SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

5月28日(土) 第266回 天野ひろゆき×平愛梨

ゲストは、お笑いコンビ【キャイ~ン】の天野ひろゆきさんと女優でタレントの平愛梨さん。2人は、天野さん主催の食事会“天野会”でプライベートでも家族ぐるみの付き合いをする仲良し。下町のアットホームな動物園でかわいい動物たちに癒され、最後は1級船舶免許を持つ天野さんの運転で東京湾クルーズを楽しみました!

 1991年にウド鈴木さんとコンビを結成した天野さん。「『どういう漫才がやりたいですか』って聞いたら『僕はお客さんに笑ってもらえる漫才がいいなあ』って言ったわけ。俺びっくり!最強ですよ。ウドさんの素晴らしさは圧倒的な存在感。僕にはそういうものがない」とウドさんへの思いを語ります。さらに…「南原さんは『兄貴』、内村さんは『師匠』って呼んでる。内村さんはストイック。スケジュールも大変な中、映画撮ったり…、もう頭下がります。そんでわがままも言わない。背中がね、空海みたいな…だから師匠。南原さんは、アンテナがいっぱいある、興味がある事がいっぱい。『この(芸能界の)仕事ね、興味がなくなったら終わり。次、やりたい事が無くなったら終わりだ』って言われた」とウッチャンナンチャンとのエピソードも。一方、平さんは、14歳で芸能界デビュー。そして21歳の時、映画【20世紀少年】のオーディションでヒロイン・カンナ役に抜てきされました。「髪の毛をバッサリ40センチぐらい切って行ったんですオーディションに。そしたらカメラマンさんがレンズのぞいて『あれ、カンナだ』ってカシャって撮ってくれた」とか。また、「(共演した)唐沢寿明さんにはご飯連れて行ってもらって。香川(照之)さんは、その後4年ぶりに会っても、『おー、カンナ』とかって言ってくれる」と、豪華共演者とのエピソードが…。また、「唐沢さんに『お前は本物だからバラエティやった方が良い』って言われた」という程、ウドさんにも勝る天然キャラクター。天野さんは終始、突っ込みっぱなし、笑いっぱなしのドライブでした☆

ゲストプロフィール

天野ひろゆき(あまの ひろゆき)さん

1970年3月24日生まれ 愛知県出身

1991年、ウド鈴木とお笑いコンビ『キャイ~ン』を結成。ウドの天性的なボケと、天野の鋭いツッコミが巷のライブを騒がせ、その後、数々のバラエティ番組に出演。登場の時に行う『キャイ~ンポーズ』で人気に。
現在は、バラエティ番組で活躍する傍ら、俳優、映画監督、声優など幅広いジャンルで活躍。さらに、料理の腕前は芸能界でもお墨付きで、料理本を出版するなど、アイディアレシピは評判。


平愛梨(たいら あいり)さん

1984年12月12日生まれ 兵庫県出身

オーディションをきっかけに、1999年、映画「ドリームメーカー」で女優デビュー。以降、CMや映画に出演するなど活躍。2008年、映画「20世紀少年」のヒロイン・カンナ役に抜てき。以降、女優として活躍する傍らバラエティ番組などでも活躍中。

今回のドライブコース

江戸川区自然動物園

住所:東京都江戸川区北葛西3-2-1 行船公園内
TEL:03-3680-0777

江戸川区立行船公園内にある動物園。レッサーパンダやペンギン、プレーリードッグなどの動物が展示されているほか、ふれあいコーナーも設置。ヒツジやヤギ、モルモットなどと触れ合え、子供たちに大人気。

開演時間 10:00~16:30
     (*土・日・祝日は9:30から)
休園日  月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始
入園料  無料

URL:http://edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/

東京ハーバー・ボートライセンス・スクール

住所:東京都港区芝浦4-22-2
TEL:0120-2040-58

小型船舶免許を取得することができるボートライセンス・スクール。教習海域は、レインボーブリッジのすぐそばで、東京湾で教習を受けることができる。学科・実技ともに自分のスケジュールで日程を組むことが可能。

受付時間 9:00~18:00
定休日  なし
URL:http://www.tokyo-harbour.jp/index.html

今回のロケ(秘)裏話

“天野会”がなかったら、芸能界に友達がいなかったと思う」と言う平さん。今回は、芸能界のお母さん(!?)という天野さんとのドライブ!平さん、あまり動物が得意ではないそうですが、「天野さんがいれば、克服できるかも」と1か所目の立ち寄り先に、動物園をリクエスト。しかし…実は天野さんもあまり得意ではないご様子で…お二人とも最初はビクビク(笑)。しかし、慣れてくると「全然大丈夫!」と、心癒されたご様子でスタッフもほっこり気分になりました♪さらに天野さんが去年、一級船舶免許を取得したという事で、ドライブの最後は、クルーザーに乗り換えて、東京湾をクルーズ!「大丈夫かな。ドキドキ」と緊張気味の天野さんですが、10分もするとだんだん慣れてきて、「いえ~い!たのし~」とノリノリ。と、ここでインストラクターの先生が、船で酔わない方法をレクチャーし始め、天野さんが意図的に船を揺らし…出演者のお2人は良かったのですが、カメラマンやスタッフは船内で隠れていたため、少し船酔いモードに…。岸に着いてしばらくは体が揺れていました(苦笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

天野:あ!なにこれ!(車の)内装がかわいい!
    オレンジ色のこの感じ!好きな色。よし、シートベルトして…
    よし!あれ?そろそろね、天野会のね、えーかわい子ちゃんが来るんですけどね。
    あー愛梨。ここ、ここ、ここ!
平 :ヤッホー!天野さん!
天野:ヤッホー!いぇ~い!もう、完全に休みやないかいこれ。
平 :天野さん、よろしくお願いします。
天野:そうだな、よし!まずはここを降りてちょっとメシにするか。
平 : え!いやいやいや。乗ったんですよ!今乗ったんで!
天野: 今から行かなきゃ行けないんだね。
平 : とりあえずのドライブ!
と、プライベート感たっぷりな2人のドライブがスタート!
今回のクルマは「イグニス」。
天野: いや、しかし…このクルマ意外に車高も高くてね、高さあって見通しも利くから良いね!
    しかも、メーカーがうちの相方(ウド鈴木)と同じ名前だしね、「スズキ」。
平 : そうですね。天野さんも一生…
天野: 一生「スズキ」からは離れられない。(笑)
    (イグニスの) フロントのね、顔もかわいいよ。
平 : あー顔!?クルマの顔ってやっぱありますよね。
天野: あるね。これはね、非常にね、あの?、面接で通りやすい顔だね。優しそうな。
     優等生な感じ。
平 : 広さも丁度、助手席もね、いい感じで。
天野: 広いよな、居住空間が。
平 : イスのクッション性もいいですね。
と、車内の快適空間に気分上々な様子でした♥

今回の1台

日常も、遊びも、冒険も。すべてをクロスオーバーさせる、新しい1台。

> スズキ イグニスはこちら