SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

2月2日(土)
第94回ゲスト:中井美穂×木佐彩子


今回のゲストは…フリーアナウンサーの中井美穂さんと木佐彩子さん。
「フジテレビ時代に一緒に仕事をしたのは約2年」という先輩・後輩ですが、現在は、旦那様の"野球"つながりで、家族ぐるみのお付き合いをしている仲だそう。そんなお二人が、懐かしのフジテレビがあった東京・河田町を散策!元祖「いちご大福」を頬張り…中井さんオススメの屋形船でもんじゃ焼きを堪能しながら、木佐さんも通ったお台場レインボーブリッジを周遊しました☆

「今日は懐かしい所、いっぱい行きますよ!!」とテンション高めの木佐さん。出発すると、すぐそこには神宮球場。お二人とも「取材の時に一番通った」と懐かしみながらトークが始まりました。入社当時は、アイドルアナウンサーだった中井さん「廊下を歩く姿が風を切る感じで、輝いていた」と木佐さん(笑)。さらに「美穂さんと八木(亜希子)さんのファンレターが多くて…」と話すと、「ファンレターっていうけど、クレームの手紙もいっぱいだったんだよ!」と厳しい手紙の中身もあったそう。そして、新宿アルタ前にクルマが差し掛かると…更なる思い出が!「木佐と言えば"ウミガメ"伝説!」と中井さん。「あれはタモリさんとゴルフの打ちっぱなしに行った時に"ウミガメ"の動きに似ている瞬間があったのをタモリさんが見ていたことがキッカケ」だったらしく、「(自分としては)喜んでやっていなかった。出演者が盛り上がっている中、場の温度を下げてはいけない。やるなら思い切ってやっちゃえ!とフジテレビの社員魂でやった」と胸の内も。さらにアナウンサーとはいえ「会社員」。新入社員ならではの仕事が…「男性アナだけの"コーヒー表"があって、"砂糖○個・ミルク○個"と書かれていて、それを見て淹れて配った」事など思い出話は尽きません。そして、結婚や出産を機に退社したお二人ですが、木佐さんが野村克也監督(当時)に結婚を報告した時、「克則じゃないのか?」と息子さんを薦められた(笑)話など、話題満載の女子アナトークはノンストップでした。

ゲストプロフィール

中井美穂(なかい みほ)さん

1965年3月11日生まれ  東京都出身
日本大学芸術学部を卒業後、1987年にフジテレビに入社。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」など、幅広いジャンルの番組を担当し、飾らない明るいキャラクターが大人気に。1989年にはテレビドラマ「同・級・生」に出演したことでも話題となる。1995年、ヤクルトスワローズの捕手・古田敦也氏との結婚を機にフジテレビを退社。現在は、フリーランスアナウンサーとしてスポーツ・情報・トーク・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演。また、雑誌・新聞などでの連載コラムや、イベント、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。

木佐彩子(きさ あやこ)さん

1971年5月26日生まれ  東京都出身
青山学院大学英文科卒業後、1994年にフジテレビ入社。研修期間を経てすぐに、昼の情報番組のレギュラー司会に抜擢。以降、人気アナウンサーとして『プロ野球ニュース』など様々な番組をで活躍。2000年プロ野球選手の石井一久氏と結婚。2002年、
出産を機にフジテレビを退社。その後、主人のMLB移籍に伴い渡米。2006年、夫の日本球界復帰に伴い帰国し、本格的にフリーアナウンサーとして復帰。現在は、BS朝日 報道番組「いま世界は」(毎週日曜日よる7時から2時間生放送)でメインキャスターとして活躍中。

今回のドライブコース

和菓子処 大角玉屋 本店

住所: 新宿区住吉町8-25
電話: 03-3351-7735
創業100年の老舗和菓子店。どら焼きやみたらし団子、ようかんなどの生菓子、焼菓子をはじめ、オーダー和菓子やオリジナル和菓子を販売。中でも「いちご大福」は発祥のお店として知られ、今や春の和菓子として定着した「いちご大福」の人気の先駆けとなったと言われている。

営業時間:9:00~19:30

http://www.oosumi-tamaya.co.jp/

月島もんじゃ屋形船(江戸前汽船)

住所: 江東区新木場2-6-3
電話: 03-3533-6600
創業15年、「元祖・月島もんじゃ屋形船」は船内で本格月島もんじゃ焼きを食べながら、お台場を周遊。その他、東京スカイツリーが見られる隅田川&東京湾周遊コースも。屋形船の中は寒い季節でも鉄板があるのでポカポカ。1人3900円・4900円で飲み放題&もんじゃ、お好み焼き、焼きソバが食べ放題!

受付時間 10:00~20:00 ※年中無休

http://www.4900yen.com/

今回のロケ(秘)裏話

先輩・後輩の関係とはいうものの、今では家族ぐるみのお付き合いをしているお二人。
撮影中、お互いの呼び名のお話に…
「仕事の話をする時は"木佐"って呼び捨てになる。普段は"彩"って呼んでいるのに。」と、中井さん。何だか不思議な感覚の様。そして、木佐さんは…お子様が小さい時に中井さんを(ミホ~と発音できず(^_^;))「みも~」と呼んでいたことから、木佐さん自身も「みも~」と呼んでいるとか。
でも、今回はお仕事ということもあり、「美穂さん」としっかり呼んでいました。(笑)
そんなお二人は本当に仲良しで、出発前の打合せの時からトークは途切れること無く続き…最後の屋形船の撮影終了後もず~~っと話しっぱなし!
いつもはご家族同伴なので、久しぶりの2人きりトークで充実した時間を過ごして頂けたかなと思うスタッフでした。(笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、木佐さんが、先輩・中井さんを助手席に乗せ、
初めて運転するクルマにちょっぴり緊張気味でしたが…
中井:「東京は運転するの大変じゃない?海外での運転の方が圧倒的に長いでしょ?」
木佐:「ロスの時が一番運転したかな。逆に運転しないとどこも行けないというか。
(そこでは)クルマが自分の足みたいな感じだから。」

と、信号待ちで...
木佐:「何!?コレ、最新のクルマ?自動的にエンジンが止まったの?」
中井:「そうそうそう、信号で停まる度に…勝手にやってくれるんだ!?」
木佐:「スゴイね!良いクルマだね!!」
と、エコカーに大興奮♪そして…
中井:「しかも、中が広いね。 
良くCMとかで広々とか言っているけど、
ちょっと『ホント?』と思っていたけど、本当に広い!!」
木佐:「(運転席と助手席の間に)もう1人入るよね?大きさ的にね。」

今回の1台

クルマの発電にムダなガソリンを使わない「エネチャージ」をはじめ、さまざまな革新の低燃費技術を搭載。日本が待ってた、エコカーです。

 

> スズキ ワゴンR サイトはこちら