12時間の寝台列車に揺られる。クリミア紛争などで騒がしかったこの国にもひと時の平穏が訪れている。
    キエフから寝台列車に乗り込んで17時間、列車はポーランドの首都ワルシャワに到着。
    街には、ショパンの曲が流れてくる仕掛けの“ショパンのベンチ”があり、束の間クラシックの調べに誘われショパン記念館へ向かう。館内では30代の若さで亡くなった彼のデスマスクと対面できる。
    美しい街並で知られるワルシャワ歴史地区は第二次世界大戦で徹底的に破壊されたものを完全に復元、市民の執念が戦前の美しい姿を甦らせた。
    動物たちが生き生きとした姿を見せるワルシャワ動物園の一角には園長をつとめていたジャビアンスキ夫妻のかつての家が残されている。夫婦は戦時中、その地下室で秘かにユダヤ人をかくまい、危険が近づくと妻はピアノを弾いた。そして、危機が去ればショパンの曲を弾いたという。ショパンの曲を地下室の人たちは安堵しながら聴いていたという。
    ワルシャワの街をショパンの調べが歴史とともに流れる。

    列車は中世の都・クラクフへ。1978年、最初に登録された世界遺産の一つであるクラクフ歴史地区で知られる街の近郊にはユダヤ人を中心に多くの命が奪われたアウシュビッツ収容所や、地下の大聖堂がすべて塩で作られているヴィエリチカ岩塩坑など歴史的な場所が多い。

    ポーランドから夜行列車で向かったのはチェコの首都プラハ。
    世界遺産プラハ歴史地区は、黄金の街ともいわれており夜の美しさは筆舌しがたい。金色に染まるプラハ城とカレル橋の下を流れるヴルタヴァ川が美しい。巨大なロシアと中央ヨーロッパに挟まれて幾度も悲劇を味わった中欧。しかし今では、この場所こそが古のヨーロッパの姿を一番色濃く伝えているように思う。

    ふたたび列車に乗った我々は、スロバキアを通過しハンガリーに到着。緩やかに流れるドナウ川の両岸に広がる首都ブダペストの絶景に目を奪われる。市民に愛される温泉や14歳以下の子どもたちが運営する“子ども鉄道”も微笑ましい。ホームで発車の確認をする仕事をしていた少年は、10年後の夢を目を輝かせて答えてくれた。「10年後、ぼくは本物の鉄道員として働いていたい」
    歴史の営みが深く交錯して今にしっかりと受け継がれている街であること。ブダペストのくさり橋や国会議事堂の壮麗な夜景は時を超えた文化の重みを伝えている。

    列車はオーストリアを経由し、一路スイス・チューリヒを目指す。

    第1話番組の情報はこちらをクリック第2話番組の情報はこちらをクリック第3話番組の情報はこちらをクリック第4話番組の情報はこちらをクリック

    ※各番組の情報はこちらをクリック

    フォトギャラリー