SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

4月27日(土)
第106回ゲスト:小倉久寛×小橋建太


今回のゲストは…俳優の小倉久寛さんとプロレスラーの小橋建太さん。
引退目前アスリートがひとときの癒やしを求めてドライブ。知る人ぞ知るスイーツ男子(!)二人が、極上のメロンケーキを堪能し、極小サルとの触れ合いでメロメロです!

出会いは、知り合いの結婚式の二次会だったそうで、銀座のクラブでお店の女性とは一切喋らず、プロレス談義をして過ごし…それ以来20年のお付き合い。
小橋さんは2年間のサラリーマン生活を経て、夢が諦められずプロレス界へ。
最初は、ジャイアント馬場さんの付き人から始まったそうで…「厳しさの中に優しさがあった。馬場さんを見ていて良い年の取り方をしたら、あのような顔になるんだ」とずっと思っていたとか。また「母子家庭だったので、馬場さんに父を感じていたのかもしれない」と馬場さんへの想いを語ってくれました。

一方「小橋ちゃんにとっての馬場さんが、僕にとって三宅さんだな」と小倉さん。年齢は3歳違いですが、それ以上の存在感だそうですが、SET(三宅裕司さんが主宰する劇団スーパーエキセントリックシアター)が売れる前には「やる事がなくて毎日一緒に飲んでいた」そうで、ある日「俺ら売れるよな?」と誰に話すでもなく、ボソッと呟いたのを今も鮮明に覚えていると当時のエピソードが飛び出しました。 また、プロレスフリークの小倉さんは、若き日の小橋さんに「ブルーノ・サンマルチのようになれ!」と言ったことがあるそうで、「俺って、失礼なこと言ったよね~」と言う小倉さんに「小倉さんのあの言葉でサンマルチを研究して、僕の"フルネルソン"という技が生まれたんですよ」と小橋さんが告白!

また、5月11日に引退試合を控えている小橋さんですが、「夜も寝られないくらいに悩んだ末に決断しました」と、引退を決意するまでの想いも激白!「プロレスラーとして、悔いはない。引退試合はお祭りにしたい!」
最後は、「サルを飼いたい!肩に乗せて、会場入りするのが夢」という小橋さんが、「普段はなかなかペットショップに行く機会がない」ということで、動物大好きな小倉さんと共にペットショップへ。【コモンリスザル】を肩に超ご機嫌でした。

ゲストプロフィール

小倉久寛(おぐら ひさひろ)さん

1954年10月26日生まれ 三重県出身
大学在学中、劇団「大江戸新喜劇」に入団。1979年三宅裕司主宰「劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」の旗揚げに参加。以降、数多くの作品に出演し、その独特の風貌とコミカルな動きなどで人気を博す。また舞台以外にも、映画やドラマ・CM・声優など幅広く活躍し、1994年 元宝塚歌劇団女優・速水渓さんと結婚。2008年からは自身が主演を務める「ひとり立ち公演」を立ち上げ、50代にしてダンスを中心にしたプロデュース公演を行っている。

小橋建太(こばし けんた)さん

1967年3月27日生まれ 京都府出身
1987年 全日本プロレスへ入団。1993年 三沢光晴とタッグを組み、世界最強タッグ決定リーグ戦初優勝第24代世界タッグ王者に。その後、94・95年と3連覇を達成。1998年 第19代三冠ヘビー級王者に君臨。2000年、全日本プロレスを退団し、新団体「プロレスリング・ノア」へ移籍。 しかし、2001年に肘、膝など5度の手術で長期欠場。復帰後、2003年にGHC王座を獲得すると13度連続防衛に成功し、"絶対王者"と呼ばれる。しかし、2006年腎臓癌が見つかり、摘出手術を受ける。後、2007年12月2日に武道館で546日ぶりに奇跡の復帰を果たした。その後もケガをしては復帰を繰り返していたが、2012年 12月9日、両国国技館で引退を表明。2013年 5月11日、日本武道館にて 「FINAL BURNING in Budokan 小橋建太引退記念試合」を開催。

今回のドライブコース

パティスリーSATSUKI

住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階
TEL:03-3221-7252
ホテルニューオータニのシェフパティシエ 中島眞介氏のオリジナルケーキと50種類もの焼きたてパンが楽しめるお店。オーダーメイド感覚で選べるバラエティ豊かなバースデーケーキをはじめ、厳選素材のみで作られるスーパーシリーズのショートケーキやプリン、そして、焼きたてのホテルブレッド・各種ギフトまでSATSUKIブランドならではのアイテムが揃う。

営業時間 (テイクアウト)11:00~21:00 (イートイン)6:00~24:00
定休日  無休
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p_satsuki/index.html

インナー・シティ・ズー ノア(※会員制)

住所:横浜市金沢区白帆4-3 シーサイドピアビル 2F
TEL:045-778-1234
動物たちに『見て・触れ合って』お目当てのペットを探せるペットショップ。犬やネコ、フェレット、ウサギなどの人気ペットからサーバルキャット、コツメカワウソ、ナマケモノ、アルダブラゾウガメなどの稀少動物まで哺乳類・鳥類・爬虫・両生類あわせて400種以上のペットを展示・販売している。

営業時間 (平日)12:00~20:00 (土日祝日)11:00~20:00
定休日   無休

http://www.kentosh.co.jp/noah/

今回のロケ(秘)裏話

「サルを飼いたい!肩に乗せて、会場入りするのが夢」という小橋さん。「普段はなかなかペットショップに行く機会がない」ということで、動物大好きな小倉さんと共にペットショップへ。【ピグミーマーモセット】という"小さなサル"がお目当てだった小橋さん。しかし…撮影で触れることができたのは動きのゆっくりした【ピグミースローロリス】。クリクリした目を見たとたん、小倉さんも小橋さんも目尻が下がり「こんな目で見つめられたら…」と一目惚れ♡小橋さんお目当ての【ピグミーマーモセット】はそっちのけでした(笑)
さらには【コモンリスザル】を肩に乗せ、夢を叶えた(?)小橋さん。元気に人の肩を飛び歩くので、小倉さんと共に、体を使ってサルと遊びました☆そして、スチール写真撮影時、スタッフが目線を貰う為に「サル~、サル~」と呼ぶと、「サルではありません。コモンリスザルです!」と、小橋さんから注意が(笑)。愛情たっぷりな笑顔を見せてくれました。撮影終了後には、「やっぱり、ピグミースローロリスを飼いたい。」と小倉さんに打ち明け、「あとは奥様を説得すること」と大爆笑しました。

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

最近は、練習に有明の道場へ毎日運転して行くという小橋さんがハンドルを握り、「どうしても行きたい所があるので、一緒に行ってもらっていいですか?」と、小倉さんを「ソリオバンディット」の助手席に乗せ、ドライブスタート!

小倉:ちょっと足、きつくない?
小橋:大丈夫です。このクルマ、思ったより広いんですよ。
小倉:広いよね。乗る時に「これは小橋はきついんじゃないか?」と思ったけどね。
俺なんか広々…身体ちっちゃいから。
小橋:ほんとに広々ですね。
小倉:すっげー余ってる(笑)
小橋:外から見るより中が広いですよね。
と、広々空間をお気に入り♪さらに…
小倉:停まるとエンジンも止まる。アクセルを踏むとエンジンも動き出す。
小橋:最新ですよね。
小倉:"エコ"が叫ばれているからね。
小橋:そうですね。どうなってんだろう?
と、エコカーに興味津々な様子でした!

今回の1台

目ヂカラが違う。ツラ構えが違う。この顔に、クラっときたら。
Wanted! ソリオ バンディット!

> スズキ ソリオ バンディットはこちら