SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

3月11日(土) 第304回
林家三平☓パックン

ゲストは、落語家・二代目林家三平さんと、漫才コンビ『パックンマックン』のパックン。
2人は同じ年で、家族ぐるみの付き合いがある仲良し。パックンの運転で房総半島までドライブ。新鮮な海鮮焼きを堪能し、最後は、絶景を眺めながら温泉で癒されました♪

  三平さんの父は、言わずと知れた昭和の爆笑王=初代・林家三平さん。「家にいる時、色んな人が来てくれてたから嬉しかったね。所さん、たけしさん。父と一緒に(仕事に)ついて行くと山口百恵さんとかキャンディーズとかいる」「日本には大統領制ないけど。ウチの親父、大統領になると思ってたね」と偉大すぎる父を振り返ります。そんな父は三平さんが9歳の時に他界。「落語界は、師匠が亡くなるとバラバラになんなきゃいけないシステム。それを破ってこん平師匠が一門を率いて結束したの。そしたら、バッシング。仕事もなくなった」とか。そして「家にお金なくて、お母さんは、全国回って講演会やって、姉たち皆が仕事をして、少しずつお金を出し合って僕の面倒を見てくれた。頭上がらない」と振り返ります。また、2016年、二代目林家三平として『笑点』に抜擢され…「あの場所ってすぐには順応できないね。できるだけ先輩方を皮肉るような事はまだやめている」と心の内を語りました。一方…パックンは、名門ハーバード大学を卒業後、来日。1997年に漫才コンビ『パックンマックン』を結成。「そもそも漫才はアメリカにないから、何でこの人いつも怒ってるんだと、ツッコミ役がわからなくて戸惑った」さらに「パチパチと叩かれてるわけ。やめろよ痛いんだよって切れたことある」と結成当初の戸惑いを語りました。そして、近年は情報番組のコメンテーターとしても活躍し、2016年のアメリカ大統領選のトランプ氏勝利演説の生放送での同時通訳が話題となりました。「想定外の結果になって、しかも突然トランプが登場して勝利演説を行うことになって、近くにいたから通訳お願いしますって」「逆にヒラリー氏だったらもっと難しかった。トランプの英語って所詮小学3年生です」と三平さんも驚く発言が飛び出しました(笑)。

ゲストプロフィール

林家三平(はやしや さんぺい)さん

1970年12月11日生まれ 東京都出身

「昭和の爆笑王」初代林家三平の次男として生まれ、1990年「林家いっ平」として落語家の世界へ。2004年、真打ち昇進。2009年二代目・林家三平を襲名。2016年5月、演芸番組「笑点」のメンバーに抜擢されるなど、活躍。またプライベートでは、2016年11月妻で女優の国分佐智子との間に長男が誕生。

パックン さん

1970年11月14日生まれ アメリカ・コロラド州出身

1993年ハーバード大学を卒業後、来日。1997年、相方・マックンと漫才コンビ「パックンマックン」を結成。日米文化をネタにしたお笑いで人気を博す。現在は、トランプ大統領の勝利演説を同時通訳するなど、芸人として活躍する傍らコメンテーターとして情報番組やテレビやラジオ、イベントで活躍。

今回のドライブコース

海鮮茶屋 活き活き亭

住所:千葉県木更津市富士見3-4-43
TEL:0438-22-5666
営業時間 (昼)11:00~14:00(L.O)
       ※土・日・祝日に限り、セルフの海鮮焼きは15:00迄
      (夜)17:00~20:00(L.O 19:00)
定休日  12月31日・1月1日(1月2日~3日は昼の部のみ)
URL:http://www.kouseisuisan.co.jp/office/ikiikitei/

店内に並べられた新鮮な魚介類を好きなだけチョイスし、焼いて食べる木更津名物・海鮮焼きのお店。海鮮焼き以外にもボリューム満点の車海老・穴子天重や「活き車海老」「活きアジ」のネタを使った鮮度抜群のお寿司も堪能できる。

ビーチサイド温泉リゾート ゆうみ

住所 千葉県安房郡鋸南町元名442
TEL 0470-55-0123
URL:http://awa-umi.com/

砂浜まで徒歩30秒。海が目の前に広がり、客室は全室オーシャンビューの温泉宿。館内の貸し切り屋上ジャグジーや露天風呂からは元名の海を一望することが出来る。

今回のロケ(秘)裏話

日本vsアメリカ芸人同士のドライブとなった今回…撮影の休憩中「あ~、コーラ飲みたい!」と声を揃えた2人。「コーラじゃんけんしようよ」と勝負!今回は、三平さんの勝利♪クルマを停めると、すぐさま買い物へ行った2人。撮影だけでなく、休憩中も楽しんでいらっしゃいました。そして、「海鮮焼き」「温泉」と向かったわけですが、「本当にプライベートみたいで、これでいいのかな?」とパックンさん。撮影を楽しんでいただけるのが一番!とスタッフも嬉しく思いました\(^o^)/

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

パックン:よし!師匠とドライブだよ。
三平  :初めてだよ、初めて。
パックン:ね。長い付き合いなのにドライブは初めてですね。
三平  :あっ!メガネかけるの?
パックン:そうだよ。メガネ普段つけないじゃないですか?このロケが初めて。
     日本のテレビ出て、コント以外でメガネかけるのは今日が初めて。
     でも、つけた方が若く見えるし、良いんじゃないの?って
     事務所に相談したら絶対ダメだって言ってた。
三平  :なんで?
パックン:2つの理由があって、ただでさえインテリなのに、メガネをつけると更に。
     いやらしいほど、インテリに見える。
     もう一つは、厚切りジェイソンにかぶるから。(笑)
ということで、今回はレアな姿のパックンの運転で、千葉県は鋸南町までドライブ!
今回のクルマはオレンジ色の「イグニス」。
三平  :イグニスの良いところはサスペンションがすごく快適なの。
     揺れを抑えるよね。
パックン:ボディロールがほとんどないんだよね。
三平  :スポーティというよりは家族で楽しむという、いろんな意味で。
     だから、どっかアウトドアに行っても良し、
     長距離行ってもシートは柔らかすぎず、硬すぎずちょうどいい。
パックン:加速の反応もいいし。
     ハンドリングもいいですよ。すごく安定してて、不安無し。
三平  :これ、子どもさんを乗っけてワイワイと行けるし、
     後ろも結構荷物も詰めるし、いいね。
パックン:中は広いけど、車体はそんなに大きくないから駐車しやすい。
     日本の狭い道はでかいクルマ難しいし…。
三平  :下町に結構あうかもね、ダウンタウン。
と、クルマ好きな2人も大絶賛するほどの乗り心地に気分上々でした♪

今回の1台

アグレッシブ・コンパクト

> スズキ イグニスはこちら