SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

6月22日(土)
第114回ゲスト:山口智充×さかなクン(後編)


今回のゲストは…先週に引き続き、お笑い芸人の山口智充さんとさかなクン。
日本初の"深海魚水族館"を満喫した二人が、次に向かったのは…静岡県戸田港。ここでは名物の『深海魚料理』を堪能。さらに!共通の趣味が"音楽"ということで、山口さんは「カホーン」という打楽器を、さかなクンは「コントラバス・クラリネット」を持ち寄り、二人のセッションが実現しました♪

前々から山口さんが気になっていたのが、ベールに包まれた(笑)さかなクンのプライベート。「家でも100種類ぐらいの魚を飼っている。やっぱりお魚をじっくり見て、可愛い石垣フグの絵を書いたり、漁師さんの船に乗せてもらったり。お仕事も、プライベートでもお魚のことで感動をたくさん頂いています」と、お魚三昧の暮らしを明かしてくれました。
さらに!2010年、田沢湖で絶滅したと思われていた"クニマス"の再発見で世間を驚かせたさかなクン。そのキッカケは、「"クニマス"を描きたい!」というさかなクンの思いからだそうで、その発見の経緯から"クニマス"断定までの驚きエピソードも飛び出しました!

一方、31歳の時、路上ライブで1人の力を試したのがターニングポイントだったという山口さんは、先輩・明石家さんまさんとの共演がさらなる転機だったと話します。「(2人だけの共演)コントが終わった時に、さんまさんが周りのスタッフに『ぐっさん、ホームラン打ちよった』って言ってくださった。自分が今までやってきたことを認められた、周りのスタッフもまた気にしてくれるし、認めてくれるという大きな効果がそこに生まれる。それがすごく嬉しかったですね。」と、さんまさんへの感謝の気持ちも…。さらに、山口さんは自分自身を"山口デパート"と例え、「要するに僕はデパートのオーナー。そこには色んな売り場があって、音楽のフロアもあって、芝居のフロアもあって、声優・笑い・ライブのコーナーもあって、色々ある。それをお客さんに好きな所を選んでもらえればいいのかなって」と語り、さらなる野望も!「(いつかは)自分のホールを持ちたい。毎回あそこに行けばみんな見た?あそこでしかやってないショーが見えるよって。それをベースにして、そこから番組発信とか色々やるりたい」とか、「トラックを買って、自分の顔描いて"山口智充全国○○旅公演"と書いて、自分で運転して全国周りたい」など、山口ワールド全開な近い未来(?)を語ってくれました。

ゲストプロフィール

山口智充(やまぐち ともみつ)さん

1969年 3月14日生まれ 大阪府出身
1994年 吉本興業「銀座7丁目劇場」でデビュー。
1999年 「第1回爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」で優勝。その後、バラエティ番組「明石家マンション物語」に出演し、数多くのモノマネを披露し、ブレイク。「ぐっさん」の愛称で親しまれるように。
2001年には、雨上がり決死隊の宮迫博之氏とのユニット「くず」を結成し歌手としてデビュー。作詞・作曲も自ら行う。さらに、2002年からはバラエティ番組のほか、ドラマや映画・舞台などで俳優として活躍。さらに、番組MCを務めるなど、幅広く活躍中。

さかなクン(さかなくん)さん

成魚 東京都出身
高校3年生の時にバラエティ番組「TVチャンピオン 第3回全国魚通選手権」で準優勝を果たし、"さかなクン"という呼び名が付けられた。2002年からは動物番組に出演するようになり、魚についての豊富な知識と経験に裏付けされた話や、そのキャラクターがお茶の間で大人気に。そして、2006年東京海洋大学客員准教授に就任。2010年には田尻胡で絶滅したと思われていた「クニマス」の再発見など、研究で数多く貢献。その傍ら、テレビや講演などで魚の豊富な知識と経験を語り、今年3月には「さかなクンの山陰海岸ギョギョ図鑑」を発売。お魚らいぶ・コーディネータ、環境省 地球いきもの応援団として活動中。

今回のドライブコース

沼津港深海水族館

住所:静岡県沼津市千本港町83
TEL:055-954-0606
駿河湾の深海生物や何億年も前から深海で生き続けていた深海の生きた化石シーラカンスの展示を目玉とした水族館。
最深2500mと日本一深い湾である駿河湾に住んでいる生物を始め、世界中からユニークな深海生物を集めて紹介している。

営業時間 10:00~18:00(7月中旬~8月31日は19:00まで)
休館日 年中無休
料金:
 大人 (高校生以上) 1600円 / 65歳以上 1500円
 こども(小・中学生) 800円 / 幼児(4歳以上) 400円

http://www.numazu-deepsea.com/

魚重食堂

住所:静岡県沼津市戸田303-5
TEL:0558-94-2381
地元・駿河湾で水揚げされた新鮮な魚介類を楽しめ、主に深海魚料理を扱う地魚料理店。
名物は豪快に揚げたボリューム満点の"深海天丼"。
その他、焼き物・刺身など、ここでしか味わえない珍しい深海魚料理を堪能できる。
※禁漁期間:5月~9月は刺身の提供はありません。

営業時間:11:00~15:00
定休日:火曜日・第2週水曜日

http://www16.ocn.ne.jp/~uoshige/

今回のロケ(秘)裏話

ギョギョギョ!と魚づくしとなった今回のロケ。出発前には魚柄のシャツを身にまとったさかなクンが登場!そして…山口さんも「さかなクンに合わせて、魚柄のアロハにしたよ。」と、見た目からギョギョギョなお二人でした。(笑)
そんなお二人の共通の趣味が"音楽"ということで、山口さんは「カホーン」という打楽器を…そして、さかなクンは管楽器「コントラバスクラリネット」を持参し、海辺でセッションしました。
セッション後、持参した楽器を見せ合いしたお二人。
さかなクン「これ、吹いてみてください。サックスと同じ感じで吹けば音が出ますよ。」
山口さん 「この持ち方は?」と興味津々の山口さん。
「この指はここで…」と手取り足取り教えたさかなクン。
そして、いざチャレンジした山口さんですが…
「・・・。」
音が出ない!「あれ?サックスは一回で音が出たのに、全く出ない(汗)」と数回チャレンジしますが、
さて…本番では?

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

「助手席とか後ろに乗るのは嫌、ストレスになるんですよ。」というほど、
クルマが大好きな山口さんの運転で、静岡・沼津市まで"深海魚尽くし"のドライブへ!
今回のクルマは山口さんリクエストの「ジムニー」。
山口:今回用意して頂いてスゴイ嬉しくて…
兄貴が免許取って最初に乗ったのが「ジムニー」だったんですよ。
やっぱりスゴい、アクティブ感というか…山、街、全部いける。
ホントにスゴい優れていると思います。元々乗りたかったクルマでしたね。
と、上機嫌に。さらに、助手席のさかなクンも!
さかなクン:このクルマ、すギョく(すごく)乗り心地がいいですね。
山口:サイズ感がコンパクトなのに中が広い。
さかなクン:広い!
山口:そして、この車内高なんですけど…
さかなクン:高いですね。ゆったりできます。
山口:開放感があるっていうのと、何よりパワーがある。
さかなクン:パワー。ぐっ様にピッタリの要素がいっぱいですね。
と、乗り心地に大満足のご様子でした♪

今回の1台

リアル4×4スポーツ
鮮やかな個性と野性をその身に宿した
4×4スポーツの力強い走りが、まだ見ぬ大地を目指す。
独創が生んだ伝統は今、さらなる進化を遂げる。

> スズキ ジムニーはこちら