SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

8月23日(土)
第175回ゲスト: 君島十和子×遼河はるひ


今回のゲストは…モデル・女優として活躍し、現在は美容家としてカリスマ的存在の君島十和子さんと、元タカラジェンヌで今やバラエティ番組に引っ張りだこの遼河はるひさん。君島さん、足湯初体験で「好きかも♡」と感激!また、熱海にある君島家御用達の干物店へ。君島さんがお取り寄せもする程の絶品干物に、遼河さん「毎朝食べたい!」を連発!!

今年、君島さんの娘さんが宝塚音楽学校に合格しましたが、「ずっと、あひさん(遼河の宝塚時代の愛称)に相談していた。合格も1番に伝えた」そう。「(試験に良いと言う都市伝説みたいなことを)親としてはすべて試したい思いがあった」と、娘さんが合格するまでの母親の想いを語ってくださいました。一方…遼河さんは、宝塚100年の歴史で一番倍率の高い年に合格した一人ですが「48.25倍でした。でも厳しくて辛い宝塚に入りたかった」とか。さらに、君島さんと娘さんの連絡ツールは今やLINEだそうですが、遼河さんは「私の頃は赤い公衆電話。先輩方が廊下を通るかもしれないので、寮の公衆電話に背を向けて電話をしていた」と振返ります。
また、君島さんはJALのキャンペーンガールとして18歳でデビューしますが「CM撮影の為に沖縄のホテルの屋上でスッポンポンで(肌を)焼いた」とか。「20代前半はありとあらゆる肌トラブルで、暗黒の20代前半でした」と、今の美肌からは想像できないエピソードも…。
そして、28歳の時、電撃結婚をした君島さんですが「義父のウェディングショーで初めて出会ったんです。5月に出会って9月には結納していた」と、異例のスピード婚の秘話も。そして遼河さんに「いい話は無いのかな?メッチャ、モテるという噂ですが・・・」と君島さんから鋭い突っ込みが!すると「迷路に迷い込みました。モテていたら、こんな事になってない!元気なくなってきた~」とバラエティで見せる男気はどこへ?遼河さんのカワイらしい一幕も・・・(笑)。
さらに、美のカリスマ:君島さんが伝授する美肌の秘訣も飛び出します!
家族ぐるみのお付き合いだという2人ですが、2人きりで話すのは初めてだそうで、お互いの半生、そして…美の秘訣。恋バナまでトーク盛りだくさんです!

ゲストプロフィール

君島十和子(きみじま とわこ)さん

1966年5月30日生まれ 東京都出身
1985年に「JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれモデルデビュー
翌1986年、女性誌「JJ」のカバーガールを務め、同誌で専属モデルとして活躍。
その後は舞台、テレビなどを中心に女優として活躍。
1996年、デザイナー君島一郎の息子、君島誉幸氏との結婚を機に芸能界を引退し、君島インターナショナルスーパーバイザーとしてビジネスをサポート。2004年には20数年に及ぶ美容体験をもとに、自らの化粧品ブランドである「FELICE TOWAKO COSME」を立ち上げ、第一弾としてFTC UVパーフェクトクリームを発表。今では20種類以上にも及ぶ製品ラインナップを開発。2006年には東京・表参道にFELICE TOWAKO COSME&STYLEをオープンするなど、美容家として活躍中。

遼河はるひ(りょうが はるひ)さん

1976年2月2日生まれ 愛知県出身
1994年、宝塚音楽学校に入学。1996年、宝塚歌劇団に入団し"月組"に配属、「CAN-CAN」で初舞台を踏む。
2001年9月"宙組"に異動。翌2002年に「鳳凰伝」で新人公演初主役を務める。2003年「春ふたたび」、2005年「ル・プティ・ジャルダン 幸せの庭」でバウホール公演主役を果たし、2006年7月からは再び"月組"に組替えに。3番手スターとして活躍。
2009年12月、『ラスト・ブレイ』『Heat on Beat!』東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に退団。
以降、数多くのバラエティ番組に出演するなど、タレントとして活躍中。

今回のドライブコース

独歩の湯

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上704
TEL:0465-64-2326
「湯河原」の万葉公園内にある巨大足湯施設。自然環境に囲まれながら足湯を堪能できる。温泉を利用した9種類の泉があり、肝目・腎耳等、人間の臓器の名前などがつけられ、それぞれ様々な足裏のツボを刺激することができる。

営業時間 10:00~18:00(11月~2月は17:00まで)
休業日   毎月末木曜日(ただし、当日祝日にあたる場合はその前日)
URL: http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kankou/guide/dopponoyu.html

釜鶴ひもの店 本店

住所:熱海市銀座町10-18
TEL:0557-81-2172
創業150余年の伝統のある干物店。毎日、市場で納得した魚だけを仕入れ、酸化防止剤などを一切使用しない、安心・安全な無添加干物を販売。親子五代の伝統を守りながら、常時30種類以上の商品を取り揃え、さらにアンチョビや骨なしアジ、伊勢海老の干物など、あまり目にすることのできない珍しい干物なども並ぶ。

営業時間 8:00~18:30

海幸楽膳 釜つる

住所:熱海市銀座町10-11 本店裏側
TEL:0557-85-1755
釜鶴ひもの店直営の和食処。干物をはじめ、新鮮な地の魚を使った料理を堪能する事が出来る。また、釜鶴本店で選んだ干物を店頭販売価格で焼いて食べることも可能。
営業時間
 (昼)11:30~14:30(ラストオーダー 14:00)
 (夜)17:30~21:00(ラストオーダー 20:30)
定休日 毎週水曜日、第3木曜日
URL:http://www.kamaturu.co.jp/original12.html

今回のロケ(秘)裏話

プライベートでは家族ぐるみでのお付き合いをしているという2人ですが、実は2人きりでじっくりお話しするのは初めてなんだそう…。いつもは家族がいて、なかなか話す機会がなかったという "ガールズトーク"にウキウキな君島さんの姿も!
そして、今回は…なかなか身体を癒す時間がないという遼河さんの提案で"足湯"へ。君島さんにとって、初の足湯体験になりました!!夏の暑~い日差しの中ですが、9種類の足湯を体験!足つぼを刺激し、身体の中からポッカポカに♥
日頃の疲れも癒され…最後には君島家御用達の干物店で、女子ランチを堪能♪なかなか実現出来なかった、女2人のドライブ旅を満喫して頂けた様でしたヽ(*≧∀≦*)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

君島:普段ね、都内では私のクルマに乗ってもらうことあるけど。
遼河:十和子さんの助手席。かと思いきや、今日は私が…。
君島:運転してもらってスミマセン。
と、今回はいつもと気分を変えて、遼河さんの運転で熱海までドライブ♪
遼河:久しぶりのドライブ、良いですね!やっぱ運転するのもいいな…。
    (普段)こういうドライブなんてしてないし、助手席に乗せてくれる相手もいないし…
    嬉しい今日。でも宝塚の時はよく運転していたので…。
君島:あっそうなんだ?向こうで?
遼河:ドライブと言ったら淡路島に行きましたね、みんなで。淡路島良いですよ。
君島:玉ねぎがおいしいんだよね。
遼河:そうです!ICで丸ごと玉ねぎが入ったカレーライスとか食べて。
君島:ええ!?おいしそう…。
遼河:で、淡路島行ってみんなで泊まって、次の日お稽古かあるので
    朝帰ってきたりとかしていました。
と、宝塚時代からドライブは大好きだったという遼河さん♪
今回、2人は「ハスラー」でドライブ!
遼河:運転しやすいですこのクルマ。
君島:なんか、視野は広いの。
遼河:フロントガラスが広い!
君島:広いの、で、見やすいんだよ。
遼河:しかもね、私、背が大きいし、座高が高いので…。
君島:私も。ちょうどいい。あの?、圧迫感がないの。
遼河:車高が割と高いですし、フロントガラスも高くて幅があるから…。
君島:視野が広くて楽しい。
と、車内の広々空間に気分上々なお2人でした♥

今回の1台

遊べる軽、出た!
海に、山に、街に。
趣味や遊びの道具を積み込んで、思い通りに使いこなせるクロスオーバー誕生。
デザインもカラーも、すべてがまったく新しいハスラーで、徹底的に遊びつくそう。

>スズキ ハスラーはこちら