BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    #1662

    メモワール “カンクネンとオーリオル WRC セリカの時代”

    24年前の1994年、日本のクルマとして初めて(“ヨーロッパ車以外”としても初めて)世界ラリー選手権を手中に収めていた(93/94と2年連続であった)トヨタは、そのセリカと共にドライバーのユーハ・カンクネンとデディエ・オーリオルの2人を日本に招いた。そして、そのラリー・セリカの助手席に我われ取材陣を同乗させてくれたのだ。もちろん本番のラリーではないが、丸和オートランドのダートコースを“きれいに滑らせながら”ブッ飛んで行くその走りは、やはりフツーではなかった。フィンランド生まれのカンクネンと、フランス育ちのオーリオルとのドライビングの違いも歴然。どうか見逃さないでいただきたい。
    登場車種:
    TOYOTA CELICA GT-FOUR ST185
    TOYOTA CELICA GT-FOUR ST205