SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

12月10日(土) 第291回
手塚理美☓藤井隆

ゲストは、女優の手塚理美さんと俳優としても活躍するお笑い芸人の藤井隆さん。2人は映画共演がきっかけで意気投合しプライベートでも交流する仲。手塚さんお気に入りの「横須賀美術館」で不思議な展示物と出会い、最後は三浦半島の突端で今が旬の松輪サバを堪能しました!

 手塚さんは小学2年生からモデルを始め12歳でユニチカマスコットガールに。その後、19歳の時に女優デビューを果たしますが、「家出を見つかってお父さんに殴られるシーンがあった。リハーサルでは殴るふりだったのが本番で(本当に)殴られたの。びっくりして泣いてしまって、その時に(父役の小坂一也さんが)『それでセリフを言えたら。素敵なお芝居になるんだよ』って言ってくださって。自分の中に眠っているものを引き出してくれる仕事だ。何て素敵な仕事なんだろうって」と当時を振り返ります。そして、21歳で運命のあのドラマと出会います。「山田太一先生のセリフは”ふぞろい節”と言われて全員で1つのセリフになる。独特なリズムだけれども、稽古を重ねていくと普通になる」「本当に新人だったから“ふぞろい学校”ですよ。リハーサルでも怒られてばっかり」「時任くんだけ一人暮らししてたから時任くんの家に合宿行ったり。朝、時任くんの家まで行って一緒にドライブしながら緑山(スタジオに)行ったり。疑似恋愛みたいな感じ…」と撮影秘話を語りました。一方…藤井さんは、「高校卒業して化学薬品会社の経理で務めたんですよ。その時、吉本新喜劇の若手座員募集を知ってサークル感覚でオーディション受けた」ことで20歳で吉本新喜劇に入団したとか。その後俳優としても頭角を現した藤井さんは、三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ『真田丸』にも出演。「初仕事は舞台だった。書いてある事を全部その通りアクションでやってくださいって言われて…」と三谷さんの演出秘話も!また、「環境を変えたいって思ってた時に藤井くんが近くにいた」と、話題を呼んだ手塚さんのよしもと移籍の理由も語りました。

ゲストプロフィール

手塚 理美 (てづか さとみ)さん

1961年6月7日生まれ 東京都出身

1975年、2代目ユニチカマスコットガールに選ばれデビュー。その後、1981年『娘が家出した夏 家庭ってなァに?』で女優デビューを果たし、1982年には連続テレビ小説「ハイカラさん」で主演を務めるなど、女優としても活躍。
2016年春からよしもとクリエティブ・エージェンシー所属となり、女優業の傍らバラエティ番組に出演するなど、活躍中。

藤井 隆(ふじい たかし)さん

1972年3月10日生まれ 大阪府出身

1992年5月、吉本新喜劇入団。同年7月心斎橋2丁目劇場で行われた吉本新喜劇若手公演で初舞台。その後深夜番組のレポーターなどを経て、なんばグランド花月の吉本新喜劇の舞台に出演するなど、活躍。90年代中頃に東京での活動を開始し、芸人・タレントなどマルチな才能を発揮、全国の注目の的に。2000年3月には「ナンダカンダ」で歌手デビューを果たし、NHK 紅白歌合戦に初出場。最近では、俳優としての評価も高く、映画『カーテンコール』にて第15回日本映画批評家大賞新人賞を受賞し、現在、大河ドラマ『真田丸』に出演するなど多岐にわたり活躍中。

今回のドライブコース

横須賀美術館

住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL:046-845-1211
営業時間 10:00~20:00
定休日  毎月 第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)
12月29日~1月3日、ほか臨時休館あり

横須賀市の市制100周年を記念して、2007年にオープンした美術館。横須賀・三浦半島にゆかりのある画家たちの作品をはじめ、多彩な企画展を開催。また、日本の近現代美術の名品や週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎作品を常設展示。

URL:http://www.yokosuka-moa.jp

地魚料理 松輪

住所:神奈川県三浦市南下浦町松輪264 エナヴィレッジ2F
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:00)
定休日  火曜日 ※年末年始、お盆及び漁協の祭礼等で臨時休業あり

三浦半島ほぼ最南端に位置するみうら漁協直営のレストラン。
全席オーシャンビューで絶景を眺めながら、黄金のブランド松輪サバのメニューをはじめ、キンメ鯛、湘南シラスなど旬の地魚料理を楽しめる。

今回のロケ(秘)裏話

「食べることが大好き」という2人…高級ブランドサバ“松輪サバ”を求め、三浦半島までドライブしたわけですが…人生初の“松輪サバ”にコメントが思いつかないほどの美味しさに大感激!それぞれ異なる定食を注文したのですが…「これお互いにシェアしようね♡」と手塚さん。そして、炙りサバを藤井さんから1切れもらった手塚さんですが…後々「あ、自分の定食にも炙りサバがあった!」と気づく手塚さん。かわいい天然ぶりが垣間見たスタッフでした^^;

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言


藤井:ハスラーよろしくお願いします!さあ今日は手塚さんと一緒と言うことで…
   あ、いた!イェーイどうも~。
手塚:どうも!おはようございます。
藤井:ありがとうございます。
手塚:もう、是非是非ご一緒したいと思いまして…。
藤井:久しぶりですもんね。嬉しい!今日はねドライブということで…
   いっぱいお話できますから、嬉しいです。楽しみです、よろしくお願いします。
手塚:よろしくお願いします。
と、藤井さんの運転で、神奈川県三浦市までドライブ!
今回のクルマは黄色と黒の「ハスラー」。
手塚:このクルマは運転しやすくない?
藤井:すごく、(運転)しやすいです。
手塚:こっち、助手席も乗りやすいですよ。
藤井:広いし…
手塚:うん、すごくいいと思います。昔はなかったよ、こんなコンパクトなクルマ。
藤井:“軽”でこの広さ。
手塚:天井も高いし。
藤井:色みも可愛いくないですか?
手塚:かわいい♡すごい可愛い!
藤井:元気になる(色)ね。
手塚:進化してるのね、色んなところがね。乗ってみないとわからないから…。
   子供にススメようかな。
藤井:あれ、ちょっと待って…お子さん何歳ですか?
手塚:上が25歳で下が21歳になりましたよ。次男は免許とったので。
藤井:じゃあハスラー…
手塚:いいと思う。ちょっと迎えに来てとか言ってね♪
と、見た目&車内空間をお気に入りの2人でした♡

今回の1台

遊べる軽、出た!
海に、山に、街に。
趣味や遊びの道具を積み込んで、思い通りに使いこなせるクロスオーバー誕生。
デザインもカラーも、すべてがまったく新しいハスラーで、徹底的に遊びつくそう。

>スズキ ハスラーはこちら