SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

5月16日(土)
第212回 ゲスト:篠原信一×篠原ともえ


ゲストは…シドニー五輪・柔道100キロ超級で銀メダルを獲得した篠原信一さんと、デザイナーやミュージシャン・女優としてマルチに活躍する篠原ともえさん。番組共演がきっかけで、意気投合したというW篠原のドライブデート❤「しんちゃん」「ともえちゃん」と呼び合い、「クルクルクル~♪」と、シノラーカップルに!(笑)奈良に住む信一さんに東京ならではの味、昔ながらの"もんじゃ焼き"を堪能していただきました!そして最後は、家庭菜園が趣味という信一さんを連れ、都内有数の園芸専門店で"お花たちとおしゃべり"!?

柔道を始めたのは中学生からという信一さん。しかし…「先生が、身体が大きいし柔道部に入れと…結局無理やりだったから練習にはほとんど行かなかった」とか。そして高校・大学と柔道を続けたものの「先生や先輩が怖いから練習していた」と話すほど、柔道に興味がなかったそう。しかし、大学3年生の時に全国大会で優勝。これをきっかけに『よし、俺にもできるんだ』と、「自分からやる練習になって、オリンピックまで繋がった」と振り返ります。そんな思いを胸に2000年、念願のシドニー五輪出場を果たしましたが…「(五輪には)魔物がいるっていいますよね?」と言うともえさんに、「あれは絶対ウソ!魔物なんかおらへん。強い者が勝つ!」と、熱く語ります!さらに、柔道100キロ超級・決勝戦で誤審判定を受けた時、「自分も一本だと思ったから、ガッツポーズしたし『なんで有効なんだよ』って思いながら試合を続けた」とか。試合後に流したあの悔し涙の真相も!
一方…ともえさんは音楽のオーディションをきっかけに芸能界入り。個性的なキャラクターと派手な衣装で注目を集めました。当時は忙しすぎて「本当にどうやったら乗り越えられるんだろうと思って」いたという、ともえさん。「でも、篠原はいつも元気!というのを届けたい。声を大きくしていないと、動いていないと、にぎやかなお洋服を着ていないとファンの方が悲しんでしまうのではないか」と思っていた…など胸の内を語ってくれました。そんな中、吉田拓郎さんに将来の相談をしたことがあったそうで、「篠原はお洋服で誰かを幸せにすることがきっとできると思うよ、って言ってくれた」「自分のファッションのアイディアというのは、人にささげるものなんだ」とのアドバイスを受け、それが「ずっと心に残っていた」そう。そんな中、昨年、松任谷由実さんのコンサート衣装のデザイナーに抜てきされ、「お仕事が決まって、最初にメールしたのは吉田拓郎さんです。」というエピソードも!
2人の全く異なるシノラー人生、互いに心打たれたトークが繰り広げられました☆

ゲストプロフィール

篠原信一(しのはらしんいち)さん
1973年1月23日生まれ 青森県出身
2000年、「シドニー五輪」で柔道100キロ超級に出場し、銀メダルを獲得。
2003年に現役を引退し、2004年に天理大学柔道部の監督に就任。2008年、柔道男子日本代表監督に就任。2012年、ロンドン五輪を最後に監督を辞任。以降、国際大会での解説を務める傍ら、数々のテレビに出演し、タレントとしても活躍中。

篠原ともえ(しのはらともえ)さん
1979年3月29日生まれ 東京都出身
1995年16歳で歌手デビュー。90年代、自身のアイディアによるデコラティブな「シノラーファッション」は一大ムーブメントとして大流行に。2013年、大学で本格的に学んだデザインを発揮し、「松任谷由実コンサートツアー」の衣装デザイナーに抜擢。現在もテレビや雑誌で活躍するほか、衣装デザイナー、歌手、女優、ナレーター、ソングライターなど多岐にわたり活躍中。

今回のドライブコース

駄菓子もんじゃの店 としちゃん

住所:東京都荒川区東尾久5-17-15
TEL:03-3893-6688
今ではほどんど姿を見ない、駄菓子店ともんじゃの店を現代風に再現。棚に並ぶのは、昔懐かしい小さなチョコレート菓子やガム、ふ菓子などの駄菓子で数十円のものがほとんど。さらに、もんじゃは150円~・お好み焼き500円~と子供から大人まで楽しめるお店。

営業時間 (月~金)14:00-18:00/(土日祭日)11:30-18:00
定休日   不定休

渋谷園芸 本店

住所:東京都練馬区豊玉中4-11-22
TEL:03-3994-8741
閑静な住宅街の真ん中にある園芸関係の専門店。広い敷地にはガーデニング向きのグリーンの鉢植え、季節の花が数多く並ぶ。また、温室も広く南洋の樹や花も豊富に揃い、さらにガーデングローブ、ハンギングプランターなど小物も充実。

営業時間 (1月、2月) 9:30~17:00
     (3月~11月)9:00~18:00
     (12月)   9:00~18:30

URL:http://www.shibuya-engei.co.jp/honten.html

カフェ・レストラン 樹藝夢(じゅげむ)

住所:東京都練馬区豊玉中4-11-24
TEL:03-6914-6477
渋谷園芸の敷地内にあるカフェ&レストラン。ハーブ・スパイスを使った、東南アジアから地中海までの多国籍の味が堪能できる。
また、カフェでは、ハーブティーや店内工房で作る特製のスイーツやパンが楽しめる。

営業時間 (月~木)       10:00~19:00
     (金~日・祝前日・祝日)10:00~22:00

URL:http://www1a.biglobe.ne.jp/shibuya-engei/cafe_jyugemu/index.html

今回のロケ(秘)裏話

今回は、「東京のことは、よく知らない」という信一さんに東京のなつかしの味、もんじゃ焼を楽しんでもらおうと、お店を案内したともえさんですが…駄菓子や懐かしのオモチャなどを目の前に大興奮!私、オモチャ見ると遊びたくなるんですよね…と、「コマ」を取り…これ、あとで勝負しましょ!と、ノリノリ♪
すると、信一さんも…「コマリンピックやろう!」とこちらもノリノリ(笑)
もんじゃを食べ終わると、早速勝負!信一さんが勝つかと思いきや、ともえさんの勝利!「悔しい!」と、負けず嫌いな信一さんは撮影が終わっても勝負を懇願(^^;;
ともえさんからコツを教わるなど、童心に帰ったお茶目な姿が垣間見えました♪

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

今回は、「運転は任せてください」と、信一さんの運転で東京を堪能するドライブへ!
ともえ:篠原さん!ドライブ嬉しい♪楽しみです。
信一 :(お互いに)篠原さん、篠原さんじゃややこしいから…
ともえ:ダブル篠原!
信一 :ダブル篠原だもんな。あ、俺これ、ほらっ…
ともえ:あ!篠原があげた腕ぱっちん!これで安全運転できますね~♥
信一&ともえ:パッチ~ン!クルクル~~~♪
と、テンションUP↑↑↑で出発です!
信一 :基本的に、地元とかにいる時は自分で運転して。
ともえ:(運転は)お好きですか?
信一 :好き、好き。基本的に電車移動よりクルマ移動の方がゆっくりできる、自由。
ともえ:ちょっと特別な空間ですもんね、クルマ。
信一 :クルマの中っていうのは、自分一人やったらいろいろ考えごとをしながらドライブできたり
     たまには、感傷に浸って音楽聞きながら…。
ともえ:自分一人の時間。
信一 :そう。ともえちゃんと楽しく一緒にドライブできるのもね、一つの空間で。
ともえ:いいですよね。
信一:クルマの空間っていうのは、大切よ。
と、信一さんにとってクルマはとても大切な空間なよう…♪
そして、今回のクルマ「ソリオ」について…
ともえ:ソリオ広いですよね、中が。
信一 :これ見た目、ちょっと若干小さく見えるやん?これ中に入ったらめちゃくちゃ広いねん。
ともえ:だって、ちゃんと信ちゃんがピッタリね。
信一 :そやろ、俺も十分やろ。
ともえ:信ちゃんがこのサイズに見えるっていうことは、相当広いっていうことですよ。
     いかがですか?乗り心地は…
信一 :乗り心地ええ、そんで、ものすごい静か。
    これやっぱり家族連れとか、にはもってこいのクルマやと思うわ。
と、長身の信一さんも広々空間に驚き&満足の様子でした☆

今回の1台

ボディーはこんなにコンパクトなのに、室内は広々!
優れた燃費性能に加え、先進のブレーキシステムも搭載!
こんどのソリオは、そんな驚きに満ちたクルマです。
It's SOLIO Magic!

>スズキ ソリオはこちら