SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント

予告&みどころ

7月2日(土) 第268回
野村真美×瀬奈じゅん

ゲストは、女優の野村真美さんと元宝塚歌劇団 男役トップスターの瀬奈じゅんさん。2人は同じ事務所ですが、普段は話をする機会がないとのことで、デビュー話から女優論までじっくり語り合いました♪今回は、2人のお気に入りの場所【新大久保】で韓国料理を堪能し、最後は共通の趣味【ボルダリング】を楽しみました!

野村さんは、15歳の時に女優を目指して芸能事務所のオーディションを受け芸能界入り。その後、大手事務所でドラマ(演劇)のレッスンを受けます。「同期が吉川晃司さん、中山秀征くん。吉川くんは美意識が高くてストイック。『吉川君、金色の光が出てる』と思ったぐらい輝いてた」とか。一方、瀬奈さんは1992年歌劇団に入団し、2005年に月組トップスターに。「とにかく格好いい男役になるために努力をしてきた」とか。そして退団後は女優へ転身。「舞台で、アドリブで出る言葉が、男言葉で『待て』って言っちゃった(笑)」と苦労を語りました。女優2人のドライブは元気いっぱいで、楽しい気ままな空間となりました♥

ゲストプロフィール

野村真美(のむら まみ)さん

1964年10月19日生まれ 神奈川県出身

1985年、『ママたちが戦争を始めた!』で女優デビュー。
その後、映画『大奥十八景』『吉原炎上』で体当りの演技が話題に。1988年、朝の連続ドラマシリーズ『花らんまん』で初主演を果たし、翌1989年には大河ドラマ『春日局』で秀頼の正室・千姫役で出演。1990年から2010年まで続いた、橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で四女・葉子役で出演するなど女優として活躍。
現在も舞台・映画・ドラマを中心に、バラエティ番組でも活躍中。

瀬奈じゅん(せな じゅん)さん

1974年4月1日生まれ 東京都出身

高校1年の時宝塚歌劇団への入団を決意し、1992年に『この恋は雲の涯まで』で初舞台をふむ。早い時期からその素質は注目され、2005年『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』で月組トップスターに。宝塚版『エリザベート』で、ルキーニ、エリザベート、トート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大な人気を集める。2009年12月、宝塚歌劇団を退団。以降、女優として舞台やテレビドラマなどに出演する傍ら、コンサートを開催するなど活躍中。