SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

5月4日(土)
第107回ゲスト:白石美帆×住吉美紀


今回のゲストは…女優の白石美帆さんと元NHKアナウンサーの住吉美紀さん。 出会いは2年前、白石さんが出演するドラマの制作発表で、住吉さんが司会を務めた時。その初めての出会いから即、意気投合したという二人は"ソウルメイト"と声を揃える程、価値観がピッタリ合うんだとか。そんな二人が目指したのは東京・檜原村。「私たちが一番恋しかったモノ」と言うことで、日々の疲れを癒すべく大自然を求めガールズデートしました!!

「食事に出かけても、予想外に盛り上がる。趣味趣向が似ている部分がある」という二人の共通点は"キャスター"というお仕事。今では女優として活躍する白石さんですが、デビューはサッカー番組のキャスター。8年間務めていたことで、アナウンサーとして活躍する住吉さんと「同じことについて迷ったり、人に対しての気の遣い方というのが共通していた」からお互いに"ソウルメイト"のように感じたとか。 一方の、住吉さんがアナウンサーを目指したのは…「大学の研究の発表会で司会を務めた時に、厳しかった先生が"本物のアナウンサーみたいだったよ"と褒めてくれたこと」がキッカケとか。「厳しい人が急に優しい事を言って褒めてくれると20倍くらい嬉しいでしょ。」と、"アナウンサー"という職業を意識した瞬間だったとか。
NHKに入局後は、様々な仕事をしてきた住吉さんですが、「経験させてもらって良かったなって思うのは紅白歌合戦の生の現場。紅白の本番をあのホールで体験できて、すごく面白かった。リハーサルを入れたあの3日間くらいで、歌手・スタッフを含めた「気」が凄くて、女性ならではの体調面での変調が起こったり、前日は15時間も寝た…など紅白歌合戦の舞台ウラ話も飛び出しました!
また、自然と触れ合うことが大好きな二人は、"東京都"とは思えない大自然を求めて、川のせせらぎの聞こえるオープンエアのコーヒー店や、"日本の滝100選"に選ばれた「払沢の滝」へ沢登り…!!
"ソウルメイト"だから話せるガールズトークは止まる事を知らず(笑)充実した時間を過ごせたドライブとなりました♪

【お知らせ~白石美帆】
5・17(金)よる8:00~「ボクらの地球 絶景カンタービレ」に、"日本の絶景の音"を求めて北海道から西表島まで"音の旅人"として出演している。

【お知らせ~住吉美紀】
毎週土曜よる11:30~「小倉・住吉の音楽夜話~ミュージックヤワー」にて、小倉智昭とともにナビゲーターを務めている。

ゲストプロフィール

白石美帆(しらいし みほ)さん

1978年8月8日生まれ 茨城県出身
短大在学中に渋谷でスカウトされ芸能界入り。1998年「スーパーサッカー」でテレビデビュー。以降、「ワンダフル」「エンタの神様」など数々の人気番組で司会業をこなす。その傍ら、さらに、ドラマ「電車男」「どんと晴れ」「相棒」「マルモのおきて」などに出演するなど、幅広く活躍。2006年「ベルナのしっぽ」で映画初主演を果たし、女優として数々の人気作品に出演。現在、ドラマ・映画・舞台と多方面で活躍中。

住吉美紀(すみよし みき)さん

1973年4月5日生まれ 神奈川県出身
1996年 アナウンサーとしてNHKに入局。2007年「第58回NHK紅白歌合戦」で総合司会を務め、「プロフェッショナル 仕事の流儀」「スタジオパークからこんにちは」など数々の人気番組を担当。
小学校時代はアメリカ・シアトル、そして、高校時代はカナダ・バンクーバーで過ごした経験から、英語を生かした「シドニーオリンピック」や「2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会」などの海外取材や中継もこなす。2011年4月よりフリーに転向し活躍中。

今回のドライブコース

水の音(みずのね)

住所:東京都あきる野市小中野167(黒茶屋 敷地内)
TEL:042-596-4794
3000坪の広大な敷地を誇る日本料理店「黒茶屋」の庭続きにあり、美しい川の流れを眺めながらコーヒーやお茶を楽しむことができるカフェテラス。さらに、緑に囲まれた遊歩道を歩いていくと渓谷へ降りることも可能で、水のせせらぎを背に薪能や野外コンサートが度々開催されている。

営業時間:11:00~21:00(受付8:00まで)
営業期間:3月中旬~11月末
定休日:不定休
http://www.kurochaya.net/sisetsu-4.html

払沢の滝(ほっさわのたき)

住所:東京都西多摩郡檜原村403(檜原村観光協会)
TEL:042-598-0069(檜原村観光協会)
東京都で唯一「日本の滝100選」に選ばれた檜原村の滝を代表する名瀑。
落差は約60メートル、4段からなる。また、滝つぼには古くから大蛇が棲むと言い伝えられているほどの神秘的な滝。厳冬期には美しく結氷することでも知られている。

http://hinohara-kankou.jp/

今回のロケ(秘)裏話

"約1年ぶりの再会!"とあって、合うなり抱き合って再会を喜んだ二人。
「久しぶりすぎて話したいことがいっぱいある!」と、撮影中も休憩中もず~~~っと2人きりのトークを楽しんでいたのが印象的でした♪ それでも…「まだまだ話足りない!」と撮影後も「お腹空いたし、このままご飯でもどう?」と名残惜みつつ、撮影が終了しました。
最後は大自然の中の"滝"を見に行くということで、スタッフは日没時刻を心配をしていましたが(笑)、本当に仲良しな2人のガールズトークは止まらず…。しかし、大自然の中の撮影も日没ギリギリで終わり、胸を撫で下ろしたスタッフでした。(笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

「ふと思った時に(クルマを)走らせる」というくらい"ドライブ大好き!"な白石さん。
白石:何か(クルマの)空間とか好きなんだよね。
住吉:それは分かる!なんかマイルームみたいな…。
2人でいても落ち着く2人の空間ができるしね。
白石:そう!できるの。でも外なんだよ。見える景色は流れてくけど、この感覚がいいよね。
と、普段から大切な空間なよう…
今回は"ソウルメイト"住吉さんを助手席に乗せ、東京・檜原村の大自然を求めてガールズデート♪
すると…
住吉:恋人とか、付き合い始めとかはドライブデートがいいらしいよ。
白石:えー!そうなの!?
住吉:っていうのは、レストランとかだと向き合っちゃうじゃない?そうすると、緊張するし…
クルマは同じ方向を向いて座っているから、顔をずっと見なくてもいいから緊張が減って、
結構自然に会話が弾むって聞く。
白石:そうなんだ!いいこと聞いた。
と、ドライブデートをオススメした住吉さんでした♡
さらに… 白石:このクルマ視界も広いから見晴らしもいいよね。 住吉:空間も広いし、シートも繋がってるし居心地いいよね。 と、今回のクルマ"スペーシア"もお気に入りの様子でした!

今回の1台

女性の願いをかなえると、この軽になる。
スズキグリーンテクノロジーを採用し、広さと低燃費を両立した、まったく新しい軽自動車の誕生です。

> スズキ スペーシアはこちら