SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

5月25日(土)
第110回ゲスト:木下優樹菜×高橋 愛


今回のゲストは…タレントの木下優樹菜さんと高橋 愛さん
。 中学生の頃に出会い10年来の親友が、木下さん出産後、初のデート♪
アクティブに動きたい二人はボウリングで汗を流し、木下さん大好物の小龍包を求めて中華街までドライブしました☆
二人の出会いは、ご存知「モーニング娘。」のオーディション。お互いを見て、第一印象は「絶対友達にならないタイプ!」と思っていたとか。でも、「速攻仲良くなった(笑)。自然といつも一緒にいるようになった」と声を揃える2人。
オーディション中は、ずっと一緒にいる日々が続いたそうですが、結果は高橋さんが合格し、木下さんは不合格。「一緒に受かりたかった。相当泣いた」と高橋さん。「その気持ちがすごく分かって、優樹菜も家に帰ってから泣いた。何で私が落ちたの?じゃなく、愛が全然違う場所に行っちゃうんだと思った」と当時の思いが甦ります。「(オーディションが終わった)夏休み明けの優樹菜のグレ具合、半端じゃなかった」そうですが、モー娘。は大好きだったのですごく応援していたと言う木下さん。
活躍する高橋さんを見て、「愛は頑張っているのに自分は何にも頑張ってることなくてさ。
逆に、うち何をやってんだろって思った事あったよ」と初告白も!
そんな木下さんはスカウトされて19歳でデビュー。ある番組でつんくさんに会った時に「なぜ、モー娘。のオーディション落ちたんですか?」と聞いたら、「協調性がないから」と言われたとか。また、オーディションに落ちて一か月後に「一人でデビューしませんか?」と誘いがあったなど、秘話が次々飛び出します。
高橋さんは、モー娘。の5期メンバーとして活動しますが、「最初は名前で呼ばれずに"新メン"と呼ばれていた」「こんなに他人に怒られることないというくらい怒られた。自分の意見はなかった」など、"アイドル"である事の厳しさを学んだ秘話を語ってくださいました。また、22歳で17歳年上の(FUJIWARAの)藤本さんと結婚し、昨年女の子を出産した木下さんは「結婚はタイミング。子供は若いうちに産んだ方が良い!」と高橋さんにアドバイス。「付き合う時から結婚を決めていた」「家では、優樹菜が一番喋って笑わせている」等々…幸せエピソードも披露してくださいました!
出会いから10年来、いつも一緒にいなくても、お互いを思いやっている空気感で、爽やかな女子トークは止まることなく続きました☆

ゲストプロフィール

高橋愛(たかはし あい)さん

1986年9月14日生まれ 福井県出身
2001年 モーニング娘。のオーディションに合格し、第5期メンバーとしてデビュー。2007年モーニング娘。6代目リーダーに就任。そして2009年には「ハロー!プロジェクト」のリーダーに就任。テレビ、ラジオなど数々の番組に出演し、2011年モーニング娘。及びハロー!プロジェクトを卒業。2012年NHK大河ドラマ「平清盛」、ミュージカル「赤毛のアン」などに出演し女優として舞台、ドラマなどで活躍の幅を広げている。

木下優樹菜(きのした ゆきな)さん

1987年 12月4日生まれ 東京都出身
2006年芸能界デビュー。2007年三愛水着イメージガールに起用され、グラビアで活躍。同年、クイズ番組に出演し「おバカキャラ」でブレイク。出演者の里田まい、スザンヌと3人でPaboを結成し、「恋のヘキサゴン」でCDデビュー。2008年自身がよく使用していた「チョリ~ッス」という言葉が『新語・流行語大賞』にノミネート。2010年お笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史氏と結婚。2012年には第一子となる長女を出産。現在も多数のバラエティー番組に出演し、活躍中。

今回のドライブコース

田町ハイレーン

住住所:東京都港区芝浦2丁目12-13 タツノビル
TEL:03-3455-0810
3フロアに全68レーンが常設されているボーリング場。ビリヤード場やゴルフ練習場、ゲームコーナーなど娯楽施設、さらに300名収容可能な宴会場、レストラン、会議室などが併設されている複合施設。

営業時間:
 月~金 12:00~23:00
 土   10:00~23:00
 日・祝 10:00~22:00
定休日:年末年始(12月30日~1月1日)

http://www.tamachi-hilane.com/

上海豫園 本館

住所:神奈川県横浜市中区山下町220
TEL:045-661-1722
横浜中華街の中にある本場上海料理が楽しめる中華料理店。中国料理世界大会・点心部門で優勝した中国特級点心師が作る小籠包は、破れにくい薄皮の中に溢れる肉汁とスープを閉じ込めた人気の逸品。

営業時間:11:00~22:00
定休日:第3月曜日

http://www.shanghaiyoen.co.jp/

今回のロケ(秘)裏話

今回の撮影は、ポカポカ陽気の五月晴れの中、ドライブスタート☆
前半のドライブを終え、日の出桟橋付近の海が見える埠頭でランチ休憩でしたが、あまりのお天気の良さに、お二人はお弁当を持ってクルマの外へ・・・。「あの二人仕事じゃないみたい」とマネージャーさんたちがいうほどリラックスしているお二人(笑)
そして、ボウリング場では、「愛は、最後に手が曲がっちゃうから(ボールが)まっすぐ転がらない」「今、何も考えないで投げたでしょ?ちゃんとレーンを見て」など面倒見のいい木下さんに高橋さんが甘えるという図式が…(^^)
また、中華料理店では、木下さん大好物の小龍包を堪能!そして、撮影が終わると、「空芯菜炒めと酸辣湯スープ。あともう一つ小龍包」と食欲旺盛な女子2人!!
まるで姉妹のようなお二人…ボウリングの筋肉痛を気にしながらの解散になりました(笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

まだ初心者マークを付けている高橋さんの運転でしたが、木下さんのナビゲーションがお見事!「右に寄っているよ」「前の車のタイヤを見て」などなど、トークをしながら絶妙なタイミングでアドバイス。「優樹菜が免許を持っていないのがウソみたい」と高橋さんが言うほど…(笑)。

今回のクルマ「MRワゴン」に見覚えのあった木下さん♪
木下:あれ!?うちの実家、このクルマだわ!
高橋:え!?ホント?
木下:スズキのMRワゴンだわ!仕事して貰ったのよ。ブログに書いてたじゃん。
高橋:見た~。
木下:で、お母さんにあげて乗ってるし、たまにウチに乗って来てもらって、
都内をこれで走っちゃう。いいよ、コンパクトだし。
高橋:いやーコレ欲しい!ちょっとお母さんに勧めたい。
と、木下家愛用のクルマに高橋さんもゾッコン?
さらに!!
高橋:(このクルマ)超静かじゃない?
木下:ねー。お腹の音が聞こえちゃうね。
高橋:音がこんなに静かっていいね。
コレで音楽聴いたら、大きい音にしなくてもめっちゃ聴こえるよね。
木下:しかも何が良いって、こう見えて、後ろも広い!
ファミリーに良いよ絶対!しかも、あまり揺れないし。
と、「MRワゴン」に大満足な様子でした☆

今回の1台

トモダチ感覚で、付き合える。ファッション感覚で乗りたくなる。広さも、燃費も、デザインも、すべてがボクたちにぴったりの一台。

> スズキ MRワゴン サイトはこちら