カーグラフィックTV

  • トップページ
  • バックナンバー
  • プレゼント

ストーリー

【2017年6月4日(日)放送】 #1588
メモワール 50周年のスカイライン ライバルはドイツ車だった

スカイラインという車名が、トヨタのクラウンに次いで長い歴史をもつことは最近のGT-Rニスモ対ウラカンの回でお伝えしたが、10年前、12代目スカイラインがBMW5シリーズ/ベンツEクラスと比較してみたくなるほど“しっかりしたクルマ”に進化していたことを思い出した。その回では、まだただのGT-Rと名前を変えるクルマは取材できていなかったのだが、後半のスカイライン50年の振り返りは、当時CGに所属していた若いスタッフのコメントによって、なかなかおもしろいものになっていたことも分かった。この先も70年、80年とスカイラインの名は生き続けてくれるのだろうか。    

登場車種:日産 スカイライン 350GT Type SP 日産 スカイライン 250GT Four Type V BMW 530i Hi-Line パッケージ Mercedes-Benz E350 AVANTGARDE S 1957年製 プリンス スカイライン デラックス(1st) 1965年製 プリンス スカイライン1500 デラックス(2nd) 1968年製 スカイライン1500 スポーツデラックス(3rd)