鳥越俊太郎 医療の現場!
番組トップ バックナンバー
8月29日(土)放送
メインコーナー「現場に訊く」

シリーズがんと闘う!子宮頸がん篇

第74回目は「シリーズがんと闘う!子宮頸がん篇」。
ゲストに洞口依子さんと国立がんセンター中央病院の加藤友康先生を迎え子宮頸がんの最新治療に迫ります。

女性特有のがん「子宮頸がん」。
5年前・・・子宮全摘出という辛い体験を元に様々な場所で子宮頸がんの早期発見の啓発に力を入れている洞口さん。
そんな彼女がスタジオに出演!自らの体験を赤裸々に告白します。
更に、その体験を再現VTRで紹介しながら、子宮頸がんの実態・怖さを加藤友康先生と共に語ります。

更に子宮頸がんの最先端治療を解説。その驚くべき治療法に要注目!!

メインコーナー「現場に訊く」

メインコーナー「現場に訊く」

8月22日(土)放送
メインコーナー「現場に訊く」

命の見張り番~麻酔科医という仕事~

第73回目のテーマは「命の見張り番~麻酔科医という仕事~」。
日本の医療の現場で、欠かすことのできない「麻酔」。特に手術の際に行われる“全身麻酔”。この麻酔は、世界で初めて成功したのは、日本だったんです。
そんな、麻酔薬を緻密な計算の上で扱う医師たちがいます。それが…「麻酔科医」。
しかし、身近な麻酔ですが、これまでそれを扱う医師が表に出ることはあまりありませんでした。

そこで今回スタジオに、横浜市立大学附属病院 麻酔科 後藤隆久教授を迎え、さらに後藤医師の日常に密着します。

後藤医師が語る「存在が消えてこその麻酔科医」。その言葉の真意は?
さらに「命の見張り番」この言葉の裏に隠されている真実とは?

今までほとんど世に出なかった「麻酔科医」の正体に迫ります。

メインコーナー「現場に訊く」











8月15日(土)放送
メインコーナー「現場に訊く」

シリーズ加齢と疾病 第2弾!「聴覚の低下~老人性難聴~」

第72回目のテーマは、シリーズ加齢と疾病 第2弾!
「聴覚の低下~老人性難聴~」
第1回の「視覚」に続いて、第2回は「聴覚」!
人はなぜ聴覚が低下してしまうのか? その治療法とは?
今回番組は74歳で、老人性難聴と診断された1人の女性に密着取材。その実態に迫ります!
スタジオでは、日本医科大学武蔵小杉病院 渡邊健一医師が「聴覚の低下」について様々な疑問を医療の視点で解説。
メカニズムや治療法についても詳しく解説します。 

メインコーナー「現場に訊く」



サブコーナー「気になる病気」

「熱中症」

今回のテーマは「熱中症」。
国立スポーツ科学センター スポーツ医学研究部 副主任研究員 小松 裕 医師が、メカニズムや対策について分かりやすく解説します。

サブコーナー「気になる病気」
8月8日(土)放送
メインコーナー「現場に訊く」

シリーズ加齢と疾病 第1弾!~高齢者を襲う白内障の最新治療~

第71回目のテーマは「シリーズ加齢と疾病 第一弾!~高齢者を襲う白内障の最新治療~」。
加齢と共に起きる目の病気は様々。中でも最も多くみられるのが白内障。
カメラのレンズにあたる水晶体が白く濁ることで視覚障害を引き起こす病気。
何と80歳以上のほぼ全員に症状があるとも言われています。

VTRでは去年、白内障と診断された60歳の女性に密着。
白内障によって一変したと言う彼女の生活。それらの苦悩から救うため医師が行った最新治療とは!?

スタジオには、日本医科大学の髙橋浩教授をお招きし、白内障の予防法や最新治療についてお聞きします。

メインコーナー「現場に訊く」






サブコーナー「気になる病気」

「CKD」

今回のテーマは「CKD」。
大阪大学大学院の楽木宏実教授がわかりやすく解説します。

サブコーナー「気になる病気」
8月1日(土)放送
メインコーナー「現場に訊く」

血管が膨らむ病 大動脈瘤

第70回目のテーマは、「血管が膨らむ病 大動脈瘤」
大動脈とは、体の中で最も太い血管。もし、その大動脈が膨らみ続け破裂すれば、命に関わる極めて危険な状態になります。 
今、高齢化社会でその「大動脈瘤」の患者が増加していると言われています。
スタジオでは、慶應義塾大学病院 心臓血管外科  四津良平教授が大動脈瘤についての様々な疑問を医療の視点で解説。
メカニズムや手術方法についても詳しく解説します。 

メインコーナー「現場に訊く」


サブコーナー「気になる病気」

「統合失調症」

今回のテーマは「統合失調症」。
東邦大学医学部 精神神経医学講座 水野雅文 教授がメカニズムや治療法について分かりやすく解説します。

サブコーナー「気になる病気」