SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

2月9日(土)
第95回ゲスト:研ナオコ×野口五郎


今回のゲストは…歌手の研ナオコさんと野口五郎さん。
デビューから42年、そして出逢ってからも42年!というお二人の原点を巡るドライブ!研さんがデビュー前、モギリのアルバイトをしていたという日比谷スカラ座から、野口さんが上京して住んでいたという浅草を巡ります。そして最後は、野口さんオススメの天ぷら屋さんで、極上天丼を堪能しました(^^)/

お二人は、テレビ番組のオーディションで知り合ったそうですが…研さんは野口さんを見て「あ~売れないだろうな」と思い、野口さんは研さんを見て「絶対ダメだ」と思ったとか(笑)。それから42年の中で、着かず離れず、ケンカもせず、姉弟のような、「あと人生5回繰り返しても、こんな関係の人には会えない気がする」と言うほどだそう。
しかし、お二人のデビューは最初から順調ではなかったそうで…キャバレーやスナックに営業で回った頃の苦労話に…野口さんは「当時、白い衣装にボトル1本かけられてその夜、宿で衣装を洗っても当時のドライヤーでは朝までに乾かなくて大変だった」とか。そして、研さんも「タバコ投げつけられたりするから、タバコのよけ方がうまくなった。ホテルには泊まれないから怪しいところに泊まった」など振り返りました。

野口さんと言えば、西城秀樹さん、郷ひろみさんと共に『新御三家』と呼ばれ人気を博しますが、西城さんと郷さんより1年早くデビューしていた野口さんは、「同年代の男性がデビューするのが嬉しくて、レコード会社や局に行った時に「今度、郷ひろみがデビューします」と郷さんのブロマイドを配っていた。など意外な秘話が飛び出します。そして、二人にとって忘れられない番組『カックラキン大放送』…坂上二郎さんや井上順さんら、人気番組のウラ話も飛び出します!!

野口さんの原点・浅草では、野口さんが上京して住んでいたというアパートが、今も残っていました!!!
真面目な話をしながらも、合間にコントのような絶妙な掛け合いが飛び出す大人なドライブになりました(^^)

ゲストプロフィール

研ナオコ(けん なおこ)さん

1953年7月7日生まれ  静岡県出身
1971年東宝レコード第1号歌手として「大都会のやさぐれ女」でデビュー。1972年にはドラマ「時間ですよ」にゲスト出演し、女優デビューを果たす。1975年「愚図」がヒットし、翌年には「あばよ」でNHK紅白歌合戦初出場を果たす。歌手活動の傍ら、バラエティ番組「カックラキン大放送!!」に10年間レギュラー出演。同時にテレビドラマやCM・映画などにも多数出演。1987年には結婚・妊娠を発表。その後も音楽活動から女優・バラエティ番組などで活躍。2001年テレビののチャリティマラソンに挑戦。初の女性ランナーとして85キロを完走。2011年 芸能生活40年を迎え、「その族の名は『家族』」で初舞台に挑戦!また、40周年企画ジョイントコンサート野口五郎/研ナオコ SPECIAL STAGE~お気に召すかな!?~を開催。現在も歌手、女優、タレントなど多方面で活躍中。

野口五郎(のぐち ごろう)さん

1956年2月23日生まれ  岐阜県出身  1971年、「博多みれん」でデビュー。2枚目のシングル「青いリンゴ」がヒットし、翌年にはNHK紅白歌合戦出場を果たす。この頃から、西城秀樹・郷ひろみとともに"新御三家"と呼ばれる。1975年には実兄が作曲した「私鉄沿線」を発売し、代表曲となる。そして、バラエティー番組「カックラキン大放送」でもレギュラー出演。80年代には帝国劇場「ロミオとジュリエット」に主演するなど舞台へも活動の場を広げた。2001年タレントの三井ゆりさんと結婚。翌年には長女が誕生した。2010年 全国にて40周年企画ジョイントコンサート野口五郎/研ナオコ SPECIAL STAGE~お気に召すかな!?~を開催。
現在もライブ活動を行い、歌手、俳優、タレントとして多方面で活躍中。

今回のドライブコース

TOHOシネマズ・スカラ座

住所: 東京都千代田区有楽町1-1-3
電話: 03-3591-5358
1955年に設立した伝統ある数少ない劇場。閑静な日比谷位置、『旧・日比谷スカラ座』の系譜をもつ。現在、スカラ座では主に超話題作を上映。公開初日には出演俳優による舞台挨拶が多く行われる。館内は654席のスタジアム型座席配置で、横幅約15mの巨大スクリーンで迫力ある映像が楽しめる。

http://www.tohotheater.jp/theater/034/institution03.html

大黒家天麩羅

住所: 東京都台東区浅草1-38-10
電話: 03-3844-1111
創業 明治20年、120年以上の歴史を持つ浅草名物・天丼のお店。観光客で大行列ができる程の人気店。創業以来、甘辛く・濃厚なダシの味を守り続け、ご飯が見えないくらい大きく、ドンブリからはみ出た天丼はボリューム満点。中でも、車エビが4本ものったえび天丼は大人気!

定休日:11:10~20:30 (年中無休、土・祝は21:00まで)

http://www.tempura.co.jp/

今回のロケ(秘)裏話

研さんが、昔「モギリ」のバイトをしていたという日比谷スカラ座では、突然「ちょっとやってみよう!」と、野口さんが客役、研さんが「モギリ」の女性役でやり取りが始まり、スタッフ大爆笑☆
また、浅草に着くまでに、スカイツリーの横を通りましたが、「私、こんなゆっくりアチコチ行くの初めて」と研さんは、助手席でキョロキョロ。「上京したての田舎者になってるよ!」と野口さん。しばしの東京見物を楽しんでくださったようでした(^^)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

野口:クルマに乗ってる時間っていいよね。
研 :私も(クルマ)大好きなんだよね~。何してるときが楽しい?
野口:妄想かな。
研 :やっぱりね~。1人が好き?
野口:1人が好き。台本とかもクルマの中で覚える。
研 :一緒だ!
と、お二人とも普段からクルマという空間が大好きなご様子♪
しかも研さんは、好き過ぎて、免許を取る前にクルマを買ってしまったんだとか(笑)

そして、今回のクルマ【ワゴンRスティングレー】について…
野口:(このクルマ)良いですよ!すごい広いっしょ?
研 :乗った瞬間ビックリした!
野口:前がすごい広いよね。
研 :外から見るとそんなに広くないだろって思ったんだけど…
野口:中に入ってビックリよ!
研 :運転しやすい?
野口:実に運転しやすい。広くて…
「クルマの玉手箱」って感じだね!表現上手いね、僕ね~。(笑)
と、ゆったり空間に満足したご様子でしたのお二人でした☆

今回の1台

SPARKLING LED EYES.
魅惑のまなざし。誘惑の視線。その瞳には、一瞬でハートを射抜く輝きがある。眼をあわせた瞬間、きっと心が走り出す

> ワゴンR スティングレー サイトはこちら