SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

ストーリー

【2011年8月27日】 第19回ゲスト:松木安太郎×川平慈英


テレビ朝日サッカー中継&解説に欠かせない存在の二人…松木さんと川平さんの出会いは約33年前の読売クラブ(現在の東京ヴェルディ)だった!そ の時、松木さんは21歳、読売のトップチームで活躍中!川平さんは16歳で読売のユースチームに入ったばかり…川平さんにとって松木さんは「神」のような 存在だったという!リーグや天皇杯優勝も数多く、日本代表にも選ばれ、監督としてもリーグ優勝するなど、輝かしいサッカー人生を送ってきた松木さん、片や アメリカの大学でサッカーを続けるも、プロになることを諦め「演劇」の道に進んだ川平さん。進んだ道は違えど、日本サッカーを愛する二人は再び出会い、 様々な歓喜の瞬間を共にした…二人の人生ドキュメントは聞き応えありです!ドライブはスタートはサッカーの聖地「国立競技場」から!目的地は二人が初めて 出会った思い出の場所「読売クラブ(東京ヴェルディ)」へ!サッカーとの出会い、Jリーグやワールドカップ裏話などトークは盛りだくさん。川平さんは、 サッカーを諦め俳優の道に進んだ時の母との涙の秘話も語ってくれました。まもなくワールド杯3次予選、オリンピック予選もすぐそこ!「絶対に負けられない 戦い」がやってくる前にこの二人のトークは必見です!

ゲストプロフィール

松木安太郎さん

1957年11月28日生まれ 東京都出身
小学生からサッカーを始め、小柄な体ながらポジションはゴールキーパー。高校生になりディフェンダーにコンバートされた。1973年読売サッカークラブに日本リーグ優勝3回、天皇杯優勝3回に貢献、日本代表として国際Aマッチ12試合出場。1993年Jリーグの発足と共にヴェルディ川崎の監督に、Jリーグの初代王者となる。

川平慈英さん

1962年9月23日生まれ 沖縄県出身
高校時代、読売サッカークラブのユースチームに在籍。アメリカの大学にサッカー留学したが帰国、上智大学に入学し在学中にミュージカル俳優としてデビュー。その後1993年のJリーグ開幕の時「ニュースステーション」のサッカーキャスターに抜擢!今年9月には自身プロデュースのワンマンライブショーも…キャスター、俳優などマルチに活躍している。

今回のドライブコース

ブルーシールカフェ クロヂガーデン多摩店

住所:東京都多摩市落合2−33
電話:042−313−8450
1948年、沖縄の米軍基地に従事するアメリカ人向けに、アメリカ人の日常食である乳製品を供給するための施設として基地内で創業。初めは基地の中でしか手に入らない貴重なアイスクリームだった。今では沖縄のアイスクリームといえば、ブルーシールといわれるほど沖縄で愛され、親しまれています。日本で唯一、沖縄でしか手に入らないアイスクリームということで注目され、ブルーシールの美味しさは日本全国で知られるようになり、幅広いファンを獲得しているアイスクリーム。

http://www.blueseal.co.jp/index.html

東京ヴェルディ サッカー場

住所:東京都稲城市矢野口4015−1
電話:044−946−3032
東京ヴェルディ、ベレーザのホームグラウンド。トップチームの練習を近くで見学することができる。
自然環境に恵まれた稲城市に位置し、プレイヤーとサポーターの皆さんとの交流の場となっているヴェルディのクラブハウス。
広大な敷地内に設けられた天然芝2面と人工芝2面のグラウンドをはじめ、ドクターと看護士が常駐するクリニック、管理栄養士の指導に基づいて提供される栄養価の高い食事など、ハード、ソフト両面での充実度を誇り、サッカーに専念できる最高の環境のもとで、全てのカテゴリーチームが日夜練習に励んでいる。

http://www.verdy.co.jp/

今回のロケ(秘)裏話

なでしこジャパンがワールドカップで優勝しサッカー界が盛り上がる中、貴重で深い話が聞けました!ドライブトークだけでなく途中立ち寄った「ブルーシール アイスクリーム」でも大盛り上がり、沖縄の創業なので川平さんは思い出深い子供の頃の味!松木さんはここのアイスを食べるのは初めてで「おいしい、おいし い」と興奮してました。沖縄らしい「さとうきび」や「塩ちんすこう」などなかなか食べられないフレーバーがたくさんあり。「アイスが大好きな娘さんに買っ ていきたい!」と松木さんはお店の人に交渉開始!ですがロケが終わって自宅に帰るまでに約6時間!そんなに長持ちするドライアイスがなく、泣く泣く買うの を諦めてました…

裏話担当:プロデューサーK

今回の1台

快適さ、使い勝手、走り、低燃費とすべてを兼ね備えた新発想コンパクト。

> 新型ソリオサイトはこちら