カーグラフィックTV

  • トップページ
  • バックナンバー
  • プレゼント

ストーリー

【2017年5月14日(日)放送】 #1585
究極のGT-R “ニスモ” ウラカンとの比較 決行

クルマ好きの間でも、日本が世界に誇る高性能車“GT―R”に対する想いは千差万別のようだ。海外にも熱狂的な信奉者がいる一方で、日本国内でもあのコンセプトには共鳴できないという“反対派”も確かにいるからだ。そんなGT-Rも今年で10周年。ルーツの“スカイライン”が満60年を迎えた同じ年に、世界でただひとつの強烈な個性を持つGT-Rは、ひとつの極みに達しているように思う。標準でもすごい性能なのに、その“ニスモ仕様”はさらにどこまで強化されているのか。その答えを導き出すために、絶賛のランボルギーニ・ウラカンRWDクーペと“トラックエディション”という名のGT-Rも連れ出すことにした。

登場車種:日産 GT-R Track edition engineered by nismo、日産 GT-R NISMO、Lamborghini Huracán RWD coupe