SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

ストーリー

【2011年6月11日】 第8回ゲスト:羽鳥慎一×宅間孝行


40歳を機に、フリーに転身した羽鳥慎一は入社当時からスポーツ実況アナウンサーになりたかったという。(特に「箱根駅伝」を実況するのが夢だった…。)
そこで同じ年で、親友、俳優・演出家でもある宅間孝行(女優・大河内奈々子の旦那)を誘い、その原点“箱根駅伝”のコースをテレ朝出発でドライブ!!入社当初の苦労話、駅伝実況への憧れ・涙のウラ話などを熱く語った!!
早稲田大学時代は「レモンスマッシュ」という“体育会”ではない、ごくごく一般的なテニスサークルに属して、横浜のあるホテルで「配膳のバイト」をしてい た羽鳥だったが、このホテルで「アナウンサー」という職業が“憧れ”のものとなる出会いがあった。そのキッカケから、日本テレビに入社し、いまは「ズーム イン朝」から「モーニングバード!」と、MCとして「朝の顔」になっている。しかし、彼の本来の憧れは「スポーツ実況アナウンサー」だった。
入社6年目に訪れた「プロ野球 巨人×広島@札幌・円山球場」の初実況のチャンスが…しかし、ここで「悪夢の出来事」が羽鳥を襲った!いったい何!?さら に、入社2年目で早くも訪れた「憧れの箱根駅伝」の実況リポートのチャンス、放送には載らない“深イイ話”もたっぷり!!。また、途中立ち寄った箱根の ベーカリーでは、これまで日テレアナウンサー陣が幾度となく取材してきたにも拘らず「初めて聞いた!」という仰天スクープ(秘)エピソードを羽鳥が GET!!その他、フリーになる時に「奥さん」が言い放ったあるコトバ…など、『好きな男性アナウンサーランキング』男女別、世代別でも圧倒的な人気と なった“羽鳥慎一”…その人気の素顔が十二分に出ている30分です!!

ゲストプロフィール

羽鳥慎一(はとり しんいち)

1971年3月24日生まれ  埼玉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本テレビ入社。『ズームイン!!SUPER』でブレイクするも40歳の今年、フリーに転身。退社後、テレ朝で「モーニングバード!」の司会に就任する。

宅間孝行(たくま たかゆき)

1970年7月17日生まれ 東京都出身。早稲田大学中退後、劇団『東京セレソン』を旗揚げ。主宰を勤めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。妻は女優の大河内奈々子。NHK大河ドラマ「新撰組!」「朝の連続テレビ小説 つばさ」 TBS「花より男子」「タイガー&ドラゴン」など役者として出演多数も、テレビ朝日「アタック№1」TBS「「花より男子」「歌姫」など脚本家として活躍している。

今回のドライブコース

鈴廣かまぼこ

住所:神奈川県小田原市風祭245
電話:0465−22−3191
かまぼこから、干物、揚げ物、果実を使った製品、小物まで、鈴廣のお薦めがすべて詰まっているのが鈴なり市場、お祭りのような活気の中、おみやげやご自宅 へのお買い物に、技を体感できる実演コーナー、その場で食べられる美味しいものが集まっています。箱根芦ノ湖や熱海へも車で約40分など、気軽に立ち寄れる 観光&おみやげ・食事スポット。

http://www.kamaboko.com/

渡邊ベーカリー

住所:神奈川県足柄下群箱根町宮ノ下343
電話:0460−82−2127
明治24年創業の老舗パン屋。行列ができる人気ぶりの「温泉シチューパン」は、丸いフランスパンをくり抜いた器に大きな具が入ったビーフシチューがたっぷり。店内にはほかにも梅干しがまるまる入った『梅干あんぱん』や、朝食にピッタリの『箱根山ブレッド』など、おいしくて個性的なパンが並ぶ。おみやげにもおすすめ。

http://www.tabiulala.com/odahako/spot150/index.html

芦ノ湖

住所:神奈川県足柄下郡箱根町
電話:0460−85−5700(総合観光案内所)
約40万年前に箱根火山のカルデラの中にできた周囲20kmの細長い湖で。箱根を代表する観光スポット。南から箱根町、元箱根、箱根園、湖尻、桃源台のエリアに分かれ、観光遊覧船が結んでいる。元箱根には「箱根関所」のほか、箱根神社、旧街道杉並木などの歴史スポットもあり、見どころは多彩。南岸の杉並木街道から眺める「逆さ富士」は、箱根の絶景の一つ。

http://www.hakone.or.jp/

今回のロケ(秘)裏話

同じ年、同じ大学という共通点がありながら、2人して前夜は、「会話が途切れたらどうしよう…」と心配していたそうですが、いざ収録が始まると、早稲田大 時代に飲み明かした居酒屋や名物おばちゃんの話など、ゴール地点まで3時間弱ノンストップでしゃべり続けていました。羽鳥さんは、箱根駅伝のメイン実況を 夢見ていた頃の色褪せることない熱き想い、そして、自ら歩いて収集していた山道の傾斜や、周辺の店情報などを我々にも親切に教えてくれました!!とにかく スポーツアナになりたかったんだなーと、なんとも“熱い男”羽鳥さんを感じて下さい!!

裏話担当:プロデューサーK

今回の1台

快適さ、使い勝手、走り、低燃費とすべてを兼ね備えた新発想コンパクト。

> スズキ 新型スイフト サイトはこちら