SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

2月8日(土)
第147回 ゲスト:太川陽介×石川ひとみ


今回は、俳優・タレントの太川陽介さんと、歌手の石川ひとみさん。あの伝説の歌番組「レッツゴーヤング」の司会者コンビのドライブ!最初の目的地は、石川さんが大好きな"寅さん"の舞台となったお団子屋さんで一休み…さらに、柴又駅前で太川さんが寅さんの衣装を着て、なりきり!?そして最後は、レッツヤン時代のプライベートパーティを再現!新鮮トマトを収穫し、太川さんが絶品パスタを披露してくださいました☆
「青春そのものだった」と声を揃えるNHK「レッツゴーヤング」の思い出話からドライブスタート。「沢田研二さんは、ベテランなのに(本番前の)音合わせの時から、衣装をきちんと着てフリも全て本番通り。司会をしていて唯一緊張したアーティスト」と太川さん。石川さんも当時同じ事務所の所属で「新人の自分にも、態度を変えず挨拶してくれた」と、ジュリー秘話が…。また太川さんは「売れると思った新人を番組プロデューサーに推薦していた…斉藤由貴ちゃんもその一人」だったと、司会者ならではの話や「当時、付き合っていたガールフレンドとは、外では会えないからドラマでお世話になっていた倍賞千恵子さんのお宅で食事するデートをしていた」など石川さんもびっくりのアイドル恋愛エピソードまで(笑)。さらに、「自分から辞めたいと言って司会者を降りた」後、全く仕事がなくなってしまった苦労時代の話も!
一方、石川さんは「デビュー曲から10曲目で、これでダメだったら歌手を辞めようと思って歌った曲が【まちぶせ】だった」また、「初のミュージカル出演の直前でB型肝炎で倒れた」時の衝撃、その後の苦悩も赤裸々に語って下さいました。さらに、今や、旅番組で高視聴率男の異名を持つ太川さんですが…「舞台をやると1年に8ヶ月位スケジュール取られる。その合間で出来るのが、単発の旅番組だった。でも、最初は素人さんにインタビューできずに怒られた」など、裏話も語って下さいました。 初対面から30年余り...兄妹のような二人のほのぼのとした雰囲気が漂うドライブになりました(^.^)

ゲストプロフィール

太川陽介(たがわ ようすけ)さん

1959年1月13日生まれ 京都府出身
1976年「陽だまりの中で」で歌手デビュー。翌1977年「Lui-Lui」を発売し、大ヒット。第19回日本レコード大賞新人賞のほか、数々の新人賞を受賞し、アイドル的人気を博す。
1979年からは人気番組「レッツゴーヤング」の司会を務め、以降、歌だけでなく、ドラマ、舞台などでも活躍し、ドラマ「熱中時代シリーズ」や「姉さんシリーズ」などに出演。
また、1980年放送の時代劇「猿飛佐助」では初めて主役に。現在も俳優として活動する傍ら、様々な旅番組やバラエティ番組などでも活躍中。

石川ひとみ(いしかわ ひとみ)さん

1959年9月20日生まれ 愛知県出身
1978年「右向け右」で歌手デビュー。1981年に発売された「まちぶせ」が大ヒットし、NHK紅白歌合戦に出場。その後、1982年からは人気番組「レッツゴーヤング」の司会を務めるなど、歌手以外の分野でも活躍。
1987年にB型肝炎を発症。入院・療養を経て、翌年、芸能界復帰。以降、女優・歌手、さらには声優としても活躍。現在もLIVE活動を中心に、CDアルバム「The Reborn Songs~すずらん~」をリリース。歌手として活躍する一方、慢性肝炎に関する講演会などを積極的に行っている。

今回のドライブコース

高木屋老舗

住所:東京都葛飾区柴又7-7-4
TEL:03-3657-3136
映画『男はつらいよ』"寅さん"の生家「くるまや」のモデルと言われている明治元年創業の老舗和菓子店。
名物の草だんごのほか、映画にちなんだ"寅さんせんべい"も人気。
店内には渥美清氏が映画撮影の合間に使用していた席が予約席として残る喫茶スペースも。

営業時間 7:30~18:00
定休日 年中無休

URL:http://www.takagiya.co.jp/

金子トマト園

住所:埼玉県春日部市内牧3329
TEL:048-761-1014
約1200坪のトマト畑に8500本のトマトが植えられているトマト専門農園。
メロン栽培の技術を応用し、独自の栽培方法によって甘みと酸味が絶品のトマトを生産。
埼玉県内に3箇所ある直売店のほか、電話やFAX・インターネットの配送販売を行っている。

営業時間 8:00~18:00
定休日 無休

URL:http://www.tomatoen.jp/

今回のロケ(秘)裏話

今回は、レッツゴーヤング同窓会ドライブ♪
石川さんが「昨日も1本DVDを観て来たの♡」という程、『寅さん』の大ファンということで、最初の立寄り場所は、柴又帝釈天。
その参道に入って行くと…「太川さ~ん!」「握手して~♡」とたちまちオバ様達に囲まれる太川さん。そして、隣に立つ石川さんに「あら~、かわいい。変わらないね~。」と、オバ様パワーに押されつつ…(^-^;  石川さんもニコニコと一緒に写真撮影したり、握手したりと、中々撮影が始められません(苦笑)。
そして、参道を散歩しながら、お煎餅屋さんや佃煮屋さんに上手に声をかける太川さんに、「あれ、今日はバスじゃないのかい?相手が違うね。番組違うんだね」と、お店の人も気さくに応じます。さすが!と、太川さんの大人気ぶりを目の当たりにしたスタッフでした(笑)
そして、参道ロケが終了したお二人のマネージャーさんの両手には、沢山の頂き物が…。更には、スタッフにまで!帝釈天の商店街の皆さんの温かさに感動でした(^o^)/ありがとうございました!!

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

クルマに乗り込むとすぐに…
石川:嬉しい、嬉しい!
太川:久しぶりの2ショットだね。2人きりでこういうことって…
石川:初めて♪
太川:今日は2人きりのドライブで…
石川:楽しみ~。
と、初ドライブデートに胸を躍らせたお二人。太川さんの運転で石川さんが愛する"寅さん"の街・柴又へドライブ♪
太川:じゃあ、出発しましょうか!?
石川:行きましょう!!
太川:では、あれで…
太川&石川:レッツ、5、4、3、2、1、出発!
と、同じみのかけ声で出発しました♪

そして、今回のクルマ「ソリオ」について…
石川:すごく高いのよ、天井が。
    だからここら辺の空間がね、すごくいい感じがしますね。
太川:これ、座高の高い人でも大丈夫だね。
    しかも、すごく運転もしやすいよ。安定性あるし…
石川:(助手席に)乗っていてもね、すごく滑らか。
太川:滑らか。静かだしね…
    (自分の)運転もまた上手いからね。(笑)
石川:(笑)そう!本当よ…上手上手。
と、普段からクルマの運転をするお二人も乗り心地の良さにご満悦でした♡

今回の1台

ボディーはこんなにコンパクトなのに、室内は広々!
しかも、燃費のよさはクラストップ(※)!
こんどのソリオは、そんな驚きに満ちたクルマです。
It's SOLIO Magic!
※クラス=コンパクトハイトワゴン(総排気量1.5L以下・全高1,550mm以上の2列座席5ドアワゴン)。2014年2月スズキ調べ。

>スズキ ソリオはこちら