SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

12月8日(土)
第86回ゲスト:黒部 進×森次 晃嗣


今回のゲストは…
俳優の黒部 進さんと森次晃嗣さん。
ボクらの永遠のヒーロー "ウルトラマン"と"ウルトラセブン"の夢の初共演です!!
お二人は、イベントでの共演はありますが、テレビ番組ではなんと初共演出演なんだそうです!

ドライブの出発は、祖師ヶ谷大蔵の「ウルトラマン通り」。駅前にあるウルトラマンのモニュメントを見ながら「思ったより小ぶりだな~」と言いながら、昔の東宝撮影所があった場所へ向かいます。

すると「雨の日も晴れの日も、駅からトボトボ歩いたよな~」「撮影所はトタン屋根で、夏は暑くて隊員服の下半身はパンツ一枚だった」「冬は吹き込んでくる雪を掃除しながら撮影した」等々…苦労話が尽きません(笑)
また、ウルトラマンの「スペシウム光線」は、ウルトラマンの中に入っている役者の背が高くて、撮影所に屈んで入ってきた姿が良いという事で、少し屈む姿勢で出すようになったなどの秘話も飛び出しました。

そして、放送から45年経った今、当時のファンは今もファンでいてくれて、イベント等でお会いすると「50代の男性が自分たちを見て感動して涙を流してくれる」事にお二人ともいつも感激するそうで…「ヒーローは、永遠にヒーローであり続けなくてはいけない」と黒部さん。だから体調を維持するようにお二人ともトレーニングを続けているなど、ヒーローたる想いを語ってくださいました。

そう話をするうちに、クルマは、ウルトラマンもセブンも撮影で訪れたという富士五湖の「西湖」に到着。真っ青な空の下の見事な紅葉と富士山の絶景を前に「これ特撮?CG?」とおどけるお二人(笑)
そしてなんと!その絶景を背に、ウルトラマンとウルトラセブンが揃って、懐かしの「変身ポーズ」を披露してくれました!!

ゲストプロフィール

黒部 進(くろべ すすむ)さん

1939年10月22日生まれ 富山県出身
1962年に東宝ニューフェイスに選ばれ、1963年、東宝映画「暁の合唱」にてスクリーンデビュー。
1966年「ウルトラマン」のハヤタ隊員役に起用される。
同作品は40%近い平均視聴率を誇り、一躍子ども達のヒーローに。
また、2008年に公開された劇場版「大決戦!超ウルトラ8兄弟」では娘との共演を果たした。
東宝退社後もドラマや時代劇で数々の役をこなし、中でも悪役を多く演じ、クセのある演技が注目される。
役者以外には自伝や料理本の執筆を手がけるなど、多岐に渡り活躍。

森次 晃嗣(もりつぐ こうじ)さん

高校卒業後に上京し、モデル活動を行いながら役者を目指す。1965年ドラマ「青春をぶっつけろ」でテレビデビュー。
さらに同年、松竹映画「柔旋風、怒濤の対決」にてスクリーンデビューを果たす。
1967年「ウルトラセブン」のモロボシ・ダン隊員役に抜擢され、正義の味方として人気を博す。
1974年には「ウルトラマンレオ」でモロボシ・ダン隊長として再びシリーズに登場。
その後もの劇場映画や「水戸黄門」「必殺シリーズ」などの時代劇まで、多岐に渡りテレビドラマで活躍。
また、芸能活動の傍ら自信がオーナーを務めるレストラン「ジョリーシャポー」を経営する。

今年7月に発売したタブロイド版「ウルトラセブン45周年特別号」は、森次晃嗣さん をはじめとする出演者、スタッフなどを取材し、45年を経ても尚、ファンからの熱い 支持を受ける「ウルトラセブン」の人気の秘密に迫っています。
また、「セブン」を 見て宇宙飛行士を目指したJAXA宇宙飛行士・古川聡さんの単独インタビューも掲載。
購入希望者は定価300円に送料の100円を足した400円分の切手を同封の上、下記までご応募ください。

〒108—8485 報知新聞社販売局「ウルトラセブン特別号」係
住所、氏名、電話番号を必ず明記して下さい。
(※若干の部数在庫あり)


今回のドライブコース

ほうとう不動

住所: 山梨県南都留郡富士河口湖町河口707
電話: 0555-76-7011
河口湖からほど近く、山々にも囲まれた山梨の郷土料理「ほうとう」を味わえるお店。
店内は日本伝統の蔵造りをイメージした木のぬくもりを感じられる。
1種類の「ほうとう」にこだわり、自家製でコシのある麺を、南瓜や山菜など富士の味覚を加えて煮込んだ「ほうとう」は絶品。その他にも黒糖で炊き込んだお店特性のお稲荷さんや、甲州名物馬刺しなど、地域ならではの味が楽しめる。

営業時間 11:00~19:00
定休日  年中無休

西湖(さいこ)

住所: 山梨県南都留郡富士河口湖町
霊峰富士と神秘の森青木ヶ原樹海を望む富士五湖の1つ。逆さ富士を眺望できる湖としても知られている。カヌーや釣りなど、様々なスポーツを行えるうえに、近隣にはオートキャンプ場もあり、1年を通じて楽しめる。さらに、秋には360度の紅葉に囲まれ、大自然を満喫できる。

今回のロケ(秘)裏話

今回、東京~西湖と長距離移動の撮影ということで、何度か途中休憩をしたお二人。
あるサービスエリアに到着すると、「たいやきが食べたい!どら焼きでもいいや♥」と、黒部さん。お疲れのお二人に甘いものを是非食べて頂きたいと、お店に直行したスタッフ(笑)
そして、どら焼きを発見!購入しようとした所…「かりんとうも大好きなんだよ」と黒部さん。「家では禁止されているんだけどね」と、大好きな和菓子を目の前に目尻が下がりっぱなし。短い休憩時間なのに、どら焼きとかりんとうをあっという間に平らげたヒーローのお二人でした(^^)
そして、今回の最終目的地となった「西湖」。「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」の思い出の撮影の場所と聞いていたスタッフ。森次さんは「エレキング(第3話・湖のひみつ)の時に撮影で来た」と色々と思い出を語ってくれたのですが…黒部さんは「湖で撮影したのは覚えているけど…どこだったか覚えてない。でも、ボート置き場だったような…」と不安気。しかし、「あ!ココだ!!」と、ご記憶の通り、ボート置場を発見!
撮影の思い出が見事に蘇った黒部さんに胸を撫で下ろしたスタッフでした(笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

黒部さんを助手席に、森次さんの運転でドライブ開始!
森次:「珍しいね、2人で(笑)」
黒部:「こうしてさ、クルマの中、ましてや密室で仕事するって初めてだよね。」
森次:「ウルトラマンとウルトラセブンだよ。」
と、50年以上の付き合いだというお二人は、
2人きりのドライブに胸躍らせていた様子♪

さらに、今回のクルマ「ソリオ バンディット」について…
「乗り心地が良い」と声を揃えた、お二人。
さらに!
黒部:「このクルマは外から見たら小さく感じるけど、スペースが広いよね?」
森次:「広い。しかも、スゴイ運転し易いしね。」
黒部:「で、すごくエコカーじゃない?
(ブレーキを踏むと)エンジンが停まるでしょ?
アクセルを踏むとエンジンがかかるみたいね。優れているよ。」
と、エコカーに驚きを隠せない様子のお二人でした!

今回の1台

目ヂカラが違う。ツラ構えが違う。この顔に、クラっときたら。
Wanted! ソリオ バンディット!

> スズキ ソリオ バンディットはこちら