カーグラフィックTV

  • トップページ
  • バックナンバー
  • プレゼント

ストーリー

【2017年5月21日(日)放送】 #1586
メモワール スバル360誕生秘話 佐々木 達三 登場

最近、これまでの富士重工業が“スバル”へと社名を変えたことはご存知だろうが、その市販第1号車であったスバル360の試作車が走り始めたのは、例の6つの星を形どったマークが決まったのと同じ、ちょうど60年前の1957年のことだった。そのふたつ、つまりあの愛らしいカタチのクルマといまなお個性的な六連星(むつらぼし)のエンブレムの双方を生み出したのは、当時はまだ一般的ではなかった“工業デザイナー”のひとり、佐々木達三さんであった。ご自宅で素晴らしい開発秘話を熱心に語ってくれた佐々木さんだが、それは92歳の生涯を閉じることになる僅か1年前のことなのであった。

登場車種:スバル 360 スバル360 ヤングSS