SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

7月4日(土)
第218回 ゲスト:武田梨奈×松尾諭


今回のゲストは…個性派俳優の松尾諭さんと、アクション女優の武田梨奈さん。2人は、大ヒットコミックの実写版、映画【進撃の巨人】で共演。プライベートでも良く遊ぶ仲だとか。松尾さんの憧れの格闘家:山本KID徳耶さんプロデュースのカレー屋さんに立ち寄ると、そこには何とご本人が!これには、松尾さん大興奮!!最後は武田さんがずっとやってみたかったという滝行を体験!かっこいい“空手の型”も披露してくれました☆

松尾さんは24歳の時に俳優を志し、兵庫県から上京しますが、劇団のオーディションを受けるにも、まず願書提出が間に合わなかったとか。しかし…ある日「家の近くで封筒拾ったのよ。中身を見たら飛行機のチケットが入っていて、交番に持って行ったら、3日ぐらい経っておばちゃんから電話がかかってきて、「お礼したいんですけど」って。それで表参道の喫茶店で待ち合わせして、ビール券3,000円分もらって…ちょっと世間話した時に『何をしに上京してこられたんですか』みたいなことを言われたから、『役者になりたくて』って言ったら、『そうなんですか。私、プロダクションの社長やっているんですよ』と言ったのが、今の会長(当時・社長)だった」と、松尾さんの強運エピソードが…。また、下積み時代には事務所の先輩・井川遥さんの付き人をしていたそうで、松尾さんが失敗した時に、井川さんからかけられた一言で「一生、この人に付いていこう」と決めたとか…。その言葉とは!?

さらに、武田さんは芸能界に憧れ、「小学1年生の時からオーディションを受け続けた」そうですが、お父さんの影響で空手を始め、2009年に【ハイキックガール】の主演に抜擢。そして頭で瓦を割るCMに出演し、話題に。「ありがたいですね。でもあれやってから、歩いていると『瓦ちゃん』って声掛けられるんですよ」と意外な後日談も!兄妹のようなほのぼのとしたトークは、終始笑いの絶えないドライブとなりました☆

ゲストプロフィール

武田梨奈(たけだ りな)さん
1991年6月15日生まれ 神奈川出身
10歳の頃、空手道場に入門。現在、空手歴13年。琉球少林流空手道 月心会黒帯。2008年、月心会の道場を訪ねてきた西冬彦氏に技を披露し、そのレベルの高さに驚いた西氏の勧めにより、映画『ハイキック・ガール!』のオーディションに参加。多彩で圧倒的な空手技を披露し主演の座を獲得し、女優デビュー。以降、映画・ドラマなど女優業を中心に様々な作品に出演し活躍。
2012年には、アメリカの映画祭「Fantastic Fest」にて、最優秀主演女優賞受賞。2013 年、第一回ジャパンアクションアワード・ベストアクション女優賞を受賞。2014年には、クレジットカードの CM に出演し、瓦を頭突きや肘で割るという映像で話題を集めた。現在は女優業とともに空手も継続し、活躍。8月1日公開の「進撃の巨人」では映画のオリジナルキャラクターの「リル」役を演じ、アクションも披露している。

松尾諭(まつお さとる)さん
1975年12月7日生まれ 兵庫出身
2000年に俳優を目指し、上京。その後、2007年にドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」のオーディションで“趣味・総合格闘技”が関係者の目にとまり、合格。これをきっかけに注目を浴び、以降 数々のドラマに出演し、活躍。8月1日公開の「進撃の巨人」では映画のオリジナルキャラクターの「サンナギ」を演じている。

今回のドライブコース

カリーシャワー

住所:東京都品川区大井1−41−1
総合格闘家・山本KID徳郁氏プロデュースの薬膳カレー店。 厳選された17種類のスパイスと、ゆっくり時間をかけてとった野菜のうまみを活かし、 化学調味料などを一切使用せず、無添加、自然食にこだわったカレーが楽しめる。

営業時間  11:30 ~ 14:00 /
        (金曜日のみ営業)18:00~21:00
定休日    月曜日

九頭龍の滝

住所:東京都西多摩郡数馬檜原村数馬
TEL:042-978-6500(滝行と自然を味わう会代表)
東京都桧原村数馬にある九頭竜の滝・龍神の滝は、大自然に包まれたパワースポットとして知られ、落差約15m(2段)でかなり水量の多い滝とも言われる。そんな滝で、経験豊富な指導者が初心者でも安心して修行が行えるようサポートしてくれる。

滝行料金 5,000円/3名以上1名分

URL:http://town-j.net/taki/puti.html

今回のロケ(秘)裏話

今回は、松尾さんのリクエストで「憧れの山本KID徳郁さん」プロデュースのお店へ。
KIDさんご本人がいることは、松尾さんは知らず…店内に入るまで、ハンパない緊張に襲われ…「ご本人がいたらどうしよう」と、ソワソワ…気が気ではないご様子。そして、いざご本人を前にするとアタフタ…。緊張しすぎて、武田さんとの車内トークとはまた違った松尾さんの表情が新鮮でした♪また、最後に一緒に写真撮影をしてもらった松尾さんですが…KIDさんに「すみません、殴っている感じでポーズとってもらっていいですか?僕、殴られた表情するので」と、おねがい♪貴重な2ショット写真に大満足。それでも、緊張しっぱなしの松尾さん、お疲れ様でした!

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

武田:お久しぶりです!
松尾:いやいやどうも、どうも。すみません、こんなところで…まさか。
武田:まさか、まさか…偶然にも。
松尾:ドライブして、トークするって…話すことないよね。
武田:いやいや、ありますよ、いっばい。
松尾:別に仲も良くないし…。
武田:いやいや。結構、仲がいい方だと思っていますけど…。
松尾:え?よくそれ言うけど、俺はそう思っていないよ、別に。
と、松尾さんらしい愛情表現トークからスタート♡
今回は、松尾さんの運転で「ハスラー」に乗ったお人ですが…
武田:(お昼を食べて)お腹いっばいで、すごく居心地が良くて。
   睡魔が襲ってきているんですよ。
松尾:絶対寝かさへんからな!
武田:多分、ちょっと沈黙があったら寝ると思います、本当に。
   しかもこのクルマがすごく居心地良いじゃないですか。
松尾:そう、運転しやすいし…しかも、かわいいよね。
武田:本当ですね、見た目も。
松尾:発売した時も、いろいろホームベージとか見てたんだけど
   色がすごい、色々あるの。カラーバリエーションが豊富ってやつ。
   でも、ちょっとそれでアウトドアっぼいやん。
松尾:ホンマ、隣(助手席に座るの)が君じゃなければ、どれだけよかったかっていう。
武田:どういうことですか!?それ。
と、車内の快適空間に大満足の二人でした!!

今回の1台

遊べる軽、出た!
海に、山に、街に。
趣味や遊びの道具を積み込んで、思い通りに使いこなせるクロスオーバー誕生。
デザインもカラーも、すべてがまったく新しいハスラーで、徹底的に遊びつくそう。

>スズキ ハスラーはこちら