カーグラフィックTV

  • トップページ
  • バックナンバー
  • プレゼント

ストーリー

【2017年6月25日(日)放送】 #1591
ハイブリッドにもいろいろ シンプルなスイフトに注目

スズキのベストセラー、スイフトが3代目として生まれ変わった。もともとは本国内よりも海外で圧倒的に多く(90%も!)売られてきた“世界戦略車”なのだが、今回は大幅なダイエットに成功。今度はどんなクルマになったのか。フツーの1.2だけではなく、スズキ独自の“小さなハイブリッド”と、1.0の直噴ターボもあるのだ。一緒にテストするのはヴィッツ初のハイブリッド(1.5)と、トヨタ渾身のプラグイン、プリウスPHVの2台。期せずして最新のハイブリッド3台の比較となったが、実は3気筒1.0ターボのスイフト(ハイブリッドではない)も要注目なのである。

登場車種:SUZUKI SWIFT RSt 
SUZUKI SWIFT HYBRID RS 
TOYOTA Vitz HYBRID U “Sportyパッケージ”
TOYOTA PRIUS PHV A“レザーパッケージ”