SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

10月8日(土) 第282回
モト冬樹×松居直美

ゲストは、モト冬樹さんと松居直美さん。2人はモノマネ番組で知り合い33年来のお付き合い。松居さんの故郷・茨城県までドライブし、胴長靴を履いてレンコン掘りに挑戦!最後は筑波山にある天然温泉の混浴露天風呂で癒されました!

モトさんは、1977年、グッチ裕三さんらと『ビジー・フォー』を結成。「最初はコミックバンドだったのよ。モノマネ番組(の依頼)が来て。色んな外国バンドのコピーやってたから。サイモン&ガーファンクルも普通にやってた。ハモったら『そっくり』とか言われて」と、モノマネへのきっかけを語ります。また「四天王とか言われてさ。俺たちとコロッケと清水アキラと栗田貫一。仲悪いとか言われてたけどライバルだったから、めっちゃ仲いい訳よ。自分の役割分かってた。コロッケはパロディ、アキラちゃんは下ネタ、栗ちゃんは正統派、我々は外人のバンドみたいなそれぞれ役割を分かってて、ライバルで番組を面白くしようとしてた」と四天王を振り返ります。さらに「裕三とは高1からずっと一緒だよ。色んな事あったけど、こうやって50過ぎて考えると、一緒に長い間やってきたっていうのが一番大事っていうのがわかる」と盟友への思いを語ります。
一方、松居さんは…「14歳でデビューしたんです。花の57年組で。(中森)明菜ちゃんとか小泉今日子ちゃんとか、あそこでデビューしたんです地味に…。そして、【欽ドン】のオーディションに来てみない?って言われて、あ~バラエティになっちゃうのかなって思って、ちょっと戸惑いっていうか…」と振り返ります。
その後、モノマネ番組に出演し、女四天王と呼ばれるようになりますが「うれしかった。歌手に戻れるじゃないけど、モノマネは歌手の人じゃないと出られないというイメージがあったから」とか。
さらに「イチローさんが私の結婚式に来てくれて…」と意外な交友録も。そして、「俺が一番ビックリしたよ」とモトさんの59歳での結婚秘話まで語りつくしました。

ゲストプロフィール

モト冬樹(もと ふゆき) さん

1951年5月5日生まれ 東京都出身

大学受験の失敗を機に、小学校からの同級生だったグッチ裕三氏・実兄であるエド山口とバンドを組み、銀座・六本木界わいでクラブを中心に活動を始める。
1977年、グッチ裕三・ウガンダ・イタッケ島田と共にバンド「ビジー・フォー」を結成し、ライブハウスを中心に活動。1983年「ビジー・フォー」解散。のちに「ビジー・フォースペシャル」を結成。「ものまね王座決定戦」の出演をきっかけに「ものまね四天王」ブームを巻き起こし、人気を博す。以降、個性的なキャラクターを生かしてCM・テレビドラマにも多数出演するなど、多岐にわたり活躍中。

松居直美(まつい なおみ) さん

1968年1月14日生まれ 茨城県出身

1982年、「電話のむこうに故郷が」で歌手デビュー。
バラエティ番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」コーナーに出演し、茨城訛りで普通のOLを演じ、お茶の間の人気者に。
その後、得意の都はるみ、坂本冬美などのものまねを活かし、「ものまね王座決定戦」で3度優勝を成し遂げ、女四天王と呼ばれた。現在もバラエティ番組や舞台など、多岐にわたり活躍中。

今回のドライブコース

鈴木農園

住所: 茨城県土浦市沖宿町842
電話: 029-828-0747
日本一のれんこん生産量を誇る茨城県で40年以上れんこん栽培を行う農園。
愛情込めて育てられた無漂白れんこんは甘みたっぷり。れんこんは農園での販売(要電話・メール等にて確認)や郵送も行っている。

URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~okijuku/

筑波温泉ホテル

住所: 茨城県つくば市筑波395
電話: 029-866-0521
営業時間
【日帰り温泉】 13:00~20:00
(土曜日、連休等の混雑時は16時で終了する場合あり)
料金: (大人)1000円/(小学生)700円/(幼児)500円
定休日: 不定休
筑波山随一、約1400mの深さから湧く自家源泉の温泉が堪能できる温泉旅館。
宿泊プランのほか、日帰り入浴も可能。気軽に温泉を楽しむことができる。

URL:http://www.tsukuba-onsen.co.jp/

今回のロケ(秘)裏話

今回は松居さんの念願叶って“レンコン(ハス)掘り”に挑戦!レンコン畑を目の前に「ハスの実って食べられるんですよ。美味しいの、食べたいな~。」とモトさんに熱弁(^^;;
しかし、手に取れそうな距離にあるものは実が黒く、見た感じではちょっと口にはできないような感じだったのですが、なぜかそのまま食べてみようとする松居さん。すると「やめろやめろっ!」とモトさんの叫び声が。これには松居さんも驚くとともに「そんな大声で言わなくても…」と大爆笑!「あぁ、カメラが回っていたらよかったのに」と、常に笑いが絶えないロケでした(^人^)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

松居:よろしくお願いします。
モト:よろしくね。なんか2人で会うってないじゃない?
松居:そうですね。
モト:必ず周りに誰かいたから、変な意味で緊張するな。
   ワクワクはしないけどドキドキはするな。
松居:ワクワクしてくださいよ。
   と、ものまね四天王&女四天王が2人きりの初ドライブ!
松居:冬樹さん、クルマ好きですもんね。
モト:好き好き。運転しているのが好き。なんかこの空間がいいじゃない。
   仕事して、クルマ乗るじゃない?その間になんか落ち着けるんだよね。
   と、運転大好きモトさんの運転で松居さんの地元・茨城県までお出かけです♪
   今回2人が乗ったのは「ハスラー」。
モト:日本のクルマって本当に優秀だよね。まず壊れないじゃん。
   このクルマなんてさぁ、「軽」だよ。中が広くない?
松居:広いです。
モト:乗っみて、「軽」って忘れちゃうくらい広いよね。
松居:ねー、安定感がありますし。
モト:運転してても軽いし、疲れないしね。やっぱ素晴らしいね。
   と、乗り心地の良さに感心した2人でした!

今回の1台

遊べる軽、出た!
海に、山に、街に。
趣味や遊びの道具を積み込んで、思い通りに使いこなせるクロスオーバー誕生。
デザインもカラーも、すべてがまったく新しいハスラーで、徹底的に遊びつくそう。

>スズキ ハスラーはこちら