SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

7月9日(土) 第269回 大和田伸也×大和田獏

今回は、俳優の大和田伸也さんと大和田獏さんが兄弟で登場。
 番組初の兄弟ドライブは、獏さんが新人時代、伸也さんに連れてきてもらって感動したという思い出のステーキ店を訪れ、最後は伸也さんお気に入りのカフェで横浜みなとみらいの景色を見ながらくつろぎました。

  伸也さんは、早稲田大学に通いながら演劇に目覚め、役者になることを決意。ご両親に内緒で劇団四季に入団します。「国立劇場っていうのができてね。良い役に抜てきされたんですよ。そこで初めて両親呼んで、終わったあと楽屋で、『実はこういうことを始めたんだ。許してください』っていう話をしたら、親父は黙ってムスっとしちゃってね。そしたら1週間後ぐらいに、巻紙でね、筆字で手紙くれて『男は一生自分の好きな道を歩め。ただ、男として人間として誠実たれ』って書いてあった」と振り返ります。また、獏さんは「(大学)休みで、東京行って泊めてもらったじゃない。その日の夜に、『ごちそうしてやるよ』って兄貴が言ったわけ。何ごちそうしてくれるかなと思ったら近くのラーメン店でラーメンライスって頼んで、『これお腹いっぱいになって、おいしいんだよ』って、俺は 『あっ、今大変なんだ、この人』と思った」そう。そして、伸也さんの姿を見て感化された獏さんは、同じ役者の道に進みます。「最初は大和田伸也という七光りがあったと思うんだけど。ああいう光はもって一年だから。壁が一回来ました」「仕事のい頃、兄貴からの電話がうれしかった。『今から飯食いに行くけど来る?』って言ってさ、「ああ、そう?じゃあ行くわ」みたいに一回ちゅうちょして見せたりしてね」と新人時代を振り返ります。また、お2人のご家族は皆さんが俳優で、大和田ファミリーと称されていますが、(獏)「娘が女優になりたいって言い出した時には、正直『えっ』と思ったけど…」(伸也)「息子はね、大和田伸也の息子って分かるのが絶対イヤだとうるさかった…」と親としての思いも語り合いました。いくつになっても弟を思う兄、また、兄を尊敬し続ける弟の思いがしみじみ伝わり、温かい空気を感じるトークになりました。

ゲストプロフィール

大和田伸也(おおわだ しんや)さん

1947年10月25日生まれ 福井県出身

早稲田大学在学中に演劇を始め、「劇団四季」などを経て、テレビ小説「藍より青く」で人気を得る。その後「ありがとう」「水戸黄門」等のテレビ、「犬神の悪霊」等の映画、「細雪」「王女メディア」、ミュージカル「アニー」等の舞台に出演。最近では、俳優活動の傍ら、舞台の演出やエッセイスト、講演など多方面に活躍中。


大和田獏(おおわだ ばく)さん

1950年10月13日生まれ 福井県出身

1973年、芸能界デビュー。脚本家・花登筺から、「夢を食べて夢のある大きな役者になれるように」という意味で「獏」という芸名を与えられた。以来、数々のドラマに出演し、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」、大河ドラマ「おんな太閤記」「春日局」、「連想ゲーム」などで人気に。1998年からは情報番組の司会を11年間に渡って担当。
現在もドラマや舞台など俳優として活動する傍ら、バラエティ番組・ナレーションなどでも活躍中。

今回のドライブコース

ステーキハウス ハマ 六本木本店

住所:東京都港区六本木7-2-10
電話:03-3403-1717

営業時間 (ランチ) 11:00~14:00
       (ディナー)17:00~23:00

定休日  なし
 
40年以上の歴史をもつ、鉄板焼き店。厳選された黒毛和牛のみを使用し、目の前の鉄板で調理するスタイル。また、築地より直送の鮮度の良い魚介類もそろう。シーンに合わて個室利用もでき、家族や友人などとゆったりと鉄板焼きを楽しむことができる。

URL:http://www.gnavi.co.jp/hama

アニヴェルセル みなとみらい横浜

住所:神奈川県横浜市中区新港2-1-4
電話:045-226-2088(結婚式場)
    045-640-5188(カフェ)

営業時間 
【結婚式場】(土日祝日)9:00~20:00/(平日)11:00~20:00
【カフェ】 (土日祝日)9:00~22:00
      (月・水・木)12:00~15:00/(金)12:00~22:00
 
定休日 火曜日 *祝日の場合は営業

2013年にみなとみらいの中心にオープンした結婚式場。みなとみらいが一望できるカフェが併設され、モーニングからカフェタイムそしてディナーまで、刻々と表情を変えていくロケーションを楽しみながら、ゆっくりと過ごせる。
      
URL:http://minatomirai.anniversaire.co.jp/

今回のロケ(秘)裏話

今回は「極上空間」初の兄弟ドライブ♪幼い頃から共に過ごしている2人に互いに知らないことなんてないだろうと思っていたのですが…意外にも「あの時はこうだったよ」とか「こういう思いで過ごしていたよ」など、未だお話ししたことがなかったこともたくさんあったお二人。仲良し兄弟だからこその心開いたトークが展開され、のんびりとした空気感が心地よいドライブとなりました\(^o^)/

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

獏  :兄貴!行くよ!
伸也:おう!
獏 :大和田伸也さん、
伸也:悪いね、運転させて。
獏  :よろしくお願いいたします。
伸也:獏のほうがさ運転上手いからさ。運転頼んじゃった。
ということで、今回は弟・獏さんの運転で横浜まで兄弟ドライブです!
獏  :クルマ大好きで、運転するのが大好き、今でも好きで自分でも運転するけど。
    何かクルマって、一人で乗っていると全くの個室になるから、気分転換にすごくいいのね。
伸也:そうだね。
獏  :仕事終わって、帰る時にクルマ乗って、「は~」ってなった時の切り替えが好きなの。
伸也:なるほどね、それすごく分かる。
    俺もね、今はプライベートでしか運転しないけど、
    仕事行く時も運転して行くと頭がすっきりして、セリフもよく入ったんだよ。
獏 :そうそう。走りながらセリフ覚えたりしたでしょう。
伸也:そう、一番覚えられたんだよね。
と、俳優2人にとってもクルマは特別な空間の様子。
そして、今回のクルマ「イグニス」について…
獏  :今日、このイグニスっていうクルマもね、すごく運転しやすい。
伸也:もう俺、助手席に座っている乗り心地もいいんだよ。
獏  :いいでしょう。出だしもすごくいいしね、非常に安定している。
ハンドリングもすごく安定しているし、何と言っても中(車内)がかわいいね。
伸也:かわいいね。
獏  :外側ももちろんいいんだけど、
     中のツートンカラーの…この白と黒のこれがすごくいいね。
     ドアの取っ手がすごくとってもいいでしょう。
伸也:そうそう。かわいい色だよね。ハイファッションだね、意外と広く感じるし。
獏  :これね、そうなのよ、居住性がいいですよ。
と、車内空間をお気に入りの様子でした♥

今回の1台

日常も、遊びも、冒険も。すべてをクロスオーバーさせる、新しい1台。

> スズキ イグニスはこちら