SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

6月10日(土) 第317回
野口五郎☓藤あや子

ゲストは、歌手の野口五郎さんと藤あや子さん。実は藤さん、小学5年生から野口さんの大ファン。憧れの人と【10代のようなデートをしたい!】というリクエストで、原宿の人気スイーツを堪能し、最後は遊園地でスワンボート!2人きりで話をするのは初めてという事で、ちょっと緊張した雰囲気の車内トークと、ステージ上では見られない藤さんの素顔が見ものです。

野口さんは1971年に歌手デビュー。「アイドルってカテゴリーが、僕がデビューしてからできた。僕はスターに憧れていたのでアイドルって言われるのは、うれしくはなかった」とか。また、「当時はスタイリストもヘアメイクもいなくて、全部自分でやってました。テレビ局によって照明の個性があったからこのテレビ局はこのメイクとか、自分で考えて変えてました」と意外なアイドル秘話も。さらに…「僕らはライバルと言うよりもその時代を一緒に過ごした仲間」「僕が先にデビューして、地方に行き始めた時にロードマネージャーが連れてきたのが(西城)秀樹だった」「休みがあるとジャニーズ事務所に遊びに行ってて、ジャニーさんに紹介されたのが、(郷)ひろみだったんです。2人がデビューした時はうれしかった」と新御三家エピソードも。一方、藤さんは1987年にデビューしますが、当時は地元・秋田を拠点に活動。「東京から来る歌手の前座の歌い手をして、やっぱり東京の歌い手さんにはかなわないみたいなコンプレックスがあった」「父から『今のままだとスタートラインには立っていないぞ』と言われて20歳で子どもを産んで離婚してましたから悩んでたんですけど、『子どもの面倒を見るから、とにかく上京しなさい』って言ってくれて、26歳でようやく上京して…」と振り返ります。また、「芸名を一般公募しまして、その中で一番多かった名前が【秋田小町】。2番目に多かった名前が【玄海灘子】」と芸名誕生エピソードも語りました。

ゲストプロフィール

野口五郎(のぐち ごろう)さん

1956年2月23日生まれ 岐阜県出身

1971年、15歳の時「博多みれん」でデビュー。
1972年、史上最年少で『第23回紅白歌合戦』に初出場。
その後、西城秀樹・郷ひろみと共に新御三家と呼ばれ、一躍トップアイドルの仲間入り。以降、歌手活動やテレビドラマ・舞台・バラエティ番組に出演するなど、多岐にわたり活躍。2016年にはデビュー45周年と60歳の還暦を記念したアニバーサリーアルバム『The birth GORO anniversary』をリリースするなど、活躍中。

藤あや子(ふじ あやこ)さん

1961年5月10日 秋田県出身

1987年、村瀬真奈美名義でデビュー。
1989年に藤あや子に改名し「おんな」をリリース。
1992年に「こころ酒」がヒットして日本有線大賞受賞、同年の『紅白歌合戦』に初出場。以降、「むらさき雨情」「雪 深深」など多くのヒット曲を生み、2017年には歌手生活30周年記念シングル「たそがれ綺麗」を発売するなど活躍中。

今回のドライブコース

ANY WHERE DOOR

住所:東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG1A
TEL:03-6721-1995
営業時間 11:00~19:00

2017年1月に日本初上陸した、新感覚スイーツ[コーンショット]が楽しめるお店。
コーンをチョコレートでコーティングし、カップの縁にはフレーバーを、そしてカップの底にはマシュマロやチョコクリームなどを入れ、その上から珈琲や紅茶などを注いで楽しむ。

URL:http://anywheredoor.jp/menu.html

東武動物公園

住所:埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
TEL:0480-93-1200
営業時間 9:30~17:00 *時期によって変更する可能性あり。
休園日  6月の月曜日、12~2月の月曜・火曜日、元旦

遊園地、動物園、花と植物の広場が融合したハイブリッド・レジャーランド。
遊園地には人気の絶叫アトラクションからほのぼのアトラクションまで揃う。また、スワンボートでは、鯉のエサやりも可能。カップルでもファミリーでも楽しめる。

URL:http://www.tobuzoo.com/

今回のロケ(秘)裏話

小学5年生の頃からお部屋に野口さんのポスターを貼るほどの大ファンだという藤さん。
今回は、憧れの野口さんとドライブデートということで…当時を思い出して、 “大人のデート”ではなく“10代の頃のようなデート”をしたいという藤さんのリクエストが実現!「正直言っていいですか?僕10代の頃にデートの経験1度もございません」と、野口さんにとって初体験にもなりました (*^o^*)初めての2人だけの空間を楽しんでいた藤さんは終始恋する乙女のようで、スタッフも幸せ気分になりました♡

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

野口:藤さん!よろしくお願いします。
藤 :お願いします。緊張する…。
野口:いやいや、こんなに綺麗な人と2人でデートなんていうのはこう緊張しちゃいますよ、僕は。
藤 :五郎様、緊張しちゃうのは私なんですよ。
   もう本当に私は小学校5年生からの大ファンの五郎様なので。
野口:いやいや、その「様」はやめてください。
藤 :私…だって、五郎様なんですよ。
と、藤さん憧れの人と初ドライブデートへ♡
今回は、野口さんの運転で「10代の頃のようなデート」コースを巡ります♪
2人が乗り込んだクルマは「イグニス」。
藤 :いいですね、なかなかこのクルマも。
野口:この車ね。この車、イグニスっていうんですけどね。
   運転してて楽です、すごい。広いし。
藤 :広いですよね。
野口:ええ、足元もすごい広いですし。すごく楽ですね。
藤 :この色もきれいだし。やっぱりクルマのデートっていいですよね。
野口:いいですね。
と、クルマの広々空間でドライブデートを思う存分楽しんでいた2人でした☆

今回の1台

アグレッシブ・コンパクト

> スズキ イグニスはこちら