SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

11月23日(土)
第136回 ゲスト: 森末慎二×池谷幸雄


今回のゲストは…元体操男子日本代表の森末慎二さんと池谷幸雄さん。ロサンゼルス五輪とソウル五輪・バルセロナ五輪のメダリストの共演です!
池谷さんの運転でドライブスタート。池谷さん行きつけのお店で絶品しゃぶしゃぶを堪能し、最後は、お二人の母校:日本体育大学を訪ねました。体育館では、後輩たちが練習の真っ最中。そこには、後輩たちの面倒を見る田中理恵さんの姿も!

トークはすぐに、日本の体操界の話に…。「(今の体操界は)層が厚いよね」と声を揃えますが、"捻り"の白井健三選手について「あいつは、まだ高2だから、体が出来ていない。7年後の東京五輪を目指して欲しい。今後(彼を上回る)5回以上捻ってくる選手が必ず出て来る」と後輩への厳しい意見も…。また、内村航平選手については「器用な選手。6種目全部に強いのは凄い。数百年に1人の逸材」と森末さんは言います。「ロンドン五輪の時、あいつ緊張していましたよね。でも、(本人は)『全然緊張していませんでしたっ』て飄々と言うんですよ」と内村選手の素顔が垣間見える話も飛び出しました! そして、トークは自分たちが五輪出場した時の話に…
森末さんは、高校生の時に本格的に体操をはじめ、大学卒業後、社会人の時にロサンゼルス五輪に出場。「すごく緊張して、大会の1週間前から眠れなかった。枝雀さんの落語を聞いて落ち着かせようとしていた。本番直前は39度の熱も出して、高熱のまま本番を乗り越えた」など、秘話が語られます。鉄棒では前2回は10点満点を記録。最後の1回で10点を出せば金メダルという演技の時、「コーチと着地の技を相談したのよ。3回宙返りは止まらないかもしれない。伸身ドッペルで止めよう。でも、試合では1回もやった事の無い技だったの」と驚きの話も!そして、「メダル獲った晩は、起きたらメダルが無いんじゃないかって、眠るのが怖かった。でも起きた時、夢じゃないんだ」って思ったとメダリストならではの想いも…。そんな森末さんをテレビで見ていたという池谷さんは、高校3年生でソウル五輪に出場。同じ高校の西川大輔選手と共に大活躍。銅メダルを獲得しました。「高校生ですから、プレッシャーとか全然なかったです。楽しかった。観光もしていました」と、森末さんとは対照的な池谷さん(笑)。そして「帰国したら違う世界になっていました。人生が変わりました。自宅の電話回線もパンクして、しばらく自宅にも帰れず、副校長の家に泊まっていた」とか。また「帰国後の代々木体育館の試合とか、ジャニーズの人のコンサート?と思うくらいファンが集まっていました」など当時の人気ぶりエピソードを語ってくださいました。対照的なお二人ですが、体操を愛してやまない気持ちは同じで、母校の体育館で、未来のメダリストを見つめる目は真剣そのものでした。

ゲストプロフィール

森末慎二(もりすえ しんじ)さん

1957年5月22日生まれ 岡山県出身
日本体育大学卒業後、1984年のロサンゼルス五輪に出場し、体操種目「鉄棒」で金メダル、「跳馬」で銀メダル、「団体」で銅メダルを獲得。また体操種目の平行棒ではオリジナル技「モリスエ」を生み出し、世界中を魅了した。その後、1985年 全日本体操競技会を最後に現役を引退。同年よりニュース番組のスポーツキャスターなどを務め、以来、情報番組やバラエティ番組などにも多数出演。そのほか、現在、子どもたちに体操の面白さを伝えるための"体操マンガ"の原作を手掛けるなど幅広く活躍中。

池谷幸雄(いけたに ゆきお)さん

1970年9月26日生まれ 東京都出身
1988年、異例かつ初の高校生で五輪代表となり、ソウル五輪に出場。体操種目の「個人床」と「団体」でそれぞれ銅メダルを獲得。その後、日本体育大学に進学し、在学中の1992年のバルセロナ五輪に出場。「個人床」で銀メダル、「団体」で銅メダルを獲得し、連続メダリストに。同年、現役引退を発表し、芸能界入り。ニュース番組やバラエティ番組、ドラマや舞台など幅広い分野で活躍。現在、「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、指導者としても活躍中。

今回のドライブコース

ざくろ TBS店

住所:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー ショップス&ダイニング2F
TEL:03-3582-6841
創業昭和30年のしゃぶしゃぶ専門店。産地直送の旬の素材を使った本格日本料理や厳選した黒毛和牛のしゃぶしゃぶ、すき焼きを味わうことが出来る。
店オリジナルの特製ピリ辛胡麻だれで頂くしゃぶしゃぶは、濃厚な胡麻の風味と唐辛子の辛さが肉に絡んで相性抜群。

営業時間
(ランチ) 11:30~15:00
(ディナー)17:00~22:00
定休日 年末年始(12月30日~1月3日)

日本体育大学 横浜・健志台キャンパス

住所:神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1221-1
TEL:045-963-7900
日本体育大学の横浜・健志台キャンパスにある体操競技館。
森末慎二さんや池谷幸雄さんなど数々のオリンピック選手を輩出してきた名門、体操競技部が日々練習を行っている。
館内には様々な器具が設置され、日本有数の設備を誇る。

http://www.nittai.ac.jp/index.html

今回のロケ(秘)裏話

五輪でメダルを獲得し、体操界を牽引してきた2人のドライブ♪意外にも今までじっくり話をしたことがなかったそうで、お互い聞いた事のない体操をはじめたきっかけ~メダル獲得のウラ側まで…ツッコミ&突っ込まれという、大阪人ならではのトークで大盛り上がり!(笑)
あの五輪を知らない若者でも楽しくウラ話に耳を傾けてしまうのでは…!?
そして、途中立ち寄った池谷さんオススメの絶品しゃぶしゃぶのお店では…高級肉を目の前に「スゲーーー!でも、脂の少ない方で!」と、年齢を考えてなのか(?)お肉に抵抗がありそうな発言の森末さん…。しかし!いざ食してみると「うまい!口の中でとろけちゃって、さっぱりしてる♥最高だね」と絶賛♪ほっと一安心した、池谷さん&スタッフでした☆

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、五輪メダリスト2人のドライブ♪体操界の先輩・後輩が共通の思い出の場所・日本体育大学を目指しました!「若い頃は基本的にクルマを買うために仕事していましたから」という程の クルマ好きな池谷さんが、大先輩の森末さんを助手席にのせ、ドライブスタート!
実は、森末さんも大のクルマ好き♥
森末:クルマ好き。運転も。俺のマネージャーは、助手席に乗っているよ。
クルマももう色んな物を乗った。
池谷:今は何に乗っているんですか?
森末: スズキの「スイフトスポーツ」に乗っている。
    可愛いのよ。都内はね、小さい方がくりくりしていい。
と、愛車「スイフトスポーツ」を自慢する森末さん♪
さらに、今回のクルマ「ソリオバンディット」については…
森末:後ろも広いしね、これはエコでいいよね。
  だって、ブレーキ踏んでいると、アイドリングストップでね。
池谷:そう、最初エンストしたのかと思いました。
こんな(性能のいい)クルマに乗ったことがないんで、ドキドキします。
そして、乗り心地がいいですよ。運転しやすいし…
森末:最近は小さくても、全体的に広いからさ。
と、クルマ好きなお二人も大絶賛でした☆

今回の1台

目ヂカラが違う。ツラ構えが違う。この顔に、クラっときたら。
Wanted! ソリオ バンディット!

> スズキ ソリオ バンディットはこちら