SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

【2011年11月26日】 第32回ゲスト:白石美帆×酒井若菜


今から1年半前にドラマの共演で知り合った、女優の白石美帆さんと酒井若菜さん。出会いから何となく互いの存在を気にかけていたというアラサー女優の仲良し2人が、白石美帆さんの故郷である茨城県へドライブ。もともと2人は「日本の伝統文化との触れ合い」が共通の趣味ということもあって、今回は、笠間焼きの陶器の買い物や、神社仏閣巡りへ。旅のゴールは、「縁結びのお社」として由緒ある出雲大社(分社)で願掛けした。
お互いに“主役”というより助演で、“憎まれ役、敵役”が多いという共通点や、(白石さんは)「サッカー番組の司会」を8年間、(酒井さんは)「エキストラ」「グラビアアイドル」時代が長かったことから「女優業」として今に至るまでには、かなり苦しんだ…という胸中を熱く語り合った。その中でも、酒井さんは一度体調を崩し、「1年間休業」していた時が、今自分にとって思えば、必要な時間だったと振り返ると、あるドラマの打ち上げ現場で一番下の助監督さんに「10年後に僕は監督として、酒井さんは女優として必ず会いましょう!」と言われ、その12年後に天海祐希さん主演のドラマでその助監督さんが(監督ではなかったが)プロデューサーとしてまさかの再会。時間はかかったが約束を果たせた感動秘話を披露した。ともに、何かとムリをしていた20代とは違って、30歳を過ぎてから楽に生きられるようになった(笑)と意気投合していた!

ゲストプロフィール

白石美帆さん

1978年8月8日生まれ 茨城県出身
中学からテニスを始め、高校では茨城県大会の決勝に進出。栄養士になるため土浦短期大学(現・つくば国際短期大学)家政科に進学。短大在学中に渋谷でスカウトされ芸能界入り。1998年「スーパーサッカー」でデビュー。その後、ドラマ「電車男」「美女か野獣」「オレンジデイズ」などにも出演するなど幅広く活動。

酒井若菜さん

1980年9月9日生まれ 栃木県出身
『第8回ヤングジャンプ女子高生制服コレクション』で準グランプリを獲得。
加藤あいや佐藤江梨子を輩出した『日テレジェニック』にも選ばれ、CMやドラマにも出演。2002年、ドラマ『木更津キャッツアイ』で、特異なキャラクター演じ、個性派が出来る俳優として大ブレイク。
近年では、俳優以外に、小説の執筆や、歴女タレントとしての一面も披露。現在、主要キャストとして参加した、日韓合作の映画『道~白磁の人~』の公開を2012年夏に控えている。

今回のドライブコース

回廊ギャラリー 門

住所:茨城県笠間市笠間2230-1
電話:0296-71-1507
笠間焼の作家と一緒に作り上げたという工房ギャラリー。
中は、25メートルの回廊と中庭にあるモダンな蔵と屋敷のイメージでデザインされた斬新な作り。
作家たちの作品を中心に魅力溢れる陶器がバリエーション豊富に揃えられている。
また、陶器以外にもお箸や和小物も充実しており、“和”の世界が楽しめる。
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休

http://www.gallery-mon.co.jp/mon.html

出雲大社 常陸教会

住所:茨城県笠間市福原2001
電話:0296-74-3000
平成4年に島根県出雲大社よりご分霊をご鎮座された「出雲大社 常陸教会」。
主祭神は「大国主大神」。福の神「だいこくさま」として親しまれ、縁結びの神、商売繁盛、厄除け、病気平癒などあらゆるご利益があるという。
境内には総檜造りで大社造りのご本殿、重さ6tの大注連縄を擁す拝殿、奥田コウドウ氏作・天井画「常陸の雲」や一刀彫の大国主大神御神像、御影石では日本一の大鳥居など多くの見ものがある。
開閉門時間:8:00~17:00

http://www.izumotaisha.or.jp/

今回のロケ(秘)裏話

ドラマの共演後の打ち上げで意気投合したというお二人。
友達歴1年半前と短く、プライベートで会ったのはまだ1度だけなんだとか。
まだまだお互いに聞きたいことがたくさんある!という事で二人きりの空間を楽しんで頂けた様子。

そして、途中立ち寄った「ギャラリー回廊 門」では…
撮影後、お昼ごはんそっちのけでショッピングに夢中のお二人。
素敵な和食器がたくさんあり、悩み続ける酒井さんにアドバイスをする白石さんは、まるで本当のお姉さんのようでした。
結局、お腹ペコペコの中、30分以上も“和食器”選びに時間を費やしました。

そして、お弁当を食べ始めて…
「このお弁当おいしい。」と嬉しそうな白石さん。
白石:「やっぱり地元のだからかな…とかいって、東京から持ってきたやつだったりして?(笑)」
と、スタッフにとってはドッキリ発言(^^;)
スタッフ:「そのまさかです!東京から持ってきました。ごめんなさい…」
と、大爆笑!!
冷たい雨が降る1日でしたが、和気あいあいとした温かい雰囲気の撮影となりました。

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は…白石さんの運転で、陶芸の街・茨城県笠間市までドライブ!

白石:小さい頃、家族とハレー彗星見に行ったり、スキーをしに栃木の方までいったりしていたし。
    車乗ると寝ちゃう子どもだった子だったらしくて、夜泣きすると親がクルマにのせて近辺を一周すると、
    寝るから助かったって(笑)。

と、昔からクルマの中が大好きだったという白石さん。

今回、運転するMRワゴンの乗り心地は?

白石:車高が高い車が好きなんだけど、このMRワゴンも車高が良くて、視界がいいよね。
    雨の日でも楽に運転できる。
酒井:外から見るとすごいコンパクトだけど、中に入ると天井高くない?圧迫感は無いんだよね。
    雨の中のドライブってすごい好き!
    雨が降ると、クルマの中がひとつになる気がする。
   『私はこの人たちと同じ時間、場所を共有しているんだな』って思う。

…お互いに“絆”を深めた様子のお二人でした♪

今回の1台

トモダチ感覚で、付き合える。ファッション感覚で乗りたくなる。広さも、燃費も、デザインも、すべてがボクたちにぴったりの一台。

> スズキ MRワゴン サイトはこちら