SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

【2011年10月1日】 第24回ゲスト:前田典子×アンミカ


「奇跡の45歳」マエノリことモデルの前田典子さんと「パリコレモデル」アンミカさんが鎌倉をドライブ!モデルならではの食べて綺麗になる鎌倉野菜のヘルシーグルメや江ノ島レジャースポット巡る!女性の永遠のテーマ…30代からの「美の秘訣」について熱く語った!
様々なコンプレックスを持ったアンミカさんをヤル気にさせた母親の「子供を褒めて伸ばす方法」や「華やかなモデルの世界だが、オーデションに落ちた時の精神的な苦しみ」「前向きな夢を実現するためには執念深く取り組む」などモデル界の裏話なども!
オーガニック鎌倉野菜の絶品スープカレーや江ノ島の隠れ家スポットへのドライブも見逃せない!

ゲストプロフィール

前田典子さん

1965年10月20日生まれ 大阪府出身 ファッションモデル
愛称はマエノリ。19歳の時にモデルデビュー。21歳で上京、その後25歳の時に、フランスのパリへ遊学。
帰国後、32歳の時に結婚し、2000年に長男を出産。2005年からは、女性ファッション誌「STORY」レギュラー他、テレビ、CMや広告など。モデル業の他に洋服のデザインプロデュースなど活動は多岐にわたる。テレビ朝日「モーニングバード!」のコメンテーターもつとめる。

アンミカさん

1972年3月25日生まれ ファッションモデル
韓国・済州島生まれの大阪で育つ、高校在学中からモデルとして活動。卒業後に単身パリへ移住した。18歳でイギリスのファッション誌『I・D』に写真が掲載されたことを契機に、1993年に20歳でパリコレクションへ初参加。以降は、日本・韓国を中心にファッションショー、広告、CM、映画などへ登場していた。2009年には、韓国観光公社から「韓国観光名誉広報大使」に任命された。活動の拠点を地元・大阪から東京へ移した2010年以降も、阪南大学で特任教授を務めるなど、関西や韓国で活動する機会が多い。

今回のドライブコース

北鎌倉 ぬふ・いち

住所:鎌倉市山ノ内159
電話:0467-61-2701
鎌倉野菜を美味しくいただけるお店。
自慢の"鎌倉野菜のスープカリー"は軽くソテーした鎌倉野菜と五穀米をスープに入れて、カリーリゾット風に食べる!骨付きソーセージも付いているので食べ応えも充分

http://www.neuf-1.com/

江ノ島ボウル

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-15-22
電話:0466-23-6114
えのぼー'こと江ノ島ボウリングセンター。全30レーン完備!!江ノ島に遊びにきたら江ノ島ボウリングセンターに決まり!

http://www.a-bowl.jp/enoshima_bowl/

今回のロケ(秘)裏話

以前のモデルさんはバラエティや情報番組に出演する機会はあまりなかったのですが、前田さんはワイドショーのコメンテーターや情報番組などたくさんのレギュラー番組を持ち引っ張りだこ!アンミカさんも多才で、なんと資格を15も持っているんだそう…スポーツも陸上競技やバスケにもはまったこともあったようですが、本気でプロボウラーを目指していたこともあるそうです!美しくて背が高くてスタイルが良くて、多才!そして今回ロケしていて一番驚いたのは「仕切り上手」ということ。一流司会者にも負けないほど現場を仕切っていました!意外な一面を見られました!

裏話担当:プロデューサーK

今回の気になる一言

今回は…
「すごく、景色が見やすい!窓が広くてコンパクトなのに天井も高いし、身長のあるモデルでも全然大丈夫!」とテンションの高い2人の会話から…

クルマじゃないと行けないっていうか、クルマで行けるから素敵な場所ってあるじゃないですか。
それがあるから、クルマは好きだな。あと少しスポーツにも似ている感じもいいかな。
やっぱり、ドライブするって、運動神経、反射神経が少しはないとね…。
今回、マエノリさんが運転している『MRワゴン』って普段乗ってるクルマと違うけど大丈夫?…という会話には、
勝手が違うのは、最初だけで、乗り始めると同じだし、自転車と同じ感覚かな…?
人の自転車って、サドルの位置とか、ハンドルの位置が違くて最初は何か変だけど、漕ぎ始めると、ずっと漕げるじゃない?それと同じで、違う車に乗った時も最初だけで、その違うのを乗りこなすのがまた楽しかったりするし…。
資格を15個も持っているアンミカさん…マエノリさんの頼もしい言葉に「私も大丈夫かな」って思えてきましたと、、、次目指す資格は「運転免許」と心に決めたようでした(笑)。

今回の1台

トモダチ感覚で、付き合える。ファッション感覚で乗りたくなる。広さも、燃費も、デザインも、すべてがボクたちにぴったりの一台。

>スズキMRワゴンサイトはこちら