SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

【2012年1月7日】
第38回ゲスト:六角精児×袴田吉彦


「相棒」の鑑識役、米沢守で一躍人気者になった六角精児さんと俳優の袴田吉彦さんが六角さんの地元、厚木へドライブ!俳優になったきっかけや苦労話!ドラマや映画になった「相棒」の裏話など熱くトーク!B級グルメの大会B-1グランプリで優勝した「厚木シロコロホルモン」も堪能した。再婚したばかりの六角さんの結婚秘話も披露。
初めての出会いは、ドラマのロケ現場。富士山の麓でお互いが捕虜の役だったという。六角さんは、ロケの空き時間で皆を麻雀に誘うほどギャンブルが大好き!
「一時期パチンコ台になりたいと思ったことがあった!」と家賃を滞納し、電気やガスも止められていたという失敗話を披露しつつも「役者をやる上では役立っている!」と役者らしい話も!
また、「相棒」に出演する際「一回だけの大役と、チョイ役だけどレギュラーのどっちがいい」とプロデューサーに言われ、レギュラーを希望し映画の主役にまでなった裏話もしてくれた。
一方袴田さんもデビュー映画の時「リハーサルを7時間もやって、トイレで1人泣いた」などの秘話を吐露。昨年結婚した袴田さんは、今年長女が生まれ、六角さんは4度目の結婚をしたばかり!お互い幸せ真っ最中だが、結婚生活を長続きする方法なども話した。今や厚木名物「シロコロホルモン」を堪能した後は、六角さんお薦めの喫茶店へ。六角さんに似合わない洒落た雰囲気のお店も必見です。

ゲストプロフィール

六角精児さん

1962年6月24日生まれ 兵庫県出身
高校時代、演劇部に入り全国高校演劇フェスティバルの全国大会に出場する。
大学浪人中、劇団「善人会議」の旗揚げに参加。以後、学習院大学に入学も、劇団の活動に没頭。紀伊国屋ホールでの主演『夜曲〜放火魔ツトムの優しい夜』を機会に、大学を中退し、プロの俳優を決意。
1990年代は、テレビにも出演し始め、2000年、テレビ朝日『相棒』に抜擢。
「鑑識・米森守」役が、脇役ながらも人気に。2009年には、ドラマ『相棒』からスピンオフした映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』で主演を務めた。
2011年10月に2度目の妻と復縁し、4度目の結婚をした。

袴田吉彦さん

1973年7月16日生まれ 静岡県出身
1991年、第4回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、翌年、映画『二十才の微熱』で主役に抜擢されデビュー。
映画『Life 天国で君に逢えたら』、『蒼き狼 地果て、海尽きるまで』『ごくせん THE MOVIE』ドラマ「不毛地帯」「江~姫たちの戦国~」などに出演。
映画「聯合艦隊総司令官 山本五十六」(12月23日全国ロードショー)にも出演。
2010年グラビアアイドルの河中あいと結婚。
2011年2月長女が生まれる。

今回のドライブコース

鬼の家

住所:神奈川県厚木市中町4-16-6
電話:046-224-5823
2008年<B-1グランプリ>で、グールドグランプリに輝いた【厚木シロコロホルモン】が食べられるお店。脂身つきの白モツを網焼きして食べる。
厚木市は、昭和20年頃から養豚業が盛んで豚ホルモン焼きの店も多く、古くから市民に愛されてきた。
店自慢の味噌ダレに絡めて食べると絶品。
http://www.mugitoro.co.jp/index.html

カフェ鈴木

住所:神奈川県厚木市中町3-5-6ロックヒルズ1階
電話:046-295-6280
カフェとは思えない重厚な鉄の扉を開けると、心静まる照明とカウンターがゆったり。
毎朝自家焙煎する豆で淹れるコーヒーは、深みのある味。

今回のロケ(秘)裏話

共演は何度もあるけれど、ゆっくり二人きりで話をするのは初めてだという事で、
出発前の打合せでは、「どんな掛け合いになるか楽しみです」とディレクターが言えば、
「(お二人)僕らもです!」(笑)
11歳の年の差を感じさせないほのぼのとした空気感のお二人は、お互いに相手の話を真剣に聞いて、
丁寧に返し、撮影時間を存分に使って、タップリ話をしてくださいました。
TVや映画の中とは違う、表情も垣間見えました。
帰りには、「もっと遠くに行く旅を二人でしましょうよ!」と袴田さんが言えば、
六角さんは(米沢守風に)「分かりました。僕が、企画考えます!」と盛り上がっていました(^^)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は・・・袴田さんの運転で、六角さんの故郷・厚木までドライブ。

免許を持っていない六角さんですが、ドライブは大好きなのだとか。
もちろん、助手席専門ですが、後輩に「ひまか?」と電話して、温泉や食事などに連れて行ってもらうという。そんな六角さんに、袴田さんは・・・
袴田「免許取りましょうよ~」
六角「今、嫁さんに教習所通ってもらってるんだよ。もうすぐ仮免らしい」
あくまでも、自分では免許取るつもりはないらしいです。。。(笑)

今回のソリオの乗り心地は・・・
袴田 「運転しやすいですよ。」
六角 「小回り効きそうだよね」
袴田 「コンパクトですが、足元広いんです。昔は、こんなユッタリしてなかったですよね。
180センチある僕でも、ストレスないです」
六角 「助手席好きの僕も、ストレス無く乗れてるよ」
袴田 「進化してるんですね~」
と言えば・・・
六角 「俺達も進化しなきゃな!」と意味不明のコメント(^^;
そして・・・
六角 「さっき、バックする時に、ここ(バックモニター)に映ったでしょ?素晴らしい発明だな!」
と感心しきり。しかし・・・
袴田 「ですね。でも、六角さん、随分前からこの機能はありますよ。(笑)」
六角 「えっ!? (絶句)」

あいにくの雨でしたが、楽しいドライブでした!

今回の1台

快適さ、使い勝手、走り、低燃費とすべてを兼ね備えた新発想コンパクト。

>スズキ ソリオはこちら