SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

10月27日(土)
第80回ゲスト:錦野 旦×麻丘めぐみ


今回のゲストは…錦野 旦さんと麻丘めぐみさん。
「ドライブデートなんて初めて」と何だか恋人気分なお二人♪「遠足前の様に眠れなかった」という麻丘さんを助手席に乗せ、錦野さんの運転でドライブ☆
そして、お二人とも"韓流"にハマっているということで、韓国屋台をイメージしたお店で韓国料理を堪能!そしてドライブの最後は、お二人の出会いの場所へ…懐かしい写真を片手に、若かりしあの頃にタイムスリップしたお二人でした!

お二人の出会いは、なんと42年前!当時、麻丘さんが「セブンティーン」のモデルをしていた時代。錦野さんの特集記事で一緒に写真を撮ったそうで…「錦野さんは(歌手)デビューしていて、テレビで見ている人だったから凄く緊張した。スターを前に何を話したら良いか分からなかった」という麻丘さんですが、錦野さんは色々と話しかけてくれたそうで「なんて、優しい人なんだろう」と思ったとか。そして、当時の事を覚えていた錦野さんは「やっぱり可愛かったからね。可愛かったもんな~」とお二人にとって印象深い出会いだった様。
そして、トークはお二人のデビュー秘話に…お姉さんの影響で3歳の頃から子役として活躍していたという麻丘さん。11歳で上京し「お姉ちゃんがスターになる為には私が稼がなきゃ行けない」という思いからモデルの仕事をしていたとか。そんな中、お姉さんの営業に同行していた麻丘さん自身がスカウトされ、デビューすることに。今となってはデビュー曲「芽生え」は、私の人生が変わった曲だというものの、当時は「嬉しいんだけど、どうしてこれは姉じゃないんだ?って悲しくて、複雑な気持ちだった」と、胸の内を語ってくれました。さらに、「わたしの彼は左きき」が大ヒットした際、「左利きというのは直された時代だけど、皆男の子たちが右利きなのに左利きにしたり、デパートに左利きのコーナーができたりした」など当時の大ブームぶりを披露。そして…錦野さんからは"♪意~地~悪なの~"の部分に「何とも言えない色気を感じる。今でもキュンとなる(笑)」と、暴露話も飛び出しました。
そんな錦野さんは、高校卒業後、大分のキャバレーでトランペット吹として働いていた時にスカウトされ鹿児島へ。そこで修行中に音楽家・浜口庫之助先生を紹介され上京。レッスンを受けながらも先生の運転手をしていたという錦野さんですが、ある日、先生から「あきら、デビューしたいか?」と聞かれデビューが決定。そして「空に太陽があるかぎり」が大ヒット!「ヒット曲はこれくらいしかない。この曲で、ココまで来たんだなと思う」と、今でも感謝し切りな錦野さん。さらに!当時は、"どんな会場でも歌え"という時代だったと声を揃えるお二人。地方の映画館が会場となった際には「ショーが始まったと同時に照明が落ちて、ろうそくを持って歌った」など珍エピソードも飛び出しました!
アイドル時代の思い出話から"スター誕生"秘話まで語り尽くしたお二人でした♪

ゲストプロフィール

錦野 旦(にしきの あきら)さん

1948年12月14日生まれ 大分県出身
1970年CBSソニーより「ソニー演歌の騎士(ナイト)」のキャッチフレーズでデビュー。デビュー曲「もう恋なのか」で第12回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。さらに、NHK「紅白歌合戦」に出場し、その後、連続6回の出場を果たす。1993年 バラエティ番組出演し、「スター」の称号をもらう。それ以降、バラエティ番組でも活躍。2000年、芸名を「にしきのあきら」から「錦野旦」に改名。テレビやディナーショー・コンサートなどでダイナミックな歌唱にパワフルなダンス、そして絶妙なトークで活動の場を広げ、世代を超えて多くの人々に親しまれ続け、団魂世代のメッセンジャーとして活躍中。

麻丘めぐみ(あさおか めぐみ)さん

1955年10月11日生まれ 大分県出身

3歳から子役・CMモデルとして活躍し、雑誌「女学生の友」や「セブンティーン」で専属モデルとして活躍。1972年、17歳の時「芽ばえ」でレコードデビュー。同年、レコード大賞最優秀新人賞受賞。その後「悲しみよこんにちは」「女の子なんだもん」など次々とヒットをとばし、73年「わたしの彼は左きき」が大ヒット。左ききブームを巻き起こし、数々の賞を受賞。さらにNHK「紅白歌合戦」初出場を果たすなど、70年代を代表するトップアイドルに。1977年 21歳の時、結婚の為引退するも1983年に芸能界復帰。以降、シングルの発売や舞台、テレビなど様々な場面で活躍。2000年には「シアタードリームズ・カンパニー」を主宰し自ら芝居のプロデュース・演出も手がけた。

 

今回のドライブコース

韓(ハン)チョアヨ

住所: 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-4-5
電話: 0466-86-7007
韓国の屋台をモチーフにした本格的韓国料理店。店内には韓国から全て取り寄せているという食器やテーブルが並ぶ。さらに大画面にはK-POPが流れ、本場さながらの雰囲気が楽しめる。
「自家製キムチ」や「ヤンニョムチキン(ピリ辛から揚げ)」はお店自慢の逸品。韓国屋台でおなじみのメニューが手軽な値段で堪能出来る。

営業時間 11:30~24:00
定休日 不定休

茅ヶ崎海岸

住所:神奈川県茅ケ崎市
古くから日本を代表する海水浴場として知られ、サーフィンやマリンスポーツなど1年を通して楽しめる国内有数の海。海岸からは烏帽子岩や富士山、江ノ島を眺めることができ、サイクリングやジョギングなども楽しめる場所としても人気。

今回のロケ(秘)裏話

「(お互いに)どこに行こうか?」と車内で話していると、
偶然にも「全く同じ場所」を言った2人。
そして、いざその景色を目の前にした錦野さん。
錦野:「まさにココだよ!!」と、当時を思い出してくれたご様子♪
そして、若かりし頃を思い出したかの様に麻丘さんの手を引き、思い出の場所に走って行く錦野さんは、テンション上がりまくり↑↑↑
さらに、"サプライズ"で麻丘さんに見せたい!という、ファンから頂いた"スクラップブック"を自ら用意。そこには、今回訪れた思い出の海岸で撮影された貴重な写真が…
これには麻丘さんも感激しきり!!
そして撮影が終わると…「もう一つ見せたいものがある」と、錦野さん。
これまたファンから頂いたというもう一冊の"スクラップブック"を手に、「これ、トリンドル玲奈ちゃんに似てるなと思って!」と、麻丘さんにデビューの頃の写真を見せると、「うわっ!懐かしい!!これ、レコード大賞の時の写真~。この頃、可愛かったね(笑)」と、麻丘さん。
若かりし頃の思い出に浸るお二人でしたが、「いや~、想像していなかったな。40年後にココに来るなんて…」と声を揃えていらっしゃいました。

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、40年来のお付き合いだというお二人が、初のドライブデート!
「女性を助手席に乗せるのは女房以外には初めてだな~」という錦野さんに、「うそぉ~!でもそういう事にしておきましょう(笑)」と麻丘さん。
錦野さんのエスコートで、真っ赤な「ワゴンRスティングレー」に乗りこみ、ドライブスタート!
出発するやいなや…
麻丘:「本当にこのクルマ静か。エンジン音が本当に静かだし…」
錦野:「これ良いよね~、欲しいもん」と、気に入って頂けた様子♪
そして、アイドルデビューし、人気を博したお二人。
当時は、なかなかドライブデートすら出来なかったと言います。
錦野:「我々、芸能界に入ってそういうことが全然なかったから。
デートしてこうやってどこかに行くっていうのはなかった。」
だからさ、独身同士だったらさドライブに行ってドキドキしながら…」
と、憧れ(?)を語った錦野さんですが…
麻丘:「え~、スミマセン!ちょっと訂正させて頂いてよろしいでしょうか?
私、独身ですから!!(今は)ドライブデートも出来ますので。」
と言う麻丘さんに、「そうかっ!」と言わんばかりに苦笑い。
しかし…
麻丘:「やっぱり(若い時に)そういう事がないと、そういうのに憧れるでしょ?」
と、やはり麻丘さんも憧れを抱いていたご様子でした。(笑)
そして・・・
麻丘:「ドライブという不思議な空間は、クルマの中は二人だけでしょ?
この空間って凄く近くなれるし、普段言えないことをポロッと言えたりする。」
と、撮影を終えた麻丘さんにとってドライブは、特別な空間になった様です☆

今回の1台

SPARKLING LED EYES.
魅惑のまなざし。誘惑の視線。その瞳には、一瞬でハートを射抜く輝きがある。眼をあわせた瞬間、きっと心が走り出す

> ワゴンR スティングレー サイトはこちら