SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

9月19日(土)
第230回 ゲスト:掛布雅之×槙原寛己①


今回は、プロ野球に伝説を作った2人が登場!元阪神の4番打者:掛布雅之さんと、元巨人軍のエース:槙原寛己さん。「現役時代は他球団の選手とは交流はなかった」という2人の初2ショットドライブが実現しました!槙原さんオススメの鉄板焼き店では、「昔お好み焼きの店やっていたから、味にはうるさいよ」という掛布さんでしたが、「おいしい!いいねぇ」を連発(笑)。車内でもお店でも"野球"について深~く語り合いました。

掛布さん、槙原さんと言えば…1985年の【阪神VS巨人】戦。槙原さんから阪神の3番:ランディ・バース選手、4番:掛布選手、5番:岡田彰布選手が3者連続でバックスクリーンにホームランを放ったのですが、「岡田さんには、横のカーブだったと思うんですけど、覚えてないんですよ。その後」という槙原さん。「そうなの?バースはいつもエンジンかかるの遅いんだけど、(あれで)バースを起こしてくれたんだよね」と楽しそうに振り返る掛布さん。また、「あの年の(阪神の)クリーンアップに対しては、フォアボールでもいいとミーティングで話していた」というほど、阪神打線の勢いはすさまじかったとか。そして槙原さんは、1994年の対広島戦で、史上15人目となる完全試合を達成します。「実は、あの前々日に(寮の)門限を破って外出禁止って言われていたんですよ。抗議したら、試合で結果を出せば取り消してやるって言われて、あの試合の5回までは"外出したい、外出したい"って思いながら投げてたんです」と掛布さんもビックリのエピソードが…。「でも、5回2アウト取った所から緊張して手が震えて、ファーストの落合さんにワンバウンドで投げちゃった。でも、なぜか変な自信があった」と、槙原さん以降達成されていない伝説の誕生秘話も飛び出しました。普段、野球解説などをされている2人は、とても話し上手。画が浮かんでくる、軽快なトークは聞きごたえ満載☆今週語り切れなかったトークは次週に続きます!

ゲストプロフィール

掛布雅之(かけふ まさゆき)さん
1963年2月7日生まれ 神奈川県出身
テレビ番組のマスコットガールで茶の間の人気者となり、1977年「愛の芽生え」でデビュー。その後、テレビドラマ出演するなど女優としても活躍。1994年、お笑いタレントの清水圭氏と結婚、1997年には長男、2002年には次男を出産し二児の母に。現在も、情報番組の司会やバラエティ番組などで活躍する傍ら、子育てや教育・健康などに関するトークショーなど多岐にわたり活躍中。

槙原寛己(まきはら ひろみ)さん
1963年8月11日生まれ 愛知県出身
1982年大府高校を卒業し、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。
翌年、4月16日阪神タイガース戦に初登板で完投勝利の快挙を成し遂げる。
この年、12勝を挙げて新人王に輝いた。1994年5月18日、広島カープ戦で完全試合を達成。プロ20年間で通算468試合登板、159勝128敗56セーブの成績を残し、2001年に引退。現在はテレビや新聞などで野球解説及び野球教室など、多岐にわたり活躍中。

今回のドライブコース

大阪お好み焼き・鉄板焼き88(パチパチ)

住所:東京都千代田区有楽町1−2−4
TEL:03−6425−7188

数多くの野球選手が通う、鉄板焼き店。店内には選手のサインボールやサイン入りユニフォームが飾られている。新鮮食材を使用した鉄板焼きや大阪のお好み焼きを堪能できる。
中でも、パチパチ焼・とんぺい焼はお店一押しメニュー。

営業時間:(月〜金)16:00〜24:00
(土・日)11:30〜23:00
休業日:祝祭日

URL: http://88-web.net

今回の気になる一言

槙原:掛布さん!
掛布:どうも、ご無沙汰してます。
槙原:よろしくお願いします。
掛布:お元気ですか?よろしく。
槙原:掛布さんも元気そうで。
掛布:しかし、こんな2人で喋ること無いよね。ドライブなんかなかなか…
   野郎2人のドライブってどんなもんだい?
槙原:緊張しますよ、掛布さんですから。今日は、いろんな話を聞かせてください。
と、先輩・掛布さんを助手席に乗せ、槙原さんの運転で都内をドライブ!
他球団ということもあり、じっくり話しすることがなかったという2人…
掛布:僕らの時代っていうのは、「他のチームの選手とあんまり喋るな」って時代じゃない?
槙原:ホントです。喋るなって言われました。
という、東西の王者球団、名選手同士の初ドライブです♪
掛布:今日は、ちょっと助手席に乗ってるけど。
   室内空間デカイよね。
槙原:ええ、僕ねスズキってどうしても小型車のイメージあった
掛布:そうそう、軽とかさ。このクルマはファミリーっていうか家族で十分楽しめるし。
   ていうか、びっくりした俺。
槙原:僕もびっくりした、これ。
掛布:ねぇ!乗り心地もいいしさ。
槙原:運転しやすいし。見やすいです。
   掛布さん、クルマ大好きですもんね。
掛布:クルマ大好き、色んなクルマ乗ったけどね、
   今ね、日本車のその進歩進化っていうかやっぱ凄いなと思うよね。
と、乗り心地のよさに気分上々な2人でした!

今回の1台

都市を颯爽と駆け抜けたい。ラフロードも余裕で走りたい。
ドライバーの心に沸き立つ感情に応える、新世代4WDシステム「ALL GRIP」搭載。
力強い走りに、ゆとりの室内空間と使い勝手を兼ね備えた、新しいクロスオーバーがいま走りだす。

> スズキ S-CROSSはこちら