SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

7月14日(土)
第65回ゲスト:大島麻衣×渡辺直美


今回のゲストは… タレントの大島麻衣さんと、芸人・渡辺直美さん。
出会ってからわずか1年半というお二人ですが、一緒にいるだけで笑いが止まらない!という程、大の仲良し!!ソウルメイトの様な存在なんだとか…。
そんなお二人のドライブは、お互いのオススメの場所を案内!ということで、大島さんは渡辺さんに韓流イケメンを会わせたいと、新大久保のカフェへ・・・自他ともに認める面食いという渡辺さんもメロメロに。
そして、渡辺さんは、大島さんにメチャクチャ美味しいもの食べさせたいと、行きつけのレストランへ…。ハンバーグやビーフシチューをお腹いっぱい堪能しました☆

車内では、二人きりの空間に「プライベート感じゃない?」と大島さん。「色んな話しちゃいそうだな。男の話とかしちゃうかもしれない!」とノリノリの渡辺さんに大島さんが「(男なんて)いないじゃん!」とツッコミ!大爆笑でドライブがスタートしました☆今年のお正月休みには、二人で海外旅行に行ったとか。
しかし、その旅先で渡辺さんのいびきを巡る事件が・・・「直美ちゃんのイビキがすごくて寝れない!」というツイートをしたという大島さん。翌朝、渡辺さんは大島さんのファンからのツイートでその事に気付き、「直接言えや!って思った。あれ、超笑った。」と、思い出話で盛り上がりました!
そして、お互いの芸能界入りのお話に・・・「小さい頃は、アイドルになんて全然なりたくなかった。」という大島さんですが、スカウトされた時に貰ったチラシの「秋元康プロデュース」という文字に父親が敏感に反応。勝手に話を進められていたんだとか。その後、AKB48としてデビューしますが、当時の苦い思い出もいっぱい語ってくれました。(笑)
また、小さい頃から芸人に憧れていたという渡辺さんは高校受験に失敗したことで、NSC(吉本総合芸能学院)に通うため、地元のファミレスでアルバイトをしてお金を貯めたんだとか。「その頃はまだ痩せていた」という渡辺さんですが、「バイト先のまかないメシが美味しくて25キロくらい太った。」と告白。しかも、その原因はご飯のサイズに!?なんと、特盛り以上の"ナベ盛り"という言葉まで生まれたという程(笑)そして、NSCに通い始めたものの、「かなり厳しかったから思い出したくないもん、NSC時代。」と暴露!さらに"ビヨンセネタ"がブレイクしたきっかけは先輩の今田耕司さんというウラ側についても語ってくれました。
さらに!!最後には親友・大島さんの前で新ネタ初披露してくれた渡辺さん。ずっと笑いの絶えないドライブとなりました☆

ゲストプロフィール

大島 麻衣さん

1987年9月11日生まれ  千葉県出身
2005年新大久保でスカウトされ、『AKB48オープニングメンバーオーディション』の最終審査から参加。応募総数7,924名で最終合格者24名という難関の中、見事合格。AKB48としてデビュー。
2005年12月8日AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った
2006年2月発売の『桜の花びらたち』~2009年3月発売の『10年桜』までシングルCDで選抜メンバーにとして活躍。2009年4月にはAKB48を卒業。
その後、グラビアやバラエティ・スポーツ番組などで幅広く活躍。
今年1月には女優デビューを果たした。

渡辺 直美さん

1987年10月23日生まれ 茨城県出身
2006年18歳の時、 吉本興業の若手芸人養成所・NSC東京に12期生として入学。
2007年末、先輩らが来るオーディションで"ビヨンセ"ネタを披露し、今田耕司の目に留まり、今田の推薦でテレビ初出演を果たす。 その後、一躍注目を浴び、バラエティ番組に出演し始める。その後、CMにも出演し始め、そこでもコミカルなダンスを披露。
2011年にはテレビドラマで女優デビューを果たし、今年3月にはバラエティ番組のキャラクター「白鳥美麗」名義でCDを発売し、オリコン週間ベスト10入り。
バラエティ番組からドラマなど、多方面で活躍中。

今回のドライブコース

HONEY CAFE 2号店

住所: 新宿区大久保2−32−4−2階
新大久保コリアタウンにあるカフェ。パッピンスやハニーホットクなど韓国ならではのスイーツも堪能出来る。しかも、作ってくれるのは韓流イケメン店員。店内にはK-POPのミュージックビデオが流れ、韓国のカフェ気分を味わえる。

営業時間: 11:00~23:30
定休日: なし

http://82cafe.jp/index.html

TAKEYA

住所: 台東区浅草2−25−5
電話: 03−3841−6555
浅草ひさご通り商店街にある家庭料理を提供してくれるお店。オススメの料理は刺身や鶏唐揚げ南蛮。そのほか、ハンバーグやビーフシチューなど大人から子供まで家庭料理が楽しめる。アットホームでくつろげる空間の店内はまるで家で食事をしている感覚に。

営業時間: 
 (平日)17:00~24:00 
 (土日)12:00~14:00 17:00~23:00
定休日: 月曜日

http://www.asakusa.gr.jp/shop/takeya.html

今回のロケ(秘)裏話

朝、顔を合わせた瞬間に大はしゃぎするお二人。
まずは女の子らしく衣装の会話から…
渡辺:「私のTシャツ、イヌの画!」
大島:「私、ネコちゃん!!今日は衣装を直美ちゃんと合わせたかったの」
と、渡辺さんが黄色で、大島さんがピンク。 二人ともパステルカラーで、いかにも息ぴったりの色合わせ! なんとも仲良しぶりが垣間見えた瞬間でした♪ そして、韓流イケメンがいるカフェでは… モニターに映し出させた韓流アイドルたちのPVをみながら、二人で大爆笑! 何が面白いのかスタッフには分かりませんでしたが(笑)、2人でいると本当に笑いが止まらない!渡辺さん曰く「ツボが一緒なんですよね、何をするにも。」と、撮影から休憩まで常に"笑い"の絶えない空間となりました☆

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、「優しいブレーキ」を心がけているという大島さんの運転で都内をドライブ!
「ドライブいいね~」と声を揃えるお二人。
実はお二人、韓流アイドルにハマっているらしく、ライブを見るためにさいたまスーパーアリーナまでドライブしたんだとか。
渡辺:「行ったのいつだっけ?」
大島:「結構前じゃない?寒かったっけ?
窓全開にして、直美ちゃんフ~~とかやってたじゃん!」
渡辺:「うちらのドライブは音がないと始まんないんだよ。」
大島:「楽しかった。爆音だったよね。」
と、ノリノリのドライブ思い出話は止まりませんでした↑↑↑

そして、今回のクルマ「ソリオ」について…
渡辺:「このクルマ、めっちゃよくない?」
大島:「このクルマめっちゃ運転しやすい。広く感じる。」
渡辺:「見た目、小さめなのかなと思ったけど、乗ったら全然!私でもゆったりだもん。」
大島:「そうだね、広めの空間。」
渡辺:「天井も高いしさ。あとスライドドアね。ちっちゃいのにスライドドアね。
(クルマから)出るときに人一倍開けないと出られないから、駐車場とか大変なのよ。
だからスライドドアだったらスッと出られるから。」
と、ドライブ大好きな渡辺さんも「こういう形のクルマ理想だわ。」とお気に入りの様子♪
さらに!
大島:「運転する人しかわかんないけど、アクセルブレーキの感覚がスゴくフィットする。
ブレーキの遊びがちゃんとあるから、グンッてならない・(笑)。
しかも停まる度にエコになるじゃん?」
渡辺:「1回1回エンジン切れるよね!エコ車だよ!!」
大島:「自然に地球に優しい。」
と、運転の大島さんも大絶賛でした☆

今回の1台

フロアマットからシートまでをもチェックで決めたインテリア。クールに決めたフロントマスク。これが、新しいSOLIOのSTYLE。

>スズキ ソリオ ブラック&ホワイトはこちら