SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

7月7日(火)
第219回 ゲスト:藤原喜明×神取忍


今回のゲストは…プロレスラーの藤原喜明さんと神取忍さん。
2人は30年来のおつきあいで、藤原さんの得意技“関節技”を神取さんに伝授するなど、実は師弟関係もあるんだとか。そんな2人が向かったのは、盆栽園。藤原さんの大好きな趣味を、神取さん人生初体験!そして…最後は藤原さん大好物の“タイ料理”にノックアウト!!

23歳の時、アントニオ猪木さん率いる「新日本プロレス」に入団した藤原さん。猪木さんと会って人生が変わった」と話します。「背が高くて、後ろから見たら肩幅が広くて…か〜〜〜っこよかったね。」そして、25歳から10年ほど猪木さんの付き人を務めた経験もあり「手間のかかる人ではなかった。大変なのは、とにかく練習が好きだから夜中に道場に来るし、巡業に行っても明日の朝走るぞって…」と、また、「(元プロレスラーの)金子武雄さんが『おい、こいつ(藤原)はな、お前の若い頃にそっくりでよ』って言ったら、猪木さん嫌な顔してな…」と、藤原さんだから語れる猪木さんの素顔も明らかに!
一方、中学生の頃から柔道を始め、世界大会で銅メダルを獲得するほどの活躍ぶりをみせていた神取さん。しかし、「限界を感じていた」そうで、柔道をやめることを決意。その頃、女子プロレスの新団体が発足し、柔道の仲間が神取さんには内緒で「履歴書を送っちゃった」ことがきっかけでプロレス界入り。「仕事の一環で3年やればいいや」と始めたそうですが…プロレスの世界に入ったら「プロレスってすごいなと、今に至る。まだ答えが出ていません。奥の深さっていう感じ。」と話す神取さんに…「それを感じた時がある。猪木さんが全盛期の時に『藤原よぉ、プロレスって難しいよな』って『あんたが難しいって、俺らはどうしたらいいんだよ』と心の中で思った」と、奥深いプロレス談義も!
さらに、2006年から3年半、参議院として活躍した神取さん。そもそもは「引退したら、議員になりたいと思っていた」神取さんの思いも語られます。
男女の師弟関係の “プロレス愛”を熱く感じられるドライブデートとなりました♥

ゲストプロフィール

藤原喜明(ふじわら よしあき)さん
1949年4月27日生まれ  岩手県出身
1972年、新日本プロレスリング入門。のち、藤波辰爾戦でデビューを果たす。サブミッションレスリングに傾倒、その実力者ぶりから「関節技の鬼」として知られる。1984年には、第1次UWF旗揚げに参戦し、団体消滅後は新日本復帰。1991年、プロフェッショナルレスリング藤原組を旗揚げ。活動している藤原門下生はプロレス界に多数存在。現在は俳優のほかナレーター、声優など多岐にわたりフリーで活躍中。

神取忍(かんどり しのぶ)さん
1964年10月30日生まれ  神奈川県出身
1986年、新興女子プロレス団体・ジャパン女子プロレスに入団。のち、vsジャッキー戦でデビューを果たす。1992年、新団体 LLPW を旗揚げ。1995 年、女子初の総合格闘技L-1にて準優勝に終わり、1998年 L-1第二回大会にて優勝を果たす。その後、2004年に参議院選挙出馬(比例代表/自由民主党)し、2006年に繰り上げ当選するも、2010年に参議院選挙落選。以降も現役レスラーとして活躍する傍ら、テレビ出演や社会貢献活動に精力的に取り組んでいる。

今回のドライブコース

松雪園(しょうせつえん)

住所:埼玉県さいたま市北区東大成町2−640
TEL:048−664—5332

盆栽の聖地と言われる「大宮盆栽」に集まる6つの盆栽園のうちの1つ。
園主は盆栽歴50年以上もの経験者で内閣総理大臣賞の受賞歴をもつ。平成9年に陶芸開館を建設し、日本の文化である盆栽と陶芸を融合した教室を開講している。

タイ料理店 マリタイ

住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町3−163−1 第5松ビル2F
TEL:048-640-2081

タイ人の女性シェフが腕を奮う「辛さ・甘さ・酸味」のバランスが調和した、日本人の好みのタイ料理が楽しめるお店。人気メニューの名物のトムヤムクンラーメンやタイ風カレーうどんはリピーターが続出するほどの味。

営業時間 (昼)11:30〜15:00 / (夜)17:30〜23:00
定休日   無休

今回のロケ(秘)裏話

藤原さんリクエストのドライブコースとなった今回。「今日は、楽しいな?。」と、出発前から話す藤原さん。まずは大好きな趣味“盆栽”を神取さんにも知って欲しいと、盆栽園へ…撮影の準備中も盆栽園を見て回り、初心者の神取さんや番組スタッフにも「これは赤松で、これは黒松。傾きがこういうのが良いとされていて…」と、色々と説明してくれた藤原さん。盆栽園の方も驚くほどの詳しさ!さらに、最後は「行ってみたかった」というお店で、タイ料理を堪能したわけですが…藤原さん大好きなメニュー・エビの刺身を使ったタイ風サラダ“クンシューナンプラー”を目の前に大興奮♪いくらでも食べられると、思う存分楽しんでいる藤原さんの笑顔は、なんともお茶目な姿でした☆

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

藤原:最高のドライブ日和ですね。
神取:よかったですね。
藤原:まあ、男同士でドライブしてもしょうがないけど。(笑)
神取:そうじゃないじゃん!そこじゃないですから!!女と男、デート!今日は…。
藤原:そうだっけ。
と、藤原さんのジョークから始まったドライブ♪
今回は、神取さんの運転で、藤原さんの行きたい場所へおでかけです!
藤原:このクルマ、結構乗り心地いいな。
神取:いいですね~。
    (見た目が)小さいから、もっとすごい狭いのかなと。
藤原:なぁ、中は広いしな。
    大男が2人乗っても、大丈夫だから。(笑)
神取:そこじゃないから!!
藤原:あっ、違うか。
神取:そこじゃないですから、何度も言うように。
    運転しやすいですよ、すごく。(助手席は)乗っててどうですか?
藤原:快適だ!広いしな。
神取:きっと、これ燃費も良いんでしょうね。
藤原:良さそうだね、燃費。
と、「ソリオ」の乗り心地&広々空間がお気に入りのご様子でした♪

今回の1台

ボディーはこんなにコンパクトなのに、室内は広々!
優れた燃費性能に加え、先進のブレーキシステムも搭載!
こんどのソリオは、そんな驚きに満ちたクルマです。
It's SOLIO Magic!

>スズキ ソリオはこちら