SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

【2011年11月12日】 第30回ゲスト:荻野目洋子×西村知美


アイドル全盛期の80年代!84年デビューの荻野目洋子さんと、2年後輩86年にデビューした西村知美さんは意外にもママ友!ドライブしながらアイドル時代の裏話や恋話など濃密トーク!目的地は千葉佐倉市、ここは荻野目さんが子供時代を過ごした故郷。地元のおいしいイタリアンレストランとシャガールやピカソなどを収蔵する美術館に向かいました。
初めての出会いは25年前!トシちゃん!マッチ!聖子に明菜、KYON2など華やかなアイドルが大ブームの時。歌番組などで共演していたが、親交が深くなったのは最近なんだとか…同じ年代の小学生の子供がいることもあり、子育ての話をする中で仲が良くなったという。
山口百恵さんに憧れて入った芸能界だが、なかなかヒットが出ず悩んだことや山口さんからプレゼントされた感激の贈り物の事などを荻野目さんは披露。
西村さんはアイドル勢ぞろいのハワイロケで体調が悪くなり、中森明菜さんや小泉今日子さん、近藤真彦さんたちに介抱してもらった事など思い出話に花を咲かせた。荻野目さんのご主人は堀越学園の同級生!出会いのエピソードや結婚の話。西村さんも結婚した日に大喧嘩して家出したことなど語ってくれました。子育てで毎日奮闘中の二人は、普段できなことを楽しむため美術館へ…
久しぶりに静かな時間を過ごした二人でした。

ゲストプロフィール

荻野目洋子さん

1968年12月10日生まれ、千葉県出身。
小学4年生でちびっこ歌番組に何度か出演。その後スカウトされ、5年生でミルクというグループ結成。レコードをリリース。中学2年の終わりに歌手になることを本格的に決意。中学3年から歌手としての準備、そしてオーディションで受かったアニメ「みゆき」の声優の仕事を始める。
堀越高校1年の春、歌手としてデビュー。
17歳の秋にリリースした7枚目のシングル「ダンシング・ヒーロー」で初のベストテン入り。 翌年にはアルバム「ノンストッパー」でオリコン年間売上1位を取り、一方では映画やドラマ、CMにも多数出演。
現在はプロテニス・プレーヤーの辻野隆三氏と結婚し三人の子供に恵まれる。

西村知美さん

1970年12月17日生まれ 山口県出身
1984年中2の時に姉が勝手にアイドル雑誌『Momoco』の素人アイドル発掘コーナー「モモコ・クラブ」に応募、掲載される。頂点を決める「第1回ミス・モモコ・グランプリ」ではグランプリを獲得。
1986年3月、映画『ドン松五郎の生活』の主演で女優デビュー。
同時に主題歌として起用された『夢色のメッセージ』で歌手デビュー。
直後に、大手企業3社のCMの出演や、ラジオのレギュラーが始まるなど、正統派アイドルとして、華々しいデビューを飾る。1990年以降は、女優とタレントとして活動していく。1992年に始まったTBS「さんまのからくりテレビ」で、珍回答を連発し、天然ボケキャラとしてお茶の間の人気者となった。
1997年、元CHA-CHAで料理人の西尾巧と結婚。2003年、女の子を出産。

今回のドライブコース

森のレストラン クオーコ

住所:千葉県佐倉市下勝田423
電話:043―481-5258
フレンチとイタリアンをベースにした創作料理のレストラン。シェフが直接市場へ出向いて仕入れる魚や、地元千葉の野菜にこだわった料理が堪能できる。広々としたテラスもある。混雑時は予約優先。電話予約がオススメ。
Lunch=11:00~15:00
Dinner=17:00~21:00
定休日=水曜日

DIC川村記念美術館

住所:千葉県佐倉市坂戸631番地
電話:0120-498-130
1990年5月に設立された美術館。
ピカソ、シャガール、モネ、藤田嗣治等など数多くの作品が展示されている。
自然豊な散策路などもあり、近隣市町村の人々に解放され、憩いの場となっている。

開館時間=9:30~17:30(最終入館は16:30まで)
休館日=月曜日(祝日の場合は開館)/年末年始(12月25日~1月1日)

今回のロケ(秘)裏話

80年代アイドルのお二人。
アイドル時代の印象とは違い、トークを聞いていると、荻野目さんが<静>で西村さんが<動>の印象。
西村さんがインタビュアーとなり、荻野目さんに話を聞き、いい合間で西村さんが秘話を披露するなど、芸歴の長さが光りました。
途中立ち寄ったレストランでは、西村さんの一口食べるごとのリアクションに、荻野目さん思わず、 「いいリアクションだね~(笑)」と感心しきり。
さらに、ご主人が料理人という事もあり、帰って報告するんだということで、店主に材料など熱心に質問する西村さんの姿に、カワイイ妻を垣間見た気がしました。
久しぶりに、子供がいない自由な時間が持てた二人は帰りの車中も喋りっぱなし(^^)でした。

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は・・・荻野目さんの運転で、ふるさとの千葉県佐倉市へのドライブ。

朝、集合場所に来た荻野目さんが、「今日運転するのは、前に停まっていた、ブルーのクルマですか?」
スタッフ「そうです」
荻野目:「かわい~ですね」
と、第一印象は気に入ってくれたご様子。

そして、ワゴンRをしばらく運転して・・・
西村:洋子さん運転上手ですね。
荻野目:これ運転しやすい。
西村:ワゴンR。私、すっごいこの車欲しかったんですよ。
    子供が生まれる時に、軽型の使い勝手の良い車として候補に入れていたんですよ~
という話が・・・

荻野目:凄く小回りが利いて運転しやすい。女性でもこういう細い道を行くのに運転しやすいよね~。
西村:仕切りも無いから広くて、ワンちゃんとかのせやすいですよね。

と気に入った様子。
そして、ドライブの想い出話に・・・
アイドル時代は、「車はもう一つの楽屋だったよね~」とお二人。
荻野目:着替えや食事、化粧も移動中してたもんね~
と言うと・・・
西村:私、取材で、インタビューだけじゃなく写真撮影まで車内でした事あります!
という話まで飛び出して、盛り上がっていました。

今回の1台

便利な機能満載のワゴンR。スムーズで楽しいエコドライブを。

> スズキ ワゴンR サイトはこちら