SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

11月30日(土)
第137回 ゲスト: 長谷川理恵×須藤元気


今回のゲストは…モデル、そしてアスリートタレントとして活躍する長谷川理恵さんと元格闘家の須藤元気さん。ラジオ共演が初めての出会いだという二人ですが、じっくりお話をする機会がなかったということで、今回はお互いの人生を語り合いました!ドライブの途中、長谷川さん行きつけの「京都おばんざい」のお店で、体に優しいお料理を堪能し…最後は現在開催中の東京モーターショーへ!未来カー&最新のクルマを前に目を輝かせたお二人でした♪

お父様がボクシングマンガ「がんばれ元気」に感銘を受け、"元気"と名付けられたという須藤さん。「だから、必然的に格闘家にならざるを得なかった」んだとか。ボクサーを目指していたものの視力が低下し、断念。その後、高校生の時、「悩みやすい性格で、肉体的に強くすれば精神的に強くなれるんじゃないかという思いでレスリングを始めた」と言います。そして、格闘家となりアメリカにも修行へ。1年程した時「日本のテレビ局がヒクソン・グレイシー選手の取材にくると聞き、呼ばれてもいないのにその現場に行って、『なんでもいいからその番組で取り上げてくれないですか?ここで何でもお手伝いしますから』と、ADさんみたいなこともやって…自分を売り込んだ」ことがキッカケで、K-1デビューに至った意外なエピソードも。当時は、「ぶっちゃけモテるようになった。格闘家ってだけで、ちやほやされた。色々な女性とおつきあいしたけど…すっごい痛いめにもあった」など、意味深な恋愛話も飛び出します!さらには、公衆トイレの壁に書いてあった一言が引退の後押しになったなどの秘話も。そして、『WORLD ORDER』を立ち上げる苦悩も告白してくれた須藤さん。
一方、長谷川さんは…大学生の頃にスカウトされたことがキッカケで芸能界へ。ご両親には反対されますが、「アルバイト感覚ならいいか」と、「CanCam」の読者モデルからスタート。編集長に「痩せたら専属モデルにしよう」と言われ、「スーパーモデル全盛期だったからとにかく細い。ガリガリになりたくて…栄養も考えずに食べないダイエットをしていた」と壮絶ダイエット話も!そして、表紙などを飾り人気者になりますが、「思いっきり天狗になった。いつの日か急にちやほやされて、同年代の子より稼ぐようになって派手になった。」など、当時を振り返ります。しかし『oggi』というお姉さん雑誌に移った頃…「そこで急に出番がなくなった。凄く落ち込んで、人のせいにもした…」でも、あるときに自分にはプロ意識が全然足り無い事に気づき、一念発起して、今のアスリートモデルと言われるまでになった経緯を赤裸々に語ってくれました。現在は1児の母となった長谷川さんですが、旦那様と出会ったキッカケから出産、さらには子どもと楽しむ産後エクササイズのお話まで語り尽くしました!人生は「楽しむ事が一番大切ですよね。」と声を揃えたお二人でした。

ゲストプロフィール

長谷川理恵(はせがわ りえ)さん

1973年12月1日生まれ 神奈川県出身
1993年、『Can Cam』に読者モデルとして初登場。その後、『Oggi』等ファッション誌の人気モデルとして活躍。2000年、テレビ番組の企画でホノルルマラソンに参加。以降、数々の大会に出場。
マラソンを始めたことがキッカケで、食に関して興味が芽生え、野菜ソムリエの資格を取得。現在、べジフルティーチャーとして、食育活動を行う。
日経BP社「日経ヘルス」"ヘルシーイメージタレント"女性部門1位にランキングされるなど、「健康」と「食」にこだわりをもち、内側からの「美」を追求している。
2011年5月、トライアスロンに初挑戦。ジャストギビングを通して「Smile&Run チャリティープロジェクト」を立ち上げる。
2012年10月に第一子を出産。現在、親子で運動できるバギーラン・バギーエクササイズを行っている。2014年2月には東京マラソンでチャリティランナーとして、産後初のフルマラソンに参加予定。

須藤元気(すどう げんき)さん

1978年3月8日生まれ 東京都出身
高校時代からレスリングを始め、全日本ジュニアオリンピックで優勝。
世界ジュニア選手権日本代表に。同校卒業後に渡米し、格闘家としての修行を続け、帰国後に逆輸入ファイターとしてプロデビュー。UFC-J 王者を経て、K-1 やUFCなどで活躍。
2006年現役を引退。以降は作家、タレント、俳優、ミュージシャンなど幅広く活躍。2008年、母校・拓殖大学レスリング部監督に就任。
2年目で大会4冠を達成し、最優秀監督賞を7度受賞している。2011年からは世界学生レスリング大会の日本代表監督も勤めている。
格闘技現役時代から掲げている「WE ARE ALL ONE」(すべてはひとつ)というメッセージは、多くの人々の支持と共感を集めている。

今回のドライブコース

青家

住所:東京都目黒区青葉台1-15-10
TEL:03-3464-1615
古い民家を改装した京都のおばんざいのお店。
おばんざいとは、大切な家族を想って作る食事のこと。
化学調味料は一切使わず、食材にもこだわり、京都から取り寄せた季節の伝統京野菜、生麩、お揚げ、京抹茶や金時生姜などを使用した手作り料理が並ぶ。

営業時間
 ランチ&カフェ  11:30~18:00(L.O.17:00)
 ディナー(会員制)18:30~24:00(L.O.23:00)
定休日
 毎週月曜日

http://www.aoya-nakameguro.com/

第43回東京モーターショー2013

住所:東京都江東区有明3-11-1
会場:東京ビックサイト
開催期間 12月1日(日)まで
公開時間
 (月~土曜日)10:00~20:00 
 (日曜日)10:00~18:00 

http://www.tokyo-motorshow.com/

今回のロケ(秘)裏話

以前、長谷川さんのラジオ番組で共演した事があるお二人ですが、ゆっくりじっくりお話をしたことがなかったようで、お互いに興味津々でトークが弾みました♪
長谷川さんは「(当時、格闘家だった須藤さんに)初めて会った時に、格闘技をやっているイメージが無くて、アーティストの様なイメージがあった。
でも、こうやって話してみたら、そのイメージ像が結びついた」と、今回のドライブで須藤さんの素顔が見えた様…。
さらに、長谷川さんオススメの京都おばんざいのお店では、「辛鍋」を注文した須藤さん。
食べた瞬間「あっ、見た目辛そうなのに凄く優しい味♥」と、頬が緩みっぱなし。そんな須藤さんに健康志向の長谷川さんも笑顔♪
食事の好みも息ぴったりなお二人でした!また今回「東京モーターショー」初潜入となったお二人。
普段から運転するということもあって、見たことの無いデザインの最新車を前に感心しきり…
そして、「アウトドア大好き」という須藤さんと「サーフィンやスノーボードによく出かける」という長谷川さんは、12月24日にデビューする「HUSTLER(ハスラー)」に釘付け!
「これ良いね!欲しいな~」と声を揃え、目を輝かせるお二人の姿も必見です☆

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、アウトドア・クルマ大好きな須藤元気さんの運転で、「東京モーターショー2013」が開催されている東京ビックサイトまでドライブ♪

長谷川:ドライブは結構しますか?
須藤 :ドライブは、運転は結構する方ですね。
長谷川:何してます?クルマの中で…
須藤 :英語の練習とか、音楽を聴いていますね。
長谷川:やっぱり…無駄に使いたくないですよね、この空間を。
須藤 :ドライブって二毛作できますもんね。
     運転して、向かいながらもう一つ何かできる。
     自分の空間が出来るから考え事にもいいし。
と、クルマの中は貴重な空間だというお二人☆
「一人で運転するのが好き」という長谷川さんは…
長谷川:海に行くのも下田とかもよく行っていたので、伊豆。
須藤 :クルマで行くんですか。
長谷川:遠かった。峠とか1人でも最初は楽しいんだけど、
     遠くて、だんだん話し相手が欲しくなって…そういうのもいい思い出。
と、1人旅ドライブの思い出話も飛び出しました!
さらに!今回のクルマ「スペーシア カスタム」について…
須藤 :このクルマ、初めて乗るんですけど乗りやすいですね。
長谷川:乗り心地、いいですよね。天井高くて広く感じる。
須藤 :空間が広いですよね。
長谷川:窓も大きいから…
須藤 :見やすいです。すごく死角がないんで、安全面もいいですね。
と、快適空間に大満足のご様子でした♥

今回の1台

心を奪う、広さと走り。
力強さと低燃費を両立した走り、軽自動車とは思えない大空間。
カスタムの新領域は、この1台が切り拓く。

> スズキ スペーシアカスタムはこちら